ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

家電・通信

こんにちは、megosuriです。
昨夜から朝晩寒くなりました。 
二人の娘たち、ちょっと風邪っぽいです。
もう衣替えをしなければいけませんね。


今日は全部が前置きのような長い長い話です(^_−)

私は通話(ガラケー)はau、インターネット(メール)は格安SIM(DMMモバイル)で運用してきました。
そして格安SIMに移行する前の、ソフトバンクのSIMロックがかかったiPhone5cをいろいろな方法で使ってきました。

これまでの経緯はこちらをご覧ください↓
格安SIM活用で固定費を抑える〜通話〜
格安SIM活用で固定費を抑える〜ネット〜
格安SIM活用で固定費を抑える〜実際〜
モバイルルーターではなく格安スマホにした理由
はじめての格安&アンドロイドスマホ
 
上記のような経緯で、モバイルルーターがわりに格安のアンドロイドスマホを使っていたのですが、バッテリーが異常に減るんですね。
どういうことかと言いますと、寝る前に充電を終え、そのまま使用していないのに、朝起きてみると、「充電してください」という表示が出ている、といった具合です。

きっとnanoSIMに変換アダプターをつけて、microSIMとして使っていたためだと思い、改めてmicroSIMを取り寄せて使ってみたのですが、やはり同じような状態。

これはおそらく、私が使っていたSIMが、SMSつきでないデータ通信SIMだったので、セルスタンバイ問題(端末が電波を捉えようと必死になってしまってバッテリーを異常に消費してしまう)が起きていたからではないかと推測しています。

さらにやはりアンドロイドスマホよりiPhoneの方が使い慣れているし使いやすい、ということで、その後モバイルルーター(AtermMR04LN)を購入し、外出時はこちらに格安SIMを入れてWi-Fi環境を作り、iPhoneを使うようになりました。

蛇足ですが、このモバイルルーター、とてもよかったです。
今は「05」が出ているようですね。

モバイルルーターは通話が前提の端末ではありませんので、SMSなしのデータ通信SIMでもセルスタンバイ問題が起きないからでしょう、快適でした。



*あまり使用しておらずきれいなので、カバーつきでヤフオク!に出品予定です*






こうしてしばらくガラケー+iPhone5c+ルーターの3台持ちをしていたわけですが、だんだん2台持ちにしたくなってきました。
やはり荷物は少しでも少ない方がいいですよね。

折よくiPhone7が発売されることになり、既存の「6s」や「SE」はきっと値下げになる!と思い、そのときを待っていました。
アップルストアでは、実際大幅な値下げがされていましたよね。
「SE」などは税抜価格で4万円台に下がっていました。

「6s」と「SE」でとても迷いましたが、画面が大きく、それほど重さも気にならない「6s」に、カラーは「シルバー」にしました。

そして、2年間割引のキャンペーンをやっていたFREETEL(フリーテル)のSMSつきSIMカードに切り替え、ブラックウォッチのスマホポーチに入れて、快適に使っていました。

DMMモバイルのままでもよかったのですが、どちらにしてもSIMカードを切り替えるのに事務手数料もかかりますし、それならば通信速度が速いと評判のフリーテルを試してみようと思ったわけです。
評判どおり、とても速いです。


さて夫は、そろそろ機種変更をしなければと言いつつ、iPhoneの「4s」を使っていましたが、画面が割れてしまったということで、いよいよ機種変更をすることになりました。

コンパクトなものがいい、ということで、「SE」に機種変更。
保護フィルムやカバーが届くまで何か保護するものが必要ということで、使っていたブラックウォッチのスマホポーチを貸すことに。

それで自分用に何かないかな、と探したところ、いいものを見つけました。
以前ご紹介した*Ajourさんのハリスツイードの2wayポシェットです^^


 
サイズに余裕があって、ふんわりしていて安心感もあります。
なにより、ハリスツイードと、厚みのある木のボタンが今の季節にもぴったり♪
見ていたら、なんだかハンドメイドがしたくなってきました。






