ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

生活・インテリア・植物

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。
今年はバレンタインデーって何日なんだろう?と思っていたのですが、バレンタインデーは2月14日で固定なんですよね。
今日は雨の土曜日だったので、こどもたちとバレンタインのクッキーを作りました。
IMG_6170
「今日はバレンタインデーのクッキー作ろう!」と言うと、すぐにテーブルの上のガラクタを片づけてくれました。そして引き出しを開けて好きな型を選んでスタンバイ。
一から作るのは(こどもたちを待たせるのが)大変なので、こんなアイテムを活用。
生協の宅配で載っていたのを見つけ、買ってありました。
卵を1個足すだけで作れるんですよ。
IMG_6166
(宅配じゃ間に合わないかもしれませんし何箱もいらないかもしれませんが、ご参考までに載せておきますね)
amazon↓

楽天市場↓


以前作ったクッキー はとても手軽でしたが、あまりに作業が少なすぎて、こどもたちは不完全燃焼という感じだったんですね。
この商品は、卵とショートニングを混ぜたり、ミックスを混ぜたり、生地をのばしたり、という作業が少しあるのが「お菓子作り」をしている感があって、こどもたちもご満悦でした。
まあ、だんだん型抜きや生地のばしを自分がやる、と言ってケンカが始まりましたが…。
IMG_6167
最初生地をのばしたときは「これだけ?」という感じでしたが、型を抜いていくとたくさんできて、結局2回に分けて焼きました。
*我が家のオーブンレンジについてはこちらの記事をご覧ください
IMG_6168
180度で10〜15分ですのですぐに焼き上がります。
途中オーブンをのぞくと、ふっくらしてきているのが見えるのも楽しいですね。
いいにおいもしてきます。
焼きムラがあるのも手作り感があっていいですね(よくない?)。
ココアクッキーのように見えるのもすべてプレーンです;
IMG_6169
下の娘・ベビ次郎の盛りつけ↓
IMG_6171
こちらは上の娘・ベビ太↓
IMG_6173
たっぷりあったのに、あっという間に消えていきました。
IMG_6172





スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

洗面台の排水口、すぐに汚れませんか(「すぐ」掃除してないからでしょう〜の声が聞こえてきましたよ(^_-))。
排水口にはめてあるゴミ受けが複雑な形状をしているため、洗いにくいのもあるんですね(言い訳…)。
インテリア関係の方々のブログで、100円ショップのセリアでいいものを売っているらしいという情報をつかんで、お店を探索してきました。

ブログ等で見ていたのとは違う商品でしたが、むしろこの方がいいな、というものを見つけましたよ。
こちらです↓


ステンレスのごみ受けです。
以前洗面室 のご紹介をしましたが、我が家には洗面台が2つありますので、2つ購入しました。
さっそくもともとついていたごみ受けを取り外しました。
こんなごみ受けです↓


ざっと洗いましたが、汚くてすみません…。
いそいそと買ってきたごみ受けをセットするとぴったり。


ふさがる部分が多くなるので、水がたまりつつ流れていくように感じられますが、特に問題ありません。
帽子のような形をしていますしステンレスですので、洗いやすいです。
店頭にはメッシュタイプのものもありましたが、こちらの方が丈夫そうですし、手入れもしやすそうに思います。

水をためたいときは、もともとのごみ受けのふただけをポンとのせればよさそうです。




これで洗面台の清潔が保てるはず。


スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

少し前から、“ぬか漬け生活”を始めました。

以前生協の宅配で、ジッパーつきの袋に入ったぬか床を利用したことがあったのですが、冷蔵庫で保存しやすいという袋入りタイプは混ぜにくく(言い訳…)挫折してしまいました。
ぬか漬けは体によい、アトピーにもよい(下の娘がちょっとアトピー気味です)らしい、また最近読んだ「一汁一菜でよいという提案」、「もうレシピ本はいらない」という本の影響もあり、ぬか漬け熱が高まってきていたので、再度ぬか漬けにチャレンジすることにしました。







ぬか床を一から作るのはハードルが高いので、できあがっているぬか床を楽天市場で購入。
容器つき、2kgのものです。

説明書も入っていました。


ふたを開けると、こんなふうに袋に入ったぬか床が↓


ワタクシ、タッパーはちょっと…と思っていたので、あわせて野田琺瑯の「ぬか漬け美人」も購入してしまいました。
ぬか床を買ったお店で、この琺瑯とのセット商品もあったのですが、割高だったので、別々に購入したんですね。




