夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

カテゴリ: 家電・通信

こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。

昨日に引き続き、モバイルの固定費節約術。
"ガラケー"に通話部門を担当してもらっていることは書きましたね。
今日はインターネット部門を担当してもらっているタブレット、iPad Air2について。

iPhoneユーザーで、MacBook Airを使っていた私は、引き続きAppleの製品を使いたかったので、SIMフリーのiPad Air2を購入しました。
SIMフリーのiPad Air2はAppleの公式サイトでも購入できますね。
iPadには、Wi-Fi版とWi-Fi+Cellular版がありますが、私は外でも利用できる、Cellular版にしました。
 

これについては、ちょっと失敗したな、という点もあるのですが、それについてはまた改めて書くことにして、使っているSIMカードについてご紹介。

私はまず、Softbankで使っていたiPhoneが、毎月何GBくらい使っているかを調べました(「My Softbank」というサイトで確認できます)。
すると、自宅にWi-Fi環境がある、あまり外出しない、ということから1GBも使用するかしないか、というくらいであることがわかりました。

格安SIMには、私のようにインターネット部分だけを利用するのにいい「データSIM」と、通話(電話ですね)も含めて利用する場合に使う「通話SIM」の2タイプがあります(各社呼び方が違うかもしれません)。

「通話SIM」の場合も、大手キャリア間のMNPのように、番号そのままで乗り換えができます。
私の場合は、家族間通話が無料にならないこと、緊急電話などができないということ、新しくSIMフリーのiPhoneを購入するのはハードルが高く、いずれ新しく出た機種がほしくなったりするかもしれない、ということから、それまでのように1台で通話もインターネットも、というふうにはせず、通話はガラケーで、インターネットはタブレットに「データ専用SIM」を差して使うことにしました。
容量は「1GB」でOKですので、業界最安値をうたうDMM mobileに決定。

SIMカードにはサイズが3種類あり、使う機器によって異なりますので、その点は確認が必要です。

SIMカードは容量ごとに月額料金が違います↓

DMMmobile プラン・月額料金

さて私の料金明細はこちら↓

データ専用SIMプラン:1GB 
月額基本料 480円
消費税(8%)38円
ユニバーサルサービス料 2円
月額合計 520円

上記は今月分から値下げになったため。
契約したときから先月の3月分までは、月額基本料590円+消費税47円+ユニバーサルサービス料2円=合計639円でした。
おそらく最安値をねらってのことだと思うのですが、こうして値下げになるのもいいですよね。

ということで、auフィーチャーフォン(通話)403円+iPad(ネット)520円=923円
が私のモバイルの月額固定費です。

通話については、現在は「auかえる割」キャンペーンは終了していますので、もし利用するなら「プランEシンプル」734円にしたとして、734円+520円=1,254円 になるでしょうか。
それでも大手キャリアで契約していた頃の月額料金とは雲泥の差ですね。

ネット編はこれで終わります。
次回は最終回、実際はどうなの?というところを反省点も踏まえて書きたいと思います。





Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


先日、格安SIMを使って、モバイルにかかる月額料金を抑えていることを書きました。
そうしたところ、「ぜひ詳しく書いてほしい」というお声をいただきました。ありがとうございます!

私はいわゆる"ガラケー"(auのフィーチャーフォン)とタブレット(iPad Air2)の2台持ちで、ガラケーに「通話」を、タブレットにメールを含む「ネット」を分業してもらっており、それらの月々の料金の合計は、923円です。
この3月までは1,042円でしたが、利用中のプランが、4月から値下げされたため、全体の合計が1,000円を切りました。

今日はそのことについて書こうと思います。

ただ、
・私はそれほど詳しいわけではなく、正確にお伝えできていないかもしれないので、利用にあたっては必ずご自身で確認をしていただきたいということ、
・自宅はWi-Fiを使用できる環境にあり、その基本料金については家族が払っていてその分は私の言う「固定費」に含まれていないということ、
・私がauで利用中のキャンペーンは現在は終了してしまっていること
を先にお伝えしておきますね。

