ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

家電・通信

こんにちは、megosuriです。
お越しいただき、ありがとうございます。

夕べは、先日ご紹介した、植物と動物の繊細な柄が魅力のリバティのカットクロスで、スマートフォンケースを作りました。

スマートフォンケースは、横長のものを作ったばかりなのですが(そのときの日記はこちら)、睡眠中充電するときに、ケースに入れたままにできるよう、タテ長のスマートフォンケースを作ることにしました。

参考にしたのは、以前も参考にした「半日でできちゃう 小さな布のこもの」という本。

こちらに掲載されている『スマートフォンケース』は、イヤフォンなどが入れられるよう、ポケットがついているのですが、私はイヤフォンを使わないので、簡単にポケットなしで作りました。



接着キルト芯を表布に貼っているのですが、それほどふっくらとはしなかったので、もっとキルト芯を重ねてもいいかもしれませんね。

反対側も同じ布でシンプルに柄を楽しめるように↓



内布は、リバティの格子状に並んでいる葉っぱの色に合わせて、青銅色のリネンにしました。



ボタンはこれもリバティにリンクさせて、鳥と葉っぱの絵が入ったもので、ピンクがかった紫色のものに。
ループは繊細な白いレースを使っています。



ヨコ長のケースでも、小さいので口が縫いにくいのですが、タテ長はますます縫いにくいので、やはりしつけをしてからミシンで縫ったら、とても縫いやすかったです。

作り方としては、ご推察のとおり、外袋と内袋をそれぞれ作って縫い合わせる、というものなのですが、脇の縫い代を割るのに、「パッチワークこて」という、持ち手の先にちっちゃなアイロンがついているものを使いました。



これは、Twitterで知り合った方で、ハンドメイドについてアドバイスをいただいたりと交流のある素敵な方から譲っていただいたもので、こういう小物を作るときに便利そうだな、と思って、使う機会を窺っていました

Twitterは、自分がつぶやくだけのものかと思っていましたが、今は、興味を持っていることを発信している方や団体をフォローしていれば、自然にその分野の最新情報が得られる、おもしろいものだと思うようになりました。

写真やURLがつけられたり、おもしろいな、共有したいな、と思った他の人のツイートを、自分のフォロワーにリツイート(一度に転送、みたいなものですね)できたりするのがすごいですね。

自分がフォローしている方からリツイートされてきたものを見て、どんどんフォローしたい人が増えてきて、いろんな情報を得ることができるんですね。

気軽にリアルタイムでコメントしたり、してもらったりというのも楽しいです。

内容は、他の人にも見えるのですが、メールアドレスを知らせることなく、一対一でメッセージをやり取りすることもできるんですよ。

ふふ、話がそれてしまいました。

それでパッチワークこて、でしたね。

どう使ったらいいかわからないので、2パターンやってみました。
というと大げさですが、最初に、袋を表に返して、中を見ながらアイロン↓



中が狭いので、安全カバーが当たって、奥の方はちょっとアイロンしづらいですね。

こんな感じになりました↓



それで、今度は裏のままでアイロン↓



普通のアイロンだと、気づかないうちに、縫い代が曲がっていってしまったりするのですが、これは小さいのでそんなこともなく、やりやすいように思いました。

慣れたらもう少しうまく使えそう。
ただ、うちには好奇心旺盛な娘たちがいますので、ふだん使っているハードカバーつきのアイロンと違い、冷めるまで注意が必要ですね。

最後に…今日は2月1日。
1日はガタガタ村恒例、ミシンのお手入れDAYです。

1月は、あまりミシンを使わなかったので、ゴミは出てこないかな?と思っていましたが、少し出てきましたよ。




お手入れ、まだの方はぜひ!!





☆使ったもの情報☆




Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

夕べも『アルファベットのサンプラー』の続き。
アルファベットの左下のバラ一輪だけ、それも、まだ葉っぱやつぼみが終わっていないのですが…。



「クロスステッチのサンプラー刺しゅう」より、『アルファベットのサンプラー』(Design:小寺綾子さん
糸:DMC25番 304(赤)、924
布:アイーダ 18ct





☆参考にした本☆




今日のおまけ。というより本題かな…。

先日の日記では、オーブンレンジを買い替えたことを書きましたが、同じ時期に購入した愛用の掃除機も、長い間がんばってくれましたが、もう限界になってきました。

持ち手が取れても使っていたのですが、とうとう動かなくなり…。
思い切って、新しい掃除機を購入することにしました。

いろいろ考えて、条件は以下のとおり。

・コードレス。
 コードを出し入れしたり、部屋を移るときにコードを差し替えるのが面倒なため、これは絶対です。
 それほど広くもない家なので、実を言うと、差し替えずにほとんどの部分が掃除できるのですが、差し替えが必要なところは面倒なので、やっていないという秘密もあります^^

