ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

スポーツ

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

今日は、先日書店へ行ったときに購入した本、雑誌をご紹介♪

Seria本2冊です。



「Seriaでつくるスッキリかわいいインテリア」。

ナチュラル感たっぷりの、きれいにかたづいた(!)いろんな方々のインテリアを拝見することができます。
Seriaの商品を使ったDIYも。
DIYは私には難しそうで、できそうにもありませんが、「へえ、こんなふうにやるんだ~」と思いながら見るのが楽しいんですね。

そのうち、そのうち…できたらいいですね。

そして「Seriaで作るプチリメイク雑貨&インテリア」。



著者の峰川あゆみさんのセンスあふれるリメイクがとても素敵です。
“プチリメイク”だから私にもできるかも?!と夢を抱かせてくれる本です^^

それからこちら。



フィギュアスケートの安藤美姫さんが表紙の「bizmom」。

働くお母さん用の雑誌で、これを読むと、自信を失うので(もともとたいして自信はありません…)、あまり読まない雑誌なのですが、好きな安藤美姫さんが表紙で、巻頭にインタビューもあるので購入。

出版されていることは知っていましたが、買うのを忘れていて、たまたま書店に1冊だけ残っていたのを発見。
そうだそうだ〜これこれ〜と思い、購入しました。

同じ(?)子を持つ母親とは思えぬ美しさです。
これからの活躍がますます楽しみです。


bizmomには、OURHOMEのEmiさんも登場されていました。

この方は、確かベビ太と同い年の、ふたごの男女のお子さんがおられるのですが、我が家と違って家はきれいだしご本人もとてもおきれいで、ああ、ため息…。

bizmom、久しぶりに見ましたが、おもしろそうな記事が多そうです。
ゆっくり見て、少し家の中を片づけるといたしましょう。





☆本☆






Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださってありがとうございます。

夕べはRICO社のクロスステッチキット、“Belle Fleur”の続き。

濃い緑色の枠だけステッチしていたのを薄い緑色で埋め、ドアの窓(?)の外側を白い糸でバックステッチ(ほとんど見えませんが…)、濃いブラウンの糸でドア全体やドアの開閉部分などをバックステッチで仕上げました。



ドアの面を埋めるのにかなり時間がかかりました。

次は窓のところのバックステッチです。




夕べはフィギュアスケートの世界選手権・女子フリーをテレビで観戦していました。

1位・浅田真央、2位・ユリア・リプニツカヤ、3位・カロリーナ・コストナーの各選手でした。
おめでとうございます!(って選手のみなさんがここをご覧になっているわけではないのですが…)

今季、女子シングルで私の大注目選手の一人は、ロシアのリプニツカヤ選手だったのですが、柔軟性を活かしたすばらしい演技を観ることができ、とても満足しました。

メダリスト以外では、今季限りで引退を表明している鈴木明子選手の演技に心を打たれました。
村上佳菜子選手は、来季の活躍がまた楽しみですね。

今夜はエキシビションがあるのですが、ちょっと楽しみなことが…。

リプニツカヤ選手は羽生選手の大ファンだという情報がありますが、ソチ五輪のエキシビションの際、町田選手とダンスをした際は膝蹴りをしているような(?)仕草で仏頂面、羽生選手とダンスをしているときは満面の笑みだったそうなのですね。

今大会、リプニツカヤ選手は町田選手と同じ銀メダルでしたので、またダンスをするようなことがあれば、町田選手と組むことになるかもしれません。

今季、この2人はいつも成績が同じ、世界ランキングまで現在3位と同位らしいのですね。

ですから、今度は笑顔で町田選手と踊ってくれるかしら…とミーハーなことを考えているわけなのです。

今晩、楽しみです。
今季の競技は終わりだと思うと寂しいのですが、また来季を楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

「おでかけポーチ」、完成しました。



パターン:Patternshop snowwing 「おでかけポーチ」(14cm幅、マチ広め、ふた丸タイプ)
生地:表地・クラフトハートトーカイで購入の綿麻生地、裏地・RickRack11周年のセット生地の薄手コットン
リネンタグ:W-Note*


ふたを開けると…↓



バネ口になっています↓



横から見ると、こんな感じ↓



ふたにはオレンジと黄色のボタンをつけて、春らしく明るい印象にしてみました↓



財布と携帯電話を入れてちょっと出かけるときによさそう↓



思いの外簡単にできました。
手順を追って進めていたら、「あれ、もう終わり?」という感じです。

snowwingのレシピは、最後のどんでん返しで完成するところが楽しいし、きれいにできるように思います。






夕べはフィギュアスケートの世界選手権、男子フリーでした。

私の一押し、町田樹選手は、ショートでは圧巻の演技で1位でしたので、フリーでも1位になり優勝!世界王者に!!と、ドキドキしながら見守っていました。

すばらしい演技で、会場はものすごい歓声に包まれていましたが、残念ながら、ジャンプの後の着氷がほんの少し乱れることが多かったのですね。

これは羽生選手の出来次第だな、と思っていたら、羽生選手、貫禄の演技で(ご本人は「意地」「気合」と言っていましたね)僅差で優勝。
町田選手は惜しくも銀メダルでした。