ぬか床の水抜き容器も入っています。


ぬか床とセットの容器と大きさを比べてみますね。


琺瑯の方が高さがあり、以前購入したレクタングル深型LLとほぼ同サイズで、冷蔵庫内ではかさばりそうだなと思い、ぬか床のお店のタッパーでまずは始めてみることにしました。
早まってあれこれ買うといけませんね…。

さてぬか床を2袋とも出してみると、これでも高さにゆとりがあります。
粘土のようです^^




初めて漬けたのはきゅうり。
次にゆで卵。


まいたけも。


他ににんじんやオクラも漬けましたよ。
ナスの漬け物も好きですが、ぬか床に色がつくと聞いていたので漬けませんでした。
取り出したらぬか床をかき混ぜるようにしています。
ぬか床に埋め(漬け)ておくだけで一品できるというのがいいですね!

きゅうりは定番でおいしく、一日漬けておけばおいしく食べられました。

ゆで卵のぬか漬けはおいしいという評判を聞いて漬けてみました。
おいしかったですが、どちらかというと私は煮卵にした方が好きだなと思いました。

にんじんは皮をむいてタテ半分に切ってから漬けました。
こちらは2日ほど漬けると漬け物らしくなりますね。

オクラは塩で表面をこすってからヘタなどは取らずにそのまま入れましたが、食べやすかったですよ。

一番気に入ったのはまいたけです。
バラバラにせず、そのまま埋め込んで漬け、取り出してから食べるときにバラバラにします。
コリコリとした食感で、とてもおいしかったです。
しめじやえのきなどは、ぬか床内で行方不明になるので、まいたけやエリンギがいいようです。
次はエリンギを漬けてみようかなあと思っています。
干し椎茸も漬けましたよ。ぬか床にもいいようです。

きのこのぬか漬け、おすすめです♪
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

カントリーキルトマーケットで購入して大切に保管していた生地で、スリムペンケースを作りました。
(今日は天気が悪くて写真が暗いです…)


ブログの記事を調べてみたら3年も前。
ラベンダー色にさまざまな大きさのマーガレットのような花の描かれたこの生地、好きすぎて何にするのかさっぱり思い浮かびませんでしたが、黄色いファスナーを見ていたら、自然と手に取っていました。


ゴールドの葉っぱとパールのチャームをファスナーにつけて。


内布はデコレクションズで購入したラベンダーに規則的に並ぶマーガレットのような花の描かれたコットン。
真ん中の花芯(というのかな)は黄色に見えますが、きらめくゴールド。
ファスナーを開けたときにぱっと明るい感じがします。


とてもきれいな生地なのですが、こちらも今は販売されていないようです。
残り少ないので大事に使いたいと思います。

スリムペンケース、もう少し作ります。










もうすぐ下の娘・ベビ次郎の運動会。
運動会で鉄棒も披露するのですが、ベビ次郎、怖がってなかなか前回りができずに、最後の一人になってしまってここのところ悩んでいました。
それが昨日「ビッグニュース!」(そんな言葉知ってたのね…)と言って、前回りができたと話してくれました。

これまた前回りができるようになったのが遅かった姉のベビ太と「回ってみたら意外と怖くなかったね」「全然怖くない」と話が弾んでいました。
その延長で、ベビ次郎、「お姉ちゃんと親子競技に出たい〜」(ふだんは名前で呼んでいますが、甘えるときや頼みごとがあるときだけ「お姉ちゃん」と呼びます)と言い出し、ベビ太は「恥ずかしいからやだ〜」と盛り上がって…。

これで楽しみな気持ちで運動会の日を迎えることができそうです。
お天気がよくて涼しいといいな♪



Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

ライトグレーに水色や白のレトロなフラワー柄のコットンで、ふっくらスリムなペンケースを作りました。


オリジナルタグは花の色に合わせて青字のものを。
反対側も同じフラワー柄↓


この生地は大好きな松江のお店、journey でずっと以前購入して、大事にしまってあったもの。
他にもいくつかあるので、少しずつ形にしていきたいと思っています。

*journeyについては何度か書いていますが、この生地を購入したときの日記はこちら をお読みください


ファスナーもライトグレー。


ファスナーチャームは花の形のレースとアンティークな風合いのシルバーのプレート。


内布は、表布より濃いグレー地の織ドット。綿ポリです。


これまでとはまた違った雰囲気のペンケースができあがりました♪
まだまだ作りますね。












*綿ポリのお店はこちらから↓

生地通販のマルイシ WEB本店

( 楽天市場店と本店の違い )

楽天市場店↓





下の娘・ベビ次郎が散歩から帰って見せてくれたもの。


きれいな色や形の落ち葉。
このまま閉じ込めておきたいような秋の輝き。



Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