・紙パック式。
 パックを洗うのが面倒そうだし、汚くなりそうなので。
パックなしのタイプはなおさら手入れが大変そう。

・軽いこと。
 年を取ると、重いものは嫌になりますね…。

・白くてシンプルなデザインであること。
 ただでさえ散らかった部屋なので、存在を主張せず、おしゃれ風な白が一番です。

かねてより、次に購入する掃除機は、マキタのもの、と決めてはいたのですが、いざ見てみると、マキタでもいろいろ種類があるのですね。

主にはパワーの違いで価格が違うようなのですが、Amazonでレビューもチェックしてみると、どうやら充電のしかたにも種類がある様子。

バッテリーを取り出してから充電するタイプと、バッテリー内蔵で、携帯電話を充電するように、電源コードを掃除機本体に差し込んで充電するタイプの2タイプがありました。

バッテリーを取り出すタイプは、充電が20分で完了、内蔵タイプは3時間かかる、という違いもあるのですが、私はかなりのめんどくさがりなので、取り出しの不要なバッテリー内蔵タイプにすることにしました。
価格もバッテリー内蔵タイプの方がかなり安いんですよ。

充電時間がかかるからかもしれませんが、まあ、そんなに急いで掃除しなくてもいいのですから、めんどくさくない方がいいでしょう^^
レビューをチェックしてよかったです。

重さは1.1kgで、使っていた掃除機の3.4kgに比べると、はるかに軽くなります。
紙パック、くりかえし使えるパックの両方が使用可能、紙パックは10枚、くりかえし使えるパックが1枚ついています。

パワーは、コードレスなので、それほど期待してはいけないとレビューでは書かれていましたが、我が家のゴミといったら、パンくずや髪の毛、ちょっとしたほこり程度で、じゅうたんでもないので、それほど必要ありません。

そしてやってきた新しい掃除機↓



背の低い方が、これまで使っていた掃除機です。
新しい掃除機、ほっそりしていますね!

自立はしないので、スタンドを購入する方もいるようですが、こんなふうにして充電できるので、まあ、いらないでしょう↓



分解は簡単。

長い管をつけて掃除すれば腰に負担がなく、つけずにT字のヘッドのところだけをつけても使えます。
軽いので、この状態だと、ベビ太も掃除できました!
ちょっと楽しそうでしたよ。

すきまノズルもついていて、くっつけておけるので、いざ使うときに「あれ、どこに行った?」と探さなくても大丈夫です。

購入したときには、くりかえし使えるパックがセットされているのですが、紙パックも10枚ついています↓



しばらく使ってみての感想。

やっぱり軽い!
そしてコードレスなのが思った以上に気が楽!!
ちょっとほうきで掃く感覚で使えて、ちりとり機能もあるほうき、といった感じですよ。
これからはもう少しまめに掃除するようになる、かも。
ゴミの吸い込みも、我が家では全く問題ありません。

充電方式もやはりこちらにしてよかった!

バッテリーを取り出すなんて、やっぱりめんどくさそうです

連続使用時間、「強」で約10分なのですが、極狭な家なので、3日ほど持ちました。

また、これまで使っていた掃除機は、パックの入ったところを開けるときや、取り替えが、私にはちょっと難しかったので面倒で、気がつくと紙パックがいっぱいになっていて、吸い込みが悪くなる、ということが常だったのですが(いけませんね…)、それも簡単にできるよう工夫されています。

掃除が終わったところで、気軽にちょっと開けて中身を捨てれば、パックのお手入れも頻繁にしなくて済みそう。

10数年も経つと、電化製品というものはものすごく進化しているのですね~。
なんだかおばあちゃん状態です。

読み返してみると、私の基準というのは「面倒か、そうでないか」ということが一番というのがわかりますが、まあ、そもそも電化製品というものはそういうものですよね。

電化製品、次にほしいものは地デジ対応の(!)テレビなのですが、“地デジ”というのがよくわからないんですよ…。
テレビを買ってきて、電源入れたらOK、というわけではなさそうですよね。
おばあちゃんはどうも時代についていけません…。


☆買ったもの情報☆


スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

我が家では、私が一人暮らしの頃から使っていた、オーブンレンジを使っていました。
電子レンジ+オーブン+トースター+グリルの機能があって、とてもよく働いてくれました。
ところが、最近、トーストを焼くときなどに、煙が出るようになり、まあ、97年製だから、しかたがないな…と思いつつ、そろそろ買い替えかな?と思い始めていました。

安全面の他に、不便を感じていた点は…。

・ターンテーブルなので、食べ物の置き場所が狭い
・ターンテーブルをきちんと置かないとがたついて落ち着かない(→きちんと置けばいいんですがね…)
・トーストを焼くのに、ターンテーブルを外してその下の網のようなところにパンを載せるようになっているが、パンが庫内でつかえて回らず、きれいに焼けないことが増えてきた
・クッキーなども焼きたいが、ターンテーブルが天板になるので小さすぎる
・扉は上から下へ開く方が好みだが、右から左へ開けるドア式の開閉

そうは言っても、まだ使えなくはないし、愛着もなくはないし…と思っていたら、近くのショッピングセンター(というほど大きくないです)で、たまたまよさそうなオーブンレンジを見つけました。

開閉が「上から下」式なのがまずよかったのですが、さらに、庫内がフラットなのです!
つまりターンテーブルがなくて、電子レンジ機能を使うときは、そのままポンと食器を入れればいいんですね。

したがって、広く使えます。
もちろん容量もこれまでより大きいのですが、フラットだと置きやすくて、手入れもしやすいのですね。

庫内いっぱいの幅、奥行きの角皿もついていて、これは、オーブン機能を使うときや、トーストを焼くとき、野菜をゆでるとき、魚を焼くときなどに使えるのです。

角皿は、上段・下段のどちらにもセットできて、しかも安定しています。

店頭で写真だけ撮って帰宅し、Amazonなどでレビューをチェックしてみたら、結構いい評価。
それに、価格が店頭より1万円以上も安い!



よし、買おう!と思ったちょうどそのとき、どういう風の吹き回しか、夫が「クリスマスプレゼント、何がいい?」と初めて(?)聞いてくれたので、お金を出してもらえました^^

先日、大好きなグラタンを焼いてみました。
3皿1度に入れられます↓


※写真、きれいじゃなくてすみません…。

そして、やはり上から下へと開く扉、使いやすいです。
扉の短辺が開くわけですから、右から左へ開けるときにはぶつからないよう一歩下がる感じだったのが、それがなくなりいい感じ^^

ボタンに色がついているのがちょっと気にはなりますが、それほど派手ではないので、まあ許容範囲です(以前のものは無印良品のものでしたので、とてもシンプルでした)。

そうそう、Amazonのレビューの中には、表示のところ(何と言うのか…どこのことかおわかりいただけるでしょうか)にバックライトがなくて暗いのが残念、という意見もありましたが、私は全く気になりません。
もともとバックライトがないものを使っていましたし、そんなに遠くから見るほどキッチンが広くはありませんから…というより極狭ですから…。

トーストも、角皿に入れて焼くので、こんがり。
一旦裏返すのですが、それはたいした手間ではありません。むしろそのタイミングで、私はバターをのっけています。

とにかく毎日使うのが楽しくて、とてもいい買い物でした♪

実はオーブンレンジの煙の他に悩んでいたことの一つに、魚焼き器のこともあったんですよ。
我が家のキッチンには、魚を焼くところがガスのところになくて困っていたので、ロースターを手に入れたのですが、網が簡単に外れてしまうんですね。

つい最近、魚を入れようとしていたところ、網が落ちてしまってので取ろうとしたら、余熱が終わっていたので、指先にやけどをしたこともあって、怖くなっていたのです。
使用後の手入れも面倒でしたし…。

またやっていませんが、このオーブンレンジは、角皿に載せて、魚も焼けるようなので、こちらの心配も解決しそうです。

ああ、うれしくて、前置きが長くなってしまいました…。

今日の本題は…無印良品で購入してあった、「自分でつくる クリスマス型抜きクッキー」を、上の娘・ベビ太と一緒に作りました。

こねて冷蔵庫で冷やしておいて、型抜きするところからベビ太にやってもらいました。
型は、女の子と男の子、クリスマスツリーの3つ。

うれしげに型抜きするベビ太↓


※細心の注意を払って、背景をカットしていますが、それでも見苦しくてすみません…。

そして、こんなふうに角皿に置けました↓


※クッキングシートを敷いています。

温度設定ももちろんできます↓



焼けた後のアイシングがうまくできませんでしたが、とにかく完成↓



型抜きとアイシングを担当したベビ太、とてもうれしそうで、あっという間に食べてしまいました。
食べた後は、クッキーのキットが入っていた箱の写真を切り取り、お絵描き↓



みなさんもよいクリスマスをお迎えくださいね。




Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