そして私自身のモバイルの使用状況は、
・電話は家族間以外はほとんどすることがない(そもそも電話が苦手)
・自宅はWi-Fiを使用できる環境で、外出も少ないため、LTEを使用する通信は1ヶ月1GBもいかない
というものです。
もし同じような方がいらっしゃいましたら、少しは参考になるでしょうか。

さてまず通話は、auの「GRATINA」を使用しています。
シンプルできれいな携帯電話です。
auはきれいな機器が多いですね。

もともと、スマートフォンが一般的ではなかった"ガラケー時代"はauのユーザーでしたが、まだSoftbankでしか取り扱いがなかったiPhoneが使いたくて、Softbankに乗り換えた経緯があります。

料金は2年経過すると、割引がなくなり、高く(割引前の金額に)なるんですよね。
はっきりとは覚えていませんが、6,000円くらいだった月額料金が8,000円ほどになったことに気がついて、私には高すぎる、と思い、それから格安SIMについて調べ始めたというわけです。


ご存じのとおり、携帯電話やスマートフォンには小さなチップ(SIMカード)が差し込まれています。
大手キャリア(au、Softbank、docomoなど)で契約する場合、これは既に差し込まれていますので、ふだん意識することはないと思いますが、購入した機器は、契約したキャリア(au、Softbank、docomoなど)でしか使うことができません(SIMロックされています)。
*docomo版は格安simを入れて使えるようです。私はdocomo版は持っていないので、わかりませんが、格安SIMの会社のサイトに対応機種が書かれている場合がありますね。

このSIMロックをしていない、SIMフリーの機器があれば、いろんな会社の格安のSIMカードを差し込み、月々の料金を抑えることができるというわけですね。

よく聞く「格安スマホ」というのは、その名のとおり、非常に安価なスマートフォンということですが、これらは基本的にはSIMフリーで、格安SIMと組み合わせて使うことを想定しているものだと思います。


それでauの契約の方ですね。
私が契約をしたときは、「auかえる割」のキャンペーンが開催されていました。
これは私がもともとauユーザーだったので、au「帰る」割だと思い込んでいたのですが、au「変える」割ということで、他社からの乗り換えが対象でした。

このキャンペーンは何がよかったかというと、基本使用料が半額になったことです。
ただその利用には条件があり、その条件とは「ダブル定額スーパーライト」を申し込むことでした。
申し込みさえすれば、さまざまな割引と合わせて月額403円になったのですから、私にはぴったりのキャンペーンでした。

私のプランは以下のとおり↓

料金プラン:プランSSシンプル
料金割引サービス:誰でも割
         ダブル定額スーパーライト
         家族割
        「くりこし」コース
適用中キャンペーン:auかえる割


さて、料金明細はこちらです↓

プランSSシンプル 1,868円
誰でも割+家族割   −934円(基本使用料の50%割引)
基本使用料割引額   −934円(auかえる割)
オプション使用料(ダブル定額スーパーライト 定額料) 372円
ユニバーサルサービス料 2円
消費税(8%)    29円     
合計        403円

割引を適用すると、基本使用料は0円になり、ダブル定額スーパーライトの定額料とユニバーサルサービス料だけを支払っていることがおわかりいただけると思います。

「ダブル定額スーパーライト」はインターネットを使用する前提のものですから、契約時は他にインターネットを利用するためのEZ WINコース300円の申し込みも必要でした。
ただ私はガラケーの方でメールやインターネットを利用するつもりはありませんでしたので、契約から数日後、お客様センターへ電話して解約し、300円をカットしました。


もともとauユーザーで、家族もauユーザー、auは家族間通話がいつでも無料になることと、わかりやすくて好きな料金プランがあるので、auを選びました。

プランSSシンプルは、1,000円分の無料通話がついていますので、ほとんど家族以外に電話することのない私には十分です。くりこしもできますしね。
契約してからずっと月403円で利用できています。


ところで好きなプランとはこちらです↓
au シンプルコース料金プラン

以前のガラケー時代には、この中の「プランEシンプル」でした。
このプランは「誰でも割」適用後は734円になります。

無料通話はありませんが、Eメールが写真添付でも料金が増えることなくやりとりできるんですね。
基本的に電話はしない私にぴったりのプランでした。
ガラケーユーザーの夫の母や私の母も、このプランにしてもらっています。

