ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

作り方

こんばんは、megosuriです。

7月になって、娘の保育園では水遊びが始まりました。
保育園からの通知では、プールバッグかレジ袋を、濡れた水着やタオルを入れるのに用意するように、とのことだったので、まあめんどくさいからみんなレジ袋だろう、そのうち作ろう、と思って、エコバッグ用として売っていたナイロン生地も買ってあったのですが、今朝はレジ袋をもたせました。

ところが娘を送っていった夫が、みんなかわいいプールバッグを持ってきていて、レジ袋を持って来てる子なんて一人もいなかったよ、と言うのです!

めんどくさいなんて言ってるのは私だけでした。
こんなのんきでいいかげんな母でごめん。すぐ作るからね。
ということでプールバッグを作ることにしました。

でもプールバッグってなんだろう?と思い、インターネットでいろいろ調べたところ、特に変わった形というわけではなく、普通のバッグをナイロンやラミネートなどで作ればよいようです。
そこで、これまでの少ない経験を駆使して、自分なりに作ってみることにしました。

とても簡単なものを作ったのでお恥ずかしいですが、自分の記録のためと、それにもしかしたらどなたかの参考程度にはなるかもしれませんので、作った手順を書きますね。
小さな子どもでも持ちやすく入れやすい、トートバッグです。

☆☆プールバッグ トートタイプ の作り方☆☆

1. 用途に合わせた大きさに裁断する。
→脇に「わ」が来る状態で、タテ41×ヨコ39cmに裁断しました。
ちょうちょの柄に合わせながら大きさを決めました。



2. 底を縫い代1cm程度で縫う。

3. さらに底を、取りたいマチに合わせて折り、ピンチでとめる。
→ちょうちょの大きさも考慮し、9cm折りました。

4. そのまま脇を縫い代1cm程度で縫う。
→隠しマチができました。



5.持ち手を用意する。
→幅3cmのコットンテープを30cm、2本使いました。
共布でもいいかもしれませんが、ナイロンなので、くにゃっとして持ちにくいかもしれない、と思ったのでテープを使いました。

6. 袋口を1cm折り、さらに2cm折り、ピンチでとめる。
→柄に合わせて折りました。

7. 持ち手を袋口に下げた状態で押し込んでおく。
→脇から10cmのところに持ち手が来るようにしました。



8. ミシンのテーブルを外して、折ったところの本体側から2mm辺りをぐるっと縫う。
→持ち手も一緒に縫いつけます。

私はうっかり、持ち手を1本しかつけずにほとんどぐるっと縫ってしまい、リッパーでほどくことになってしまいました。
こんなミスをする方はいないかもしれませんが、ご注意あれ。



9. 表に返し、持ち手を上げた状態で、袋口の端から2mm辺りをぐるっと縫う。



10. 持ちやすいよう、持ち手のテープの真ん中10cm程度を二つ折りにし縫って、できあがり!
→できあがりサイズ:タテ29×ヨコ37×マチ9cm





入れるものは、水着、フェイスタオル、着替えなので、入れてみました↓





マチがあるので、コンパクトに見えて、結構入ります。
ナイロンなので、軽くて、小さな子どもにも持ちやすいと思いますよ。

結局プール関連以外のものも入れて、これ一つで登園しそうなので、生地が余っていることもあり、濡れたもの入れに、トートの中に入れて使える巾着タイプも作ることにしました。

☆☆プールバッグ 巾着タイプ の作り方☆☆

1. 用途に合わせた大きさに裁断する。
→底が「わ」の状態で、タテ30×ヨコ30cm程度に裁断しました。

2. 袋口から7cmまでを両脇それぞれ縫い代1cm程度で縫う。

3. この7cmのところを縫い代を割るように折り、端から2mm辺りを「コ」の字に縫う。



4. 袋口を1cm折り、さらに2cm折って、折ったところの本体側から2mm辺りをぐるっと縫う。



5. 丸ひもを袋口に合わせて(ぐるっと一周できて、さらに結べるくらいの長さ)2本用意する。
→74cmを2本用意しました。

6. ひもを通してできあがり。
→1本を右からぐるっと一周通して結んだら、もう1本は左からぐるっと一周通して結ぶ。



できあがりサイズ:タテ26×ヨコ27cm



トートタイプに巾着タイプを重ねてみると、こんな感じ↓



そうだ名前ー、と思い、手持ちのネームタグに名前を書いて、内側に縫いつけました。
ナイロンで薄くて柔らかいので、後づけでも簡単にできました。
そうそう、ナイロンって押さえはどうするのかな?と思ったのですが、普段の押さえで問題なくスムーズに縫えました。
糸と針は薄地用の、90番の糸と、9番の針を使いましたよ。

ちょうちょのプールバッグ、気に入ってくれるといいなと思います。





追記・この作り方を「【知ってトクする小技や話】あなたの日常生活に隠れている“how to”をわかりやすく解説します」というブログでご紹介いただきました!ありがとうございます。
記事はこちら

Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんばんは、megosuriです。

母の日のプレゼントのラッピングをしました。

①マイバッグを水通ししてアイロン
②無印良品の「布描きクレヨン」で娘に両ばあばと、私の父も近く誕生日なのでそちらのじいじの顔も描いてもらう。
このクレヨン、ネットストアで注文して今日届いたのですが、どれもとてもきれいな色です。
③クレヨンで描いた面を挟むようにキッチンペーパーを当ててアイロン
④一度絵の側のキッチンペーパーを取り替えてアイロン。
絵がつかなくなったら完成

写真のとおり、1度目は結構くっきりキッチンペーパーに移りました↓



こうして3人分が完成。
きっと泣くね、とは夫の弁。



ただ、どれが誰だかわからなくなると困るので、というか今もわかりませんので、スタンプで、「ばあば」などと表示し、おまけのスタンプも押してみました。
きっと喜んでくれると思います。


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