そして昨日は楽しみにしていたものが届きました。



neige+ 手作りのある暮らしのyunyunさんのショップで購入したフォトブックです。
ショップオープンの時間に間に合わなかったので、作品は完売していたのですが、フォトブックだけでも購入できてよかったです。

見ていると、こちらもわくわくしてきて、ハンドメイドへの気持ちが高まってきました。

涼しくなって、ハンドメイドの秋到来、ですね♪





 

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでいただき、ありがとうございます。


先日“格安スマホ”を購入しました。

これまでの経緯をじっくりとお読みになりたい方はこちらもご覧ください↓
格安SIM活用で固定費を抑える〜通話〜
格安SIM活用で固定費を抑える〜ネット〜
格安SIM活用で固定費を抑える〜実際〜
モバイルルーターではなく格安スマホにした理由


購入したのはZTEのBlade V6。

これまでスマートフォンは、ずっとiPhoneでしたので、これがはじめてのアンドロイドのスマートフォンです。





久しぶりに2010年発行のアップル関連の雑誌を見ていたら、iPhoneのアンテナ問題(アンテナの切れ目を持つと受信電波が悪くなる)や、アンドロイドとはタッチパネルの質が比較にならない、ホームボタンが便利、など今読むと、なんだか時の流れを感じる記事の数々。

そのような雑誌も見て、私は「やっぱりiPhoneよね〜」と思い、その頃はSoftbankでしかiPhoneの取り扱いがなかったため、わざわざauからSoftbankにキャリアを変更したんですね。

そんな潜在意識(?)があったため、今回アンドロイドのスマートフォンを触ってみて、とてもスムーズに動くことに心底驚きました。
それはそうですよね、たくさんの方が使っているんですし、それにこういった技術は日々進化していますしね。

私の買ったスマートフォンのよかったところがすべての機種に共通するかどうかはわかりませんが、「これ、いいな」と思ったところをいくつか書きますね。


まずはiPhoneのホームボタンの位置にある3つの大小の丸。
真ん中の丸が、ホームボタンに当たるもので、「ホームキー」と呼ばれています。
この部分、iPhoneの場合は「押す」という動作が必要ですが、Blade V6は、「タッチ」するだけ。
タッチパネルに慣れていますので、これがとても楽に感じます。

左右の小さい丸は、「バックキー」と「メニューキー」。
こちらもタッチするだけでOK。

「バックキー」は触れると前の画面に戻るという便利なもの。
これはiPhoneでは、そのとき開いている画面によって場所や方法が違いますが、このバックキーはどんなときも使えて、とても便利です。

「メニューキー」は、最近使ったメニュー、アプリが屏風のように開き(と言えばいいのか)、一覧で見られて便利。




最初の設定では、左の小さい丸がバックキー、右の小さい丸がメニューキーになっているのですが、左右逆に設定することもできて、これも便利♪

「設定」から「端末」の「ハードキー」を選択して変更できます。
私は右手で操作するため、よく使うバックキーを右側に持ってきました。



Blade V6のいいところ、2つめはとにかく軽いこと!
片手で持つにはやはり5インチのスマートフォンはいいですね。
iPhone5cより軽いのに、画面も大きくて見やすいです。




このスマホは薄くて軽すぎて、落としそうなくらいでしたので、何かいいカバーがないかなと探したところ、すぐにいいものが見つかりました。
それがこちら↓



122gの本体に、カバーとおまけの液晶保護フィルムをつけても145g。
このスマートフォンの「軽い」という良さを損なわないカバー。 

両側面にはさりげなく滑り止めもついていて、とても持ちやすく安心感があります。
右上側面には音量ボタン2つとその下に電源ボタンがありますが、カバーはそのボタンを覆う形状になっています。






触れないでいると画面が暗くなりますので、電源ボタンを押すとこんな画面が出てきます。
iPhoneと雰囲気が似ていますね。



入力方法はiPhoneと同じくフリック入力で、ほんのちょっと勝手が違うのですが、タッチパネルの反応も含めて、特に問題ありませんでした。
タッチの感触(というのか)はかなり違いますが、これも好きな感じです。

