ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

カテゴリ: 生活・インテリア・植物

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


ここのところ、梅雨らしい天気が続いています。
紫陽花もほっと一息、といった感じでしょうか。



「*Ajourさんのハリスツイード作品」 の記事でもご紹介したことのある、静岡のhaco28+ というお店。
遠いので、実際にお店に行ったことはないのですが、いつもオンラインショップでお世話になっています。
そのお店が8月中旬で閉店されることになりました。
    ↓
閉店とSALEのお知らせ 

こどもたちが大きくなったらいつか行ってみたいなあと思っていたので、とても寂しいです。
ただ、閉店される理由がとてもおめでたいことなので、それはよかったなあと思います。
またいつの日か素敵な場を設けられることを楽しみにしたいです。

ショップを見ていたら、気がついていなかった*Ajourさんの新作もあったので、さっそく注文してしまいました♪

お近くの方はぜひ店頭へ、遠方の方はぜひブログやショップをチェックしてみてくださいね。
7月中はSALEを実施されるそうですよ。








さてその*Ajourさん、最近ミンネで作品の販売を始められました→ショップページはこちら
うれしくて、1日に何度も見てしまいます^^

Instagramで作品を紹介されてから販売を開始されているので、最近Instagramをよくチェックするようになりました。
好きな作家さんやフィギュアスケートの選手をフォローして、見るだけ、なのですが、楽しいです♪
使い方がよくわかっておらず、フォローさせていただいている方には、無言フォローしたことをこの場にてお詫び申し上げます;









こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


ブルー地のアンティークローズの薄手コットンで、上の娘・ベビ太用にショートパンツを作りました。
パターン:RickRack「ママとわたしのショートパンツ」 130

アパレルブランドで使われたという生地。
型紙と一緒にRickRackで購入しました。
地味なようでいて、とてもおしゃれなデザインですね。


ベルト布と本体を最後に合わせるやり方で。


そして今回はレシピ通り、両脇にポケットをつけました。裾から見たところ↓



こんなふうに脇部分から手を入れられるポケットです↓

上の娘は学校へ行くときにハンカチが必要ですので、手間がかかりましたが、ポケットをつけることにしました。
RickRackのレシピにとても詳しくやり方が書いてありましたよ。
縫い代をうまく活かして作るんですね。いつもだいたいポケットは省いてしまうので、ずっと前にやったはずなのですが完全に忘れていて勉強になりました^^







最近歩いていると感じられるクチナシの花の香り。


真っ白な花のときよりも、黄色くなってきたときの方が、いい香りがするように思います。
見つけると近寄って香りをかいでいます。


Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


実は私はお酒が大好き(って知ってるよ〜という声が…)。
梅酒も大好きですが、これまで自分で作ったことはありませんでした。
難しそうだと思っていたからです。
ところが、梅酒なら簡単な手順でできるらしいと知って、チャレンジすることにしました(梅干しはちょっと複雑そうですね)。
この時期、生協のカタログには梅酒づくりの材料が掲載されるので、張り切って注文しました。
梅は「梅酒用」と記載のあったものを購入。



まずは梅を水洗い。


次に梅の水気を拭き取りながら、楊枝でヘタ(下の写真の楊枝の先についている黒い粒のようなもの)を取ります。
何を隠そう、このヘタ取りが難しそうだと思って、これまで梅酒づくりを敬遠していたのもあったのですが、簡単に取れて驚きました。
サクッと取れて、顔に吹っ飛んできたくらいです(^_−)



材料は梅1kgほどと氷砂糖1kg、ホワイトリカー1.8L。
いずれも生協で注文。



梅酒用の瓶は、楽天市場で4Lのものを購入しました↓

さて、梅を入れ、氷砂糖とホワイトリカーを入れたらフタをして冷暗所に置いておきます。



半年くらいしたら飲めるようですね。
以前実家でつけた梅酒をもらったことがありましたが、とてもおいしくて、あっという間に飲んでしまったくらいだったんですね(親には「もう飲んじゃったの?」とあきれられましたが)。
あんな味になればいいなあと思っているのですが、どうでしょう。
琥珀色になるのが楽しみです。







Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

暑くなってきました。
いつもの洗濯物に加え、パジャマやシーツなどを洗濯することが増え(って冬は洗濯しないの??)、なんだか洗濯して干してばかりの毎日のような気がします。

先日手羽元の唐揚げを作ったのですが、骨があるのと中まで火が通ったか心配になったので、残りは煮ることにしました。
それで、久しぶりに黒酢煮を作ることに。
今煮ているところです。
ゆで卵もたくさん入れました♪


あとで青菜も足します。
黒酢は生協の宅配で取り寄せたものを使っています。


以前働いていたところで上司が「今夜は夫が鶏の黒酢煮を作ってくれることになってるから楽しみ〜」と話していて、そのときに「黒酢煮」というものの存在を知りました^^
食いしん坊な私は、それはおいしそうだなあと思ったのを覚えています。

今日はこの雑誌のレシピを参考にして作りました↓



かぞくのじかん」vol.7(2009年春号、婦人之友社)。





久しぶりに出して読んでいたらとても楽しくて、やっぱり好きだなあと思い、最新号を注文してしまいました。
堅実でおしゃれな雑誌で、読むと家事が楽しくなる、家事がしたくなる、大好きな雑誌です。




広告がほとんどないので、雑誌サイズでありながら薄くて軽いのもいいですね。






Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。


去年 ご紹介していた刺し子のキットを、上の娘・ベビ太が一つ完成させました。
「むかし遊び」というタイトルの、プリントの線をなぞって刺していけるキット。



水洗いすればプリントの線が消える、ということを覚えていたベビ太、刺し終わったらすぐに自分で水洗いをしていました。



最初刺し子用の糸で始めたのですが、扱いにくそうだったので、ふつうの細い手縫い糸に切り替えました。
そのため、線が消えるとますます心もとない感じもしますが、「完成させた!」という達成感で、娘の顔は輝いていました。
「達成感」という言葉を教えたら、実感を持ってその言葉をかみしめているようでした(^_−)



裏はこんな感じ↓


玉結び、玉止めはまだ完璧にはできず、ところどころ私を呼んで…という感じでしたが、仕上がってよかったです。









今月中旬に柿の花 をご紹介しましたが、今度はベビ次郎、柿の実を拾ってきました。
たくさん落ちていた中で、一番きれいなものを拾ったそう。


果物って丸みを帯びた形のものが多いように思いますが、柿は四角いですね^^


横から。


裏側から↓


紫陽花も咲き始めましたね。
季節が移り変わっています。




↑このページのトップヘ