でもすばらしい「火の鳥」でした。
そして現在世界ランキングが羽生選手、パトリック・チャン選手に続いて3位、シーズンだけの世界ランキングは羽生選手に次いで2位とのこと。

日本で「第6の男」と自称していた町田選手は、今や立派な世界のトップスケーターです。

来季、羽生選手と“ツートップ”としてがんばってほしいものです^^
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お読みいただき、ありがとうございます。

ソチ五輪フィギュアスケート、女子シングル、フリー終わりましたね。

まだよく見てはいないのですが、ロシアのソトニコワ選手が金メダル、おめでとう!
スルツカヤさんも喜んでいることでしょう。

そして韓国のキム・ヨナ選手、銀メダルおめでとう!

長いブランクがありながらのすばらしい演技、強い精神力、やはりすごい選手です。
ステップからのスムーズなジャンプが美しいです。
今回のプログラム、ショートよりフリーの方が好きでした。

銅メダルはイタリアのコストナー。

美しく優雅な演技が際立っていましたね。
トリノ五輪から3大会連続出場、すばらしかったです。

日本の3選手もフリー、それぞれの思いをこめて演技できたのではないでしょうか。

メダリストはもちろんすごい。
ただ、あのものすごいたたかいの場を創り上げたのは、出場した全選手、そして出場していなくともそれぞれの国内での選手たちすべての積み上げた努力のひとつひとつですよね。
世界中すべての選手たちを讃えたいと思います(ってえらそう)。

さて、「北欧の刺しゅう」の、FILOSOFI・mareiさんの作品、『野の花のベルプル』のステッチ続き。

ひとつめの野の花、シロツメクサが完成しました。



子供の頃、シロツメクサでよく遊んだものです。

四つ葉のクローバーを見つけると、幸せが舞い込む、と聞いた私は、クローバーを見かけると、四つ葉のものを一生懸命探しました。

見つけた四つ葉のクローバーは、押し花(押し葉?)にして、よく、手紙を出すときに同封していました。

また、茎を長くつけて花を摘み、花冠を作ったりしていました。

花冠は、シロツメクサを何本かまとめて束にしたものの茎を、同じく束にしたものの茎にくるりと巻く、というのを繰り返して作るものなのですが、あるとき、夢中になってそうしていたら、急に指先が燃えるような感覚になって…。

花の中にハチがいて、それに気がつかず、というより、そんなことがあるとは思いもよらず、ぐいっと花を摘んだために、ハチに刺されたのでした。

そのときは確か小学校の遠足で、近くにあった水道で長い間指を冷やした記憶があります。
それ以来、花を触るときには、ハチを驚かせることのないよう、気をつけることにしています。

そんなことを思い出しながら、ステッチをしました。




☆本☆
【送料無料】北欧の刺しゅう

【送料無料】北欧の刺しゅう
価格:1,260円(税込、送料込)


スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

フィギュアスケート、女子シングルが始まりましたね。
私は録画で観ることにしていて、まだ観ていませんので語れませんが、日本の3選手は厳しいスタートだったようですね。
フリーは、重すぎる期待を背負うことなく自由な気持ちで飛翔してほしいものです。

男子フリーは、ショックなことに、ビデオテープ(まだビデオテープなんですよ…)が不良だったのか、新品なのにちらつきがひどすぎて、一番観たい町田選手あたりからは特にひどく、ビデオテープで観るのは断念しました。

どうにかしてインターネットなどで観られないでしょうかね。

さて、夕べから、「北欧の刺しゅう」という本の中の、FILOSOFI・mareiさんの作品、『野の花のベルプル』のステッチを始めました。

まずは使うものの準備から。
布はsajourのオフホワイトの32ctリネンが手元にあったので、それを使います。
糸は本ではOOE刺しゅう糸を使っているのですが、持っていませんので、25番刺しゅう糸2本どりで代用します。
このため、手持ちの糸から11色をセレクトしました。

刺し上がりサイズは約21.2×5.5cmですので、細長くて、本の写真を見た印象よりも小さいんだなあと思いました。
4つの野の花をステッチしていきます。

下からステッチしていくことにして、夕べはここまで↓



葉っぱだけ終わりました。

これは何の花でしょう?
続きをお楽しみに^^

葉っぱといえば、アジサイに新芽が出てきていましたよ。





☆本☆
【送料無料】北欧の刺しゅう

【送料無料】北欧の刺しゅう
価格:1,260円(税込、送料込)


スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