小さい文字のところをタッチして画面を開こうとすると、その部分が拡大されて、確認できるようになっています。
たぶん“長押し”したことになっているんだと思いますが、感覚としてはすっと触れただけ。
こういったところも親切ですね。


たった一つ、iPhoneと違って不便だったのは、マナーモードにするときとマナーモードを解除するとき。
iPhoneは左上側面のスイッチのようなもので操作できますが、Blade V6は、「設定画面」を開いて、「音声と通知」から設定をしなければいけません。
マナーモードを解除しているときの音量調節だけなら、右上側面の2つの音量ボタンで操作ができます。
この点はほんのちょっとマイナスポイントですね(^_-)
その後触っていたら、音量ボタンで対応可能でした!
よかった^^



容量については、メールとインターネット検索ができればいいと思っていたため、特に不足は感じません。
写真の保存はこれまで通り、iPhoneに任せているからかもしれません。

Blade V6は、モバイルルーター代わりに購入したため、テザリングさえできれば、という気持ちでいましたが、思いがけず使い勝手がよくて、とても気に入りました。





 




機種変更をした場合(私の場合は“機種変更”ではなく、“併用”ですが)に気になるのは、「連絡先」のコピーですよね。

これはリサーチの結果、gmailを導入していれば、そちら経由で連絡先が簡単にコピーできることがわかっていました。

ところが実際やってみたところ、なぜかコピーできたのはほんの一部でした。
まあ、私がメールをする相手はそれほど多くありませんので、iPhoneを見ながら、手入力(!)で対応しましたが、おそらく調べれば何か方法はあるのかも…。 



→Blade v6のその後…電池の減りが異常に早いのです…どれくらいかと言いますと、寝る前に満充電にして、そのまま全く触らずに朝起きて見るとほとんど残がない、というくらい。
SMSつきのデータSIMにしなかったためかも、と思い、SMSつきも試してみましたが、やはりダメでした。
これがこの機種の問題なのか、個体の問題だったのかはわかりませんが…。
 
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お読みいただいて、ありがとうございます。


以前、3回に分けて、私のモバイル事情を長々と書きました。

格安SIM活用で固定費を抑える〜通話〜
格安SIM活用で固定費を抑える〜ネット〜
格安SIM活用で固定費を抑える〜実際〜


私はauのいわゆる“ガラケー”を通話専用にし、 iPad Air2にDMM mobileの1GBのデータSIMを差して使っています。

iPad Air2はタブレットとしては軽量なのでしょうが、持ち歩くときに重みを強く感じるようになり、耐えられなくなってきました。
それでも「せっかく買ったんだし」と思い、その状態を続けていたわけですが、特にこどもたちを連れて公園などへ出かけるときに、重くて苦痛でたまらなくなってきました。

手元には自宅のWi-Fi環境で使い続けている、使い慣れたiPhone5cがあり、これを活かしたいという気持ちもありました。

ところがこのiPhoneは、解約したSoftbankのSIMロックがかかっているため、そのままでは外出先では使えないんですね。
そこで、モバイルルーターを購入し、そちらにiPad Airに入れている格安SIMを移して、外でもWi-Fi環境を作り、iPhoneを使おうという気持ちになってきました。

検討していたのは、私がSIMカードを利用しているDMM mobileでも取り扱いのある、こちらのモバイルルーター↓


何度もカートに入れましたが購入には至らず、そうこうするうちに、“格安スマホ”をモバイルルーター代わりにするのはどうだろう?と思い始めました。

つまり、“格安スマホ”にSIMカードを入れて、テザリングでiPhoneを使う作戦です。 
モバイルルーターは、それ単体では使えませんが、スマホなら、iPhoneを持っていなくてももちろん単体でも使うことができますし、モバイルルーターより価格が安いものがあるのも魅力でした。

RAMが1GB、ROMが8GB、というようなスマホは本当に格安なのですが、RAMは2GB、ROMは16GBはあった方がいいという情報をつかみ(RAMもROMもなんのことだかわからないんですがね…)、その条件を満たしつつ、モバイルルーターよりも安価で、シンプルなデザインで、軽いもの、という条件で選びました。

それがこちら↓



ZTE Blade V6 です。
DMM mobile の取り扱い端末の中から見つけて、楽天市場で最安値と思われるお店で「シルバー」を購入しました。 



帯をはめただけのシンプルな外箱を開けるとこのとおり↓
 


すっきりとしたこのデザイン、梱包のしかたなど、iPhoneを意識している感じですね(^_-)
背面はこんなふうになっています↓ 



カメラ部分の出っ張りはなく、重さは122gと非常に薄くて軽く、落としそうで怖いくらい。


本体の下には2つ箱が入っています。 
上の箱の外側に挟んであるのは、SIMカードを入れるトレーを引き出すときに使うクリップですね。 



箱の中に入っていたのはこれ。
充電に使うコードです。 


私の持っているiPhone5cと並べたところです。
右の黒い方がiPhone、 左がBlade V6です。



iPhoneはカバーをしているとはいえ、厚みがこんなに違います↓


背面カバーは別のお店で購入しました。
液晶保護フィルムもついていたのでよかったです。

カバーの色は「クリア」。
フィルムはアンチグレア非光沢タイプとクリア光沢タイプの2種類から選べます。
外出先で使うことが多いだろうと思い、「アンチグレア非光沢」タイプにしました。 



背面カバーはこんな感じ↓



ソフトタイプのカバーで、両側面に滑り止めがついていて、薄くて軽くて落としそうで怖かったスマホがとても持ちやすくなりました。

122gの本体にカバーとフィルムをつけても145g。
カバーをつけた状態の手元のiPhone5cが176g、iPad Air2が596gですから、本当に軽い!
ガラケーとiPhone、Blade V6の3台持ち(合計439g)をしても、重さが気にならなくなりました♪ 

それもそのはず、私のガラケーは118gですので、ガラケーとiPadの2台でも714g、iPhoneまで持っていくと890gにもなっていたわけですからね。
同じ3台持ちでも半分以下の重量になり、文字通り肩の荷がおりました(^_-) 



 



さて、これまで私の格安SIMの日記をじっくり読んでくださっていた方なら「あれは大丈夫なの、あれは?!」とお思いのことでしょう。

そう、iPadはSIMのサイズがnanoSIMですよね。
Blade V6など、多くの格安スマホはmicroSIMです。
SIMカードのサイズを変更するとなると、手数料が3,000円ほどかかります。
この対策で、私はモバイルルーターを検討していたときから調べてあった、変換アダプターを購入しました。 

この写真はもう外してしまった状態ですが、一番上の小さいトレーに、両面テープ(!)を貼って手持ちのnanoSIMカードを固定し、スマホに差し込むだけ。
「こんな単純(そう)なもので大丈夫なのかしら?」と思ったのですが、大丈夫でした。
不思議不思議。
 




iPadのSIMトレーを引き出すのが大変だった記憶がありましたが、今回再びやってみて、引き出し方がわかりました。
クリップを思い切ってぐっと押し込むと引き出せるんですね。
押すと引ける、というのが不思議なのですが…。

Blade V6の方は簡単にトレーが出てきましたよ。


ところでiPhoneユーザーの私には初めてのアンドロイドスマホ、思っていたのとは全く違い(失礼!)、使ってみたらとても快適でした!

長くなりますので、その話はまた改めて書きますね。




Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


先日、ベビ太と夫と私とで、天保山の大観覧車に乗りました。 
もともとは、その横にある海遊館(水族館です)に行く予定でしたが、大きな観覧車が見えてきたので、せっかくだしね、ということで乗ってみました。



見上げても見上げきれません。



世界最大級の高さを誇るという観覧車、ものすごく怖かったです。


最初はまだ「あ、桜が見える〜」などと言っていられたのですが、高くなるにつれ、なんというか「大地を踏みしめる感覚」がなくなってきて、足がガクガクしました(^_-)
ジェットコースターが下るときもそんな感覚になります。


とても怖かったので、ベビ太を支えていると見せかけて、私がしがみついていたくらいです。 
ベビ太は「思ってたほど怖くなかった」と言っていましたが、本当かな?

赤い箱に乗りましたが、下が透明なシースルーの箱もあるとのこと。
そんなものに乗ったら気絶してしまいそう。
それほど怖かったです。

最大の高さに近づく頃の写真はありません。
それどころではありませんでした。

ふふ、でもきっといい思い出になるでしょうね。



そして海遊館。

思っていたよりずっとたくさんの魚や動物たちがいて、そして人も多くてちょっと疲れましたが、いろいろ見られてよかったですよ。



カピバラ↓



熱心にキャベツを食べていました。

夫が「うまそう〜」と声をあげたイカ。
透明で美しかったです。 



そして名前を忘れてしまったのですが、平たくて、ひらひら飛んでいるような魚。
 


尾(?)が細くて長いんです。



ヒトデ。



カニ。これも夫が「うまそう〜」と申しておりました。



その不思議さに目を奪われたのがクラゲ。
いろんなクラゲがいましたが、このキノコのような、花のようなクラゲが一番心に残りました。
体すべてが透明なのがまず不思議。
そしてふわふわとした動きが独特で、クラゲを研究する人はこんなところに魅せられるのだろうか、と思いました。 


イルカやアザラシ、ペンギンもいましたよ。
 
自由に押せるスタンプもほのぼのとしていてかわいかったです。
押した紙、ベビ太、どこにやっちゃったんだろう??





      

先日
、ちょっと失敗した、と書いていたiPad Air関連のことですが、どうにも重さが気になっていたこともあって、対策をとることにしました。
どんな対策をしたのかは、また使ってみて改めて書きますね。


 
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


格安SIM活用シリーズ、今日でおしまいです。
3日間、長文におつきあいいただき、ありがとうございました。
今日は「実際どうやったの?」「使ってみて実際どう?」というところについて書きたいと思います。

さて、まず格安SIMを使うのに向いているのはどんな人だと思われますか?
私は次の2つかなと思います。

1.モバイルの固定費をなんとしても抑えたい人
2.自分で調べて自分でやってみることに抵抗がない人

1があれば2も、という感じですよね。

格安SIMは、大手キャリアでの契約のように、ショップの方にSIMカードを差し込んでもらったり設定してもらったり、あれこれお世話してもらったり、ということが基本的にはできません(ビックカメラのBIC SIMなら店頭でのそのあたりのサポートがあるようですが。他にも調べればあるかもしれません)。
SIMカードを差し込んだり、最初の設定をしたりは自分で行なう必要があります。

また、自分の使用状況に合わせて、「こんなことはできるかな?」とあらかじめ調べたり、何かあったときに「どうやったら解決できるだろう」とあれこれ調べるのが苦にならない方に向いていると思います。

でも、megosuriにできたくらいなので、そう難しいことはないのではないかなあと思います^^
私はauのフィーチャーフォン(ガラケー)もauのサイト経由で購入しましたので、こちらのSIMカードも自分で差し込み、最初の設定をしました。
auもDMM mobileも、手順が書いた紙が入っていますので、それにしたがってやっていけば問題ありませんでした。

一番大変だったのは、SIMカードを差し込むことでしょうか。
フィーチャーフォンは裏側のフタを開けて差し込みます。
こちらはそれほど大変ではなかったように記憶しています。



iPad Air2は側面に指先ほどの小さな小さな引き出しのようなものがあり、ここを買ったときについていた針金のような道具で引き出してSIMを差し込みます。
この引き出しがなかなか出てこなくて、インターネットで動画を検索して、それを見ながらやりました^^;



使ってみての感想ですが、auの電話の方はもちろん快適です。
家族間は無料通話ですし、無料通話が1,000円分ついていますので、毎月くりこしていて使い切れていません。

格安SIMという話とは別に、外でインターネットはしない、家にパソコンがある、メールと電話だけ、というような方には、auのフィーチャーフォンをシンプルコースで利用するという形態はとてもいいと思います。
その場合は、私と違って、300円のEZ WINコースも申し込んでおかなければいけませんが、それでも一般的なスマートフォンの契約よりかなり安くなるのはお伝え済みですよね。

