ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

生活・インテリア・植物

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


コットンのワッフル生地でバスタオルを作りました。
 

「作りました」と言っていますが、ミミはそのまま、切りっぱなしの長辺の方をバイアステープで包んだだけ。





シンプルにリネンのバイアステープと組み合わせて…と思っていたのですが、


足りなくなったので、白地に紫の小花柄のバイアステープを継ぎ足したら、これはこれでちょっとしたアクセントになりました♪


このワッフル生地はずいぶん前に購入してあったのですが、そのまましまい込んでいました(いつものパターンですね…)。
端の始末をしたので、ようやくバスタオルとして使えるようになりました。
ぽこぽこしたワッフルがとても気持ち良さそうで、使うのが楽しみです。











私はミョウガが大好き。
ミョウガの甘酢漬けが簡単にできると知ってからは何度も作るようになりました。



ミョウガ1個につき、すし酢と水をそれぞれ大さじ1杯使えばできてしまうのでとても簡単♪
上の写真はミョウガを9個使って作りました。

まずすし酢と水を沸騰させます。
そこへ切ったミョウガを入れて次に沸騰したら火を止め、冷まします。
冷めたら冷蔵庫へ。
次の日にはおいしく食べられます。

晩酌のお供にぜひ♪♪




スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しいただきまして、ありがとうございます。


もう何年も前から気になっていたフレッシュロック。
小麦粉、大豆プロテイン、砂糖を一つの容器に入れたかったので、いろいろリサーチして「1.7L」のものを3個セットで購入しました。  

もともとのパッキンの色がグリーンで気になるので、白のパッキンも一緒に。



冷蔵庫の野菜室手前に入りました。
うまく写真が撮れなかったのですが、こんな感じです↓


上も透明なので、上から見る野菜室にぴったり。
テプラでラベルを作って貼りました。
大豆プロテインはジム通いをサポートしてくれています。


あっさりして飲みやすい、この大豆プロテインを愛飲しています↓


このお店は重曹なども購入している、便利なお店です。

さてフレッシュロックは「片手で開けられます」とよく見かけるので、ポンと押したら開くのかなと思っていましたが違いました。
手前にあるフック(というほどでもありませんが)を指にひっかけて開けます。 


開けるとふたが固定されるので、押さえている必要がなく、使いやすいです。


パッキンは、このふたの部分にはめるだけなので、取り外しも簡単。
ふた自体も回せば外れます。 



パッキンの種類から、口のサイズは3タイプあることがわかりました。
この1.7Lはパッキンでいうと「M」サイズに当たります。
このサイズであれば、手が入るので使いやすいんですね。

「S」サイズの300、500は手が入らないので、コンパクトなのはいいのですが、使い道を選びそう。
そういう意味では800が手も入り、高さも低いので使いやすそうだなと思いました。

「4L」という持ち手つきのものも買い足して、重曹などを入れようと思っています。
容器が見やすく使いやすく揃っていると、すっきりとして気持ちがいいですね。







スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。


ネスホームの「北欧の午後の森」という名のコットンでハンカチを作りました。
 

ちょっとガーゼを感じさせるような肌触りのよいコットンなんですよ。
額縁縫いのハンカチです。 


先日とはまた違った方法で作ってみましたが、途中ちょっとやりにくい点があったので、作り方を先日のものとミックスして仕上げました。
額縁縫いは、下準備が面倒という印象があるので、ささっときれいに作れる方法を模索していきたいと思います。









下の娘・ベビ次郎が、保育園の帰り道、柿の花を拾ってきました。


「ミニ柿」な雰囲気がありますよね。

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


苦手で大好きながま口ポーチを製作中です。
 


作りながら、「これを口金に入れるの、難しそうだなあ」なんてためいき…。
がま口が大好きなのですが、作るのは難しいです。













魔の連休中、5月だからそろそろかな、と思い、足をのばして薔薇園へ行きました。
まだちらほらとしか咲いておらず、でしたが、咲いていた薔薇は美しかったです。 





暑い日で、しっかり日焼けしてしまいました。




 

Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

ずっと迷っていた野田琺瑯のホワイトバットを少し前にやっと手に入れました。
商品のセレクトや説明にものへの愛情があふれていて、レビューも、そのレビューへのお店の返信も素敵な、フライパン倶楽部 というお店で、バット大・中・小と、大の網がセットになったスターター4点セット を購入しました♪

琺瑯(ホウロウ)は直火・オーブンOK(レンジは不可)。
いつもはパエリアの仕上げはフライパンでするところを、そうだそうだ、と思い出して、大サイズのバットに入れてオーブンで焼いてみました。 



パエリア、一から作ったり、材料を集めたりするのはもちろんmegosuriには難しいので、生協の宅配で、サフランライス、魚介が冷凍になったセットを使いました。

オリーブオイルでニンニクとみじん切りにした玉ねぎを炒め、さらに魚介を入れ、塩こしょう、取り出してライスとコンソメスープを合わせて軽く炒め、バットに入れてオーブンで焼いただけ。

平らなバットがとても使いやすかったです。
「特大」サイズと迷ったのですが、「大」サイズで十分間に合いそうです。
キッチンの引き出しに入りますしね。

他に中・小サイズのバット。



こちらも切った野菜を入れたり、肉に下味をつけたりがとてもしやすいんですよ。
ゼリーなどを冷やし固めるのにもいいそうです。 

そして今回一番の目的だった「網」。



「大」サイズのバットにぴったり。
これまで、揚げ物をするときは、大きめの皿にペーパータオルを敷いて、そこに揚げたものをのせていましたが、ペーパータオルがくっつくし、う〜ん、と思っていたんですね。
そんなとき、この琺瑯と網の組み合わせを見て、「これだ!」とピンときたわけなんです(^_-)
ペーパータオルを敷いてから網をのせて、その上に揚げ終わったものを置いていっています。

先日エビフライを揚げたところ、こどもたちにも「サクサクしておいしい〜」と好評で、買ってよかったです。 

以前ステンレスのバットを使っていたことがありましたが、油を洗い落とすのが大変だった記憶があります。そのバットだけだったのかもしれませんが…。
琺瑯のバットは油落ちもよくて、使いやすいですね。
これを使いたくて、料理がしたくなります^^ 


フライパン倶楽部 では他にも購入したものがありますので、またいつかご紹介しますね。
ほしいものがいろいろあって、レビューを見るのも勉強になって、サイトを見るのが楽しいです。













魔の連休初日の今日は(も)、近くの公園へピクニックに行きました。
日差しは暑いけれど、まだまだ木陰はひんやり涼しくて、これくらいの季節が続けばいいのに、と思いました。 



草も元気になっていますね。 




Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