ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

消しゴムはんこ・プラバン・草木染め など

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

今日は(正確には昨日ですが)、ベビ太とベビ次郎を連れて、近くの手芸店のイベントへ行ってきました。

先日ベビ太とその手芸店へ立ち寄った際、スイーツデコのコーナーで、小さな小さなお菓子たちにベビ太が夢中になっているのを見たお店の方が、案内を渡してくれたイベント。

ペン立てを作る、というよりペン立てにスイーツをくっつける、というミニレッスンです。

まず、ペン立て本体を3種類から選びます。

こういう選ぶ作業、ベビ太は瞬時に判断を下すのですが、今日もやはりそうで、台座も本体もピンク色のものを選びました。
ベビ太はとにかくピンク色のものが大好きなのです^^

それからスイーツを決められた数だけ店頭で選びます。
先日買ったものも持参していましたので、そちらも一緒につけさせてもらうことにしました。

生クリームみたいな接着剤を絞り出して、その上にスイーツをのせていく、という手順で、ペン立てをデコレーションしていきます。





お店の方が、ベビ太と一緒に生クリームを絞り出してくださり、買ったスイーツの他にも、いろいろなちっちゃなスイーツをベビ太のセンスで(!)くっつけていきます。

完成しました!

前面↓



右側面↓



左側面↓



そして私もやってみた背面↓



今日使った生クリーム、とても便利なもので、口金をつけかえるだけで、大きなクリーム、小さなクリームと絞り出しを調節することができます。



絞り出すのは結構力がいりました。
両手で持って、ぎゅっと、まるであまり入っていない歯磨き粉を絞り出す感じです。

出したら少し押しつけてから、そっと持ち上げる、というのがきれいなホイップを作るコツのようです。

完全に固まるのに数日かかるので、しばらく触らずに置いておかなくてはいけません。
ただいまベビ太、まさに「指をくわえて」見ている状態です^^

ねらったとおりにくっつけて、美しい仕上がりにするのはとても難しいのでしょうね。

もちろん私たちは、ただくっつけることを存分に楽しめて、食いしん坊親子大満足のイベントでした。




スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

昨日のラベンダーに引き続き、今日はビオラの花びら染めについて書きますね。

参考にしたのは同じく「はじめての草木染め」(母袋信恵著)。



庭のビオラのうち、赤紫色の花をつんで染めてみました。



ちと水切れで、倒れています。
すぐ水やりしました。

10gくらいかな。ほんの少しです。



花びらを1枚1枚お茶パックにつめます↓




水と酢をそれぞれ80ccずつ入れたボールに花びらのお茶パックを入れて、手袋をはめてからぎゅっぎゅっともみます。



初めちっとも色素が出てこなかったので、花が少ないからかな、これじゃ酢染めになってしまうな、と心配していましたが、少し経つと、こんなに赤くなってきました。

そしてお茶パックはこんなに小さく↓



これに水でぬらしてしぼった布(ガーゼ・15×15cm)を浸します↓





よくもみこんだら、そのまま火にかけ50℃くらいまで温めます(と言いながら、湯温計を持っていないので適当です…。本にそう書いてありました。湯温計、買わないと…)。





火を止めたらそのまま冷まします。

取り出すと、こんなにきれいなピンク色!



これを、流水でよく洗い、きれいなタオルで水気を取って、陰干しするのですが…。

洗うと薄いピンク色になりました↓



染液と比較すると、かなり色が違いますね↓



記念に(?)お茶パックと染液を↓





染液は、赤ワインのような色合いです。

今度はラベンダーとビオラの染液を並べて。
左の金色の液がラベンダー、赤い方がビオラです。



乾かした布はこちら↓



ビオラなのですが、ぱっと頭に浮かぶ「ラベンダー色」ですね。

ラベンダーとビオラ、並べてみますね。



左の黄色っぽい方がラベンダー、右のラベンダー色のがビオラで染めたものです。

淡い色がどちらもきれいです。

せっかくの染液がもったいないので、さらに紙を浸してみました。

まずは、コーヒーフィルター。



上がもともとのもので、下のあまり色が変わらないように見える方がラベンダー、ピンク色に染まっているのがビオラです。

白いフィルターの方が、色の変化がわかりやすかったかもしれませんね。

そして白い便箋。
下に敷いているのがもともとのもので、こちらはラベンダー↓



そしてこちらがビオラ↓



コーヒーフィルターは濡れてもいいようになっている紙だからか、比較的よく染まりました。
便箋は、かなりピンとした紙で、水をはじくような感じでしたので、それほど染まりませんでした。
どちらもラッピングなどに使えそう。

染液はこの他にも筆につけて絵を描いてもいいかもしれませんね。

草木染め、どんな色に染め上がるのかわからないのが、わくわくします。
そして、ラベンダーを煮出しているときは、家中がとてもいい香りに包まれて、至福のときでした。

染めたガーゼは、刺繍を施してから、何かに仕立てたいと思います。







☆本☆




スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

ミシンを始めてから1年、刺繍を始めてから8ヶ月弱、まだいろいろと勉強しなければならないことばかりなのですが、他にも2つやってみたいことができました。

今日はそのうちの1つ、草木染め。

草木染めは、大好きな本、梨木香歩「からくりからくさ」を読んでから、ずっと興味がありました。
こちらの本については、いずれまたご紹介したいと思いますが(長くなりますので)、キッチンでもできるような、生活の中でできるような草木染めをずっとしてみたいなあと思ってきました。

それで、先日図書館で借りてきたこの本を参考にしながら、庭の花を使ってやってみることに↓



今日はラベンダーです。



なかなかたくさんは取れなかったのですが、たぶんこれで40gくらいかな↓



これをはさみで3cmほどに切り刻みます↓



そしてお茶パックに入れます↓



本では、そのまま入れて漉していましたが、面倒なので、お茶パックに入れてみました。
実を言うと、お茶パックというものをこれまで見たことがなかったのですが、これ、非常に便利なものですね。
どうやって閉めるのかな、と思っていたら、赤ちゃんのコートなどの袖口や足先をくるりとひっくり返して閉じる、あの原理ですね!

あ、話がそれかかっています…。作業の続きを。

1リットルの水に入れて弱火で20分ほど煮出します(染液)↓





これに布(15×15cmのガーゼを使いました)を入れて弱火で15分煮ます。

ミョウバンをお湯300ccに小さじ1/3入れてよく混ぜて溶かし(媒染液)↓



中に染液から出した布をひたして20分置きます↓





布を媒染液から取り出し、再び染液に入れて中火で沸騰するまで煮て冷まします。







布を引き上げると↓



ほとんど染まった感じがしませんが、白いタオルに置いてみるとこのとおり淡く染まっています↓



これを陰干ししてできあがり♪



ラベンダーで染めるというと、紫色の花の色になるのかな、と思ってしまいますが、実際は染めるとこんなふうに淡くて優しい色合いになるというのがおもしろいですね。

記念に染液をワイングラスに入れてぱちり。











☆本☆




スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