私が使っているGRATINAは、私がほとんど電話をしないというのもありますが、とても電池の持ちがよく、充電するのは1ヶ月に1回というのも楽ですね。

そして格安SIMを差したiPad Air2ですが、こちらも特に問題なく利用できています。
旅行をした月は1GBに近づきそうになることもありますが、超えたことはこれまでになく、残った容量はくりこしもできますし、ほとんど外出先で使うことがありませんので、こちらもずっと追加料金などはかかっていません。

私はiPhone以外の“スマホ”は使ったことがないので、そちらについては何も申し上げられないのですが、iPhoneに関しては、大手キャリアを解約する前に、Apple ID等を変更しておく必要があります。
私はそうでしたが、大手キャリアで契約している場合、IDはキャリアメールのアドレスになっていることが多いと思いますし、IDを変更した場合の確認メールなどもキャリアメールに届きます。

したがって、キャリアメールではないアドレスを先に取得しておくこと(gmailやyahoo!メールなどですね)、それからApple IDにかかる手続きをしておくことが大切です。
でないと、せっかくのシームレスに使用できるApple機器を利用する利便性がなくなってしまいますからね。

gmailにすると、友人などへのメールがエラーになることもあります。
この辺りの準備も周到にする必要がありますね。

やはりキャリアメールはあった方がいい、という場合は、auのフィーチャーフォンで、「プランEシンプル」利用、EZ WINコース申し込みという形でメールアドレスを取得し、メール以外のインターネット部分は格安SIMを差した別の機器にする、という方法もあると思います。

それから、私はLINEは利用していないので全くわからないのですが、これもどのようにしたら利用できるかは、インターネットを検索するといろいろと出てきます。
LINEについて疑問をお持ちの場合は、megosuriではお役に立てませんので、ぜひご自身で情報収集をお願いいたします。







最後に…「格安」シリーズの最初にちらっと書いた「失敗」ですが、それはiPad Air2のことです。

Softbankを解約して手元に残ったiPhone、電話はできませんが、Wi-Fi環境ではこれまで通りインターネットが使えたんですね。
ですから、iPadは買わずに、SIMフリーの「モバイルルーター」を購入して、それに格安SIMを差して使えばよかったな、というのが反省点なんです。
DMM mobileでも、モバイルルーターとSIMカードのセット販売をしていますしね。
当時は解約したiPhoneは使えなくなるものと思い込んでいたので、こんな失敗をしてしまいました。

モバイルルーターを使う場合は、外出時は3台持ちになるわけですが、一つ一つが小さいので、小さいバッグで外出できますよね。機器もiPadよりはるかに安価ですしね。
あ〜失敗した〜。 

SIMフリーのiPhoneは高価すぎるし、新しい機種が出たらそちらがほしくなるかも、それなら画面も大きくて機能もいい、当分他のものがほしいと思わなくなるであろうタブレット=iPadを、ということで、でも本当はコンパクトなiPad miniにしようと思っていたのですが、購入を頼んだ家族が、誤ってAirの方を購入してきてしまったため、現在大きくて重いiPad Air2を使っているというわけです。

驚くほど薄いiPad Air2ですが、それでも持ち歩くにはやはり重いし取り出しが面倒なことも…。
パッと出せるよう、解約したiPhoneも持ち歩き、iPad Air2でテザリングを使用しています。
ずいぶん重いモバイルルーターになってしまったな…。


最後の最後に…(長いなあ)、格安SIMのいいところは、大手キャリアのような「2年縛り」がないところです。
と言っても、通話SIMの方は1年、など最低利用期間はあるようですが、2年ごと、というようなことはありません。
データSIMに至っては、最低利用期間は1ヶ月です(各社違うかもしれませんので、よくご確認ください)。

つまり、使ってみてちょっと…と思ったら、大手キャリアよりも気軽に別の会社のSIMカードに乗り換えができるというわけです。
もちろん事務手数料などは発生しますので、よく検討してからの契約がおすすめなのは言うまでもありません。

今でも通話部分は大手キャリアにお世話になっていますが、スマホの機能を「通話」と「ネット」に分けて考え、固定費を抑える努力をした結果、なんだか私自身が「フリー」になった気分です^^






 
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