利用中のキャンペーン「auかえる割」は3年間ですので、3年を過ぎてこの割引がなくなったら、734円の「プランEシンプル」にするか、無料通話1,000円分のついたプランSSシンプル(「誰でも割」適用後934円)のままで行くか忘れずに検討しなければなりません。

いずれにしても、メールと電話しかしない、しかも電話はそれほどしない、家族がauユーザー、という方にはauのフィーチャーフォンでシンプルコース、おすすめです。


長くなりましたので、今日は「通話」編のみで終わりにします。
「ネット」編はまた改めて。


 
Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。


私はiPad Air2と"ガラケー"の2台持ちなのですが、iPadは大きいので、なかなか気に入るバッグがなく、先日の旅行の際にも不便な思いをしました。

さっと取り出せる外ポケットつきで、他のものも入れられるバッグがほしいなあと思い、自分で作ってみることにしました。

以前斜めがけもできるタイプのクラッチバッグでiPadが入るものを作りましたが、今回はもう少し容量があって、トートバッグっぽくて、肩かけができるタイプのものが頭に浮かんでいます。

本体は綿麻、ポケットは11号帆布、持ち手はPPテープで、肩からかけられる長さにしています。






ポケットは、口のところを三つ折りして縫い、チェックのコットンに縫いつけてからバッグ状にしました(確か。もう忘れてしまった…)。



このように外側にiPadをを入れることができます↓



マチは10cmほど。
ふだん持ち歩くものなら十分入れられます。
キルト芯を挟んでいるのでふんわりしています。



外ポケットだけでなく、内ポケットも大きいです。
ミシンでステッチを入れて、全部で5つポケットがあります。
できあがってから、留め具をつけ忘れたことに気がつき^^;アイロンでつけられる丸い綿テープをつけました。



作ってみていくつか…。

まず、バッグ全体のサイズはよかったです。

ただ、接着芯を貼らなかったので、軽いものを入れるだけならいいのですが、iPadを入れると、バッグの形がひもの部分から崩れて見苦しくなってしまいます…。
ポケットも形が崩れて中が丸見えになるので、やはり丸い綿テープを貼っています…。

また、ポケットを本体に完全にかぶせる形にしているので、小さいものが底まで行ってしまいそう。

反省点を生かして、また試作しようと思います。


  


私がモバイルの"2台持ち"をしているのは、iPadに格安SIMを入れて、月々の固定費を抑えるためなんですね。
みなさんのモバイル事情はどんなものなのでしょうか?
megosuriのモバイル固定費節約術(?)、そのうち書いてみようかな。



 
Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
いつも温かく見守っていただき、応援してくださり、ありがとうございます。

先日書いた、『衣類の収納に無印良品の小さめPP収納ケース』が、私が見たときには「シンプルインテリア」注目記事の1位、「布物・布小物」注目記事の8位にランクインしていました。
たくさんの方にお読みいただき、注目記事に選んでいただき、とてもうれしかったです。ありがとうございました! 


さて今日は、「ガーリーテプラ」について。
その名のとおり、とてもガーリーな趣き。 



キングジムのラベルライター「テプラPRO SR-GL1・シェルピンク」です。
色は他にペールブルーがあり、迷いましたが、アトリエの天井のクロスの色合いに合わせてシェルピンクにしました。
黒いリボンは自分で結びます。

楽天市場ではコジマ楽天市場店が最安値のようでしたので、そちらで購入しました。

 
宝石箱のようなテプラを開けると、このようになっています。





すっきりしていて、フォントもおしゃれな感じ。
テプラは乾電池を入れて使うこともできるのですが、電池は交換時期や液漏れが気になるので、別売りのアダプターを一緒に購入しました。 

写真は一部だけですが、カートリッジはマスキングテープ、アイロンラベル、りぼん、透明、パステルカラーにソフトなグレー文字のタイプなどを購入しました。



マスキングテープは、収納用品に貼ってはがせるので便利。
アイロンラベルはこどもたちの持ち物に使えます。
また、りぼんはオリジナルのラッピングに、布小物のタグにと幅広く役立ちそうです。

透明タイプは地が透明で、黒い字でプリントされるのですが、4mm幅がベビ太の小学校用の色鉛筆にぴったりでした。
黒字ですので、濃い色の色鉛筆だとそのままでは名前が読めません。
それで、色鉛筆をちょっとカッターで削ってから貼りました。


キングジム 「テプラ」PRO用ACアダ...

キングジム 「テプラ」PRO用ACアダ...
価格:2,030円(税込、送料別)


テプラの価格は、基本的には対応できるテープの幅に関係しているようで、もっと広い幅のテープに対応しているテプラもあることを考えると、4〜18mm幅のテープに対応しているガーリーテプラは、少々高めの価格です。

そして、ガーリーテプラは、私にはガーリー(かわいらし)すぎるので、ずっと購入を迷っていました。

それでもこのテプラに決めたのは、フォントや絵文字、フレームの種類が多かったから。
フォントは「ベーシック」「フォーマル」、「エレガント」、「アンティーク」、「クラシック」、「てがき」、「ポップ」、「ハート」の8種類で、私は「エレガント」タイプが気に入っています(漢字は「ベーシック」だけですが…)。
フレームや絵文字もおしゃれなものがたくさんあって、イニシャルマークも作れます。
3行までプリントできますので、アドレスシールなども作れますね。


パソコンを自在に操れる方ならPC接続専用のこちらのテプラが便利かもしれません↓


4〜36mm幅のテープに対応していて、いろんなラベルに対応できる優れもののようです。


シンプルでリーズナブルなテプラならこれかな↓

キングジム ラベルライター「テプラ」PRO SR...

キングジム ラベルライター「テプラ」PRO SR...
価格:4,428円(税込、送料別)


こちらもガーリーテプラと同じく4〜18mm幅のテープに対応しています。
白くてすっきり。
ガーリーテプラも白があればよかったのにな。
でも機能面でとても満足していますし、気に入っています。


さて、ガーリーテプラのフォントってどんな感じ?とお思いの方のために、megosuri一押しの「エレガント」でプリントしたラベルをご覧にいれましょう。

収納用品にラベリングするため、チョコレート色に白い文字のマスキングテープのカートリッジを使いました。

そうそう、テプラのカートリッジは、テープ+インクですので、インクの色を自分で変えることはできません。
箱に載せてあるサンプルを見て、お気に召したカートリッジを選んでくださいね。



こんなふうにして貼っています↓


ひらがなやカタカナは8種類のフォントに対応しているのですが、漢字は「ベーシック」1種類だけなので、漢字のところだけ、マジメな雰囲気になります(^_-)






心配していた使い方は簡単でした。

1.まずテプラの裏ブタを開けてカートリッジを入れ 
2.アダプターをつなぎ電源を入れます
3.字はパソコンなどと同じくローマ字打ち、
4.「フォント」ボタンを押して、好きなフォントにします 
5.絵文字を入れたいときは、バラのマークのボタンを押すと好みのものが選択できます。たくさんあって迷ってしまいます
6.「フレーム」ボタンを押すと、いろいろなフレームが選べます。こちらもたくさんあります
7.シフト+Printでプレビュー、「Print」で印刷します

パソコンのキーと似た感じなので、すぐ使うことができました。
また、カートリッジの入れ替えですが、道具を使わず、手で裏ふたを開け、カチッとカートリッジをはめる、取り出しもつかんで出すだけ。
入れ替えが面倒で入れっぱなしになるのではという心配は杞憂でした。


買ったばかりですが、もう既にベビ太やベビ次郎の持ち物にアイロンラベルが大活躍しています^^
これからどんどん活用していきたいです。





        

ガーリーといえば、ず〜っと前にこんな生地を購入してありました。
アイロンをかけ直していなくて失礼します…。 


いろんな靴が描かれたかわいらしい生地。
靴と靴の間がそれほど開いていないので、大きなものを作ると柄が活かせるかな、と思いながらまだ手をつけていません。
いっそこのままタペストリーのようにしようかな、と思ったりもします。


今日も一日穏やかに過ごされますように。






 
Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

今日はアイロンのことについて、書きたいと思います。
特に高価なものや専門的なもの、などでは全くありませんので、その点はご了承くださいね^^
まずこちらをご覧ください。



広げると簡易なアイロン台にもなるカバーにアイロンを入れたところです。
赤い色が好きで、ドット柄が好きな私にぴったりのカバーです。
横から見るとこんなふうになっています↓



ボタンにひもをかけるようになっていて、これを外すとこんなふうに平面になります↓



そして、アイロンの温度調節のところはこんなふうになっているんですよ↓



スチームアイロンですので、水はキャップを開けたところにある穴から入れます↓



ここが外れると便利なのかもしれませんが、外すときに音がするでしょうから、まあ、いいでしょう。
私は注ぎ口のついた計量カップで水を入れました。

このアイロンは、青い色のものもあったのですが、ケースが赤ですし、青よりもこの濃いピンク色の方がおしゃれな気がしたので、こちらを選びました。

本当は真っ白なアイロンがよかったのですが、条件を満たすものがなかったので、このアイロンになりました。

そして、一緒に買ったアイロンカバー↓



当て布不要とのことで、買ってみました。
プラスチックのような材質ですね。
バネのところをアイロンにひっかけて使います↓



さらにアイロン台も汚れてきていたので、替カバーも買いました。
四隅にゴムがついていて↓



かぶせればこの通り↓



使ってみた感想は…。

アイロンもミシンと同じで、重いものの方が使いやすいようですが、ガタガタソーイングに使うものですし、先立つものもない身ですので、これで十分満足しています。

それから、アイロンカバー。
これはやはりつけない方がアイロンをかけやすいことは確かですが、当て布をしなくてよいというのはいいですよね。
ただ、使い始めだからかもしれませんが、カバーをしていると、ちょっと臭いにおいがするのが気になりますが、まあ、許容範囲です。

そして、アイロン台のカバーは、貼り付けてあるものとは違い、ちょっとぶわぶわしますが、使っていくうちになじむかなあと思っています。

何より赤い収納カバーが気に入りました。

まるでかわいいバッグのようですよね。
出すときも軽くて音がしないのがいいです。
開閉も、ボタンを外すだけで面テープではないので、やはり音が気になりません。
というより、ボタンを外さなくても出し入れできます。

アイロンのコードは、巻いてしまえるよう留め具(というのか)もついているのですが、巻くのも使うときに外すのも面倒なので、そのまましまっていますが、ゆとりがあるので、全く問題ないどころか、アイロンの取扱説明書も一緒に入れています。

この収納カバーのおかげか、今回のアイロンまわりの買い物、大満足です^^





☆買ったもの☆









今日は4月1日。
新年度の始まりですね。
新しい仕事、新しい学年、新しいことが始まる方も多いと思います。

我が家では今日は下の娘・ベビ次郎が、保育園の入園式です。
そして明日から、まずは2時間からの慣らし保育が始まります。
ベビ太は進級(?)です。

環境の変化を感じ取っているのか、ここのところベビ次郎、夜中起きるとなかなか寝てくれません。
起き上がり小法師のように、何度も座ってしまいます。
先日入園の説明会に行った折には、楽しそうに遊んでいたベビ次郎、早く慣れて、楽しく過ごしてくれたらいいなあと思っています。

そして私はというと、5月から新しい仕事を始めます。
4月中は家の片づけ(切実です…)、仕事の準備、しばらく行けそうにない実家へ子供たちを連れて行く、などでバタバタしそう。
それでもベビ次郎が日中保育園になるので、毎日のハンドメイドも昼間できたらいいな、と思っています。
そうしたら、睡眠時間、長くなるかな?

さてさて、最後になりましたが、1日はガタガタ村恒例、ミシンのお手入れDAYです。



あなたもぜひ、ミシンのお手入れ、いかがでしょうか。
Clip to Evernote

↑このページのトップヘ