ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

作り方

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


コースターによさそうなサイズのリネンハギレがありましたので、いろんな筆致で描かれたYUWAの英字柄の綿麻生地と合わせて、コースターを作りました。



英字柄のものは大好きですが、この生地は特にいいな♪

今日のトラコミュ(テーマ)はこちらに参加します⬇︎

にほんブログ村テーマ YUWA生地でハンドメイド♪へ




ボーダーのリネンは「ポランカのリネン」のハギレセットに入っていたもの。
2枚をタテとヨコ使いにして、完全に同じではなく、"お揃い"な雰囲気に。


このコースターはタテ・ヨコ14cmのハギレから作りましたが、これくらいの大きさのハギレがあればすぐにコースターができますね^^
ハギレが小さめなときは、何枚かつなぎ合わせてから作ってもかわいいものができそうです。 


今日はごく一般的な(と思っている)簡単コースターの作り方、書いてみます。 
ミシンのところで写真を撮ったので、ちょっと暗くて見にくいかもしれませんが、ご参考になさってくださいね。
そんなことは知っておるわい!と言われるかもしれないような、シンプルな作り方ですよ^^

1.同じ大きさの布を2枚用意します。 



2.お好みで、1枚(または2枚ともでも)に接着芯を貼ります。
1cm小さめに接着芯を貼ると、表に返したときに重なりが薄くなっていいかも♪ 
タグをつけたい場合は、この段階でつけておくといいですね。 

3.2枚の布を中表に合わせます。
柄に向きがあるときには反対向きにならないよう注意! 
挾みタグをつけたい場合は、このときに。先に仮止めしておくと縫いやすいし、忘れません(私、よく忘れます)。 



4.返し口5~6cm程度を残し、縫い代1cm程度でぐるっとまわりを縫います。
縫い終わったら、糸を切らないよう注意しながら四隅の角を切り落とします。
表に返す前に、縫い代を割ってアイロンをかけておくと、特に返し口のところは後から処理がしやすいように思います。
 

5.表に返し、全体を整えます。
角を出すのには、先の鋭くないなめらか目打ちを使うと便利。
  

6.返し口を手縫いで閉じる、またはミシンで一周縫って、完成♪


お揃いのサニタリーポーチと並べて…。


このサニタリーポーチのサイズ感、コースターとしても使える?!
同様の形で鍋つかみも作れそうだなとふとひらめきました(^_−) 



これから温かい飲み物を飲む機会も増えますよね。
今回はリネンなどのさらっと生地で作りましたが、ウール生地など、あったか生地でのコースター作りも楽しそうですね^^






**2つのブログランキングに参加中** 
1日1回のクリックでランキングがアップします♪ 
いつも応援してくださってありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ



人気ブログランキングへ


 
ヤフオクにあれこれ出品中です。  
今回のオークションは終了しました。
たくさんの方々にご覧いただき、ありがとうございました!









Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。

しばらく間が開いてしまいましたが、お元気でいらっしゃいましたか。
夏休み中のベビ太の相手をしていると、なかなかブログを更新するタイミングがつかめませんね。
もちろんハンドメイドをする時間も取れませんし…。
しかたがないので、アトリエの諸々の品の断捨離をしていこうかと思っているところです。


さて、先日作ったループつきタオルの作り方をご紹介したいと思います。
megosuri的かんたんレシピですよ♪

 
1.ダブルガーゼのカットクロスセットの中から2枚を選ぶ。
また、ループにするひもを用意する。
ひもの長さは保育園や幼稚園のフックの形状などにもよりますが、私は20cm弱にしています。

2.ひもをループ状にして、1枚の生地の表側、角のところに仮止めする。
ミシンで2〜3回往復する感じですね。
これをしておいたほうが、2枚の生地を縫い合わせるときにずれませんので安心です。 



3.2の上にもう1枚を裏返しに重ね(中表の状態にする)、端から1cm辺りをぐるっと縫い合わせる。
ただし、返し口(縫わない部分)を残すのを忘れないようにしましょう!
私はいつもついつい調子が出てきてしまって(!)、ぐるっと全部縫ってしまい、ひっくり返せなくなることが良くあります;
返し口は手が入る程度、10cm弱くらいでいいのではないでしょうか。

ループをつけたところを除く三隅を、縫い糸を切らないよう注意しながら角を切り落としてから、表に返します。
 

4.返し口も含めて、ぐるっと端から2mm程度を縫って完成♪


2枚作りました。


名前つけですが、私は最近、テプラのアイロンラベルを作って、完成後にアイロン接着しています。

お子さんの好きなキャラクターがあれば、こんな↓ネームラベルを用意してもいいですよね。


これを使う場合は、取れやすいので、ガーゼを縫い合わせる前に接着して、周りをミシンで縫いとめてから作り始めています。
こうすると、裏側にラベルの縫い目が見えずにきれいに仕上がります。


簡単ですが、何かの参考になれば幸いです^^




  


先日ベビ太のピアノの発表会がありました。
4歳からピアノを始めたベビ太、これまでは先生との連弾でしたが、3回目の発表会となる今回は、初めてのソロ演奏でした。

新居へ来て、本物のピアノも買いましたので(それまではおもちゃのピアノでした…)、練習もできて大丈夫だと思っていましたが、途中つかえてしまいました。

こんなときはどうしたらいいかはあらかじめ話し合っていました。
「わけがわからなくなったら、最初から弾けばいいよ。落ち着いて。ソロはベビ太だけの世界なんだから自分のペースでね」と。

2曲弾いて2曲ともつかえてしまったベビ太、どう収拾するかなと見ていたら、1曲目は最初から弾き直し、2曲目はどうにか軌道に乗せて、最後まで弾き切りました。

もちろんミスなく弾けた方がいいのですが、たった一人、自分で事態を収拾するしかない、という状態を、自分で乗り越えたベビ太に7歳になった成長を感じ、ピアノを習わせていてよかったなと思いました(親バカ…)。

ま、一番は練習不足だった、ということですがね(^_-)




 
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

お久しぶりです、megosuriです。
梅雨が明けて、朝から強い日差しが照りつけています。

ベビ太の学校関係の仕事が続いたり、ベビ次郎が体調を崩したりでずっと更新ができませんでしたが、その間もお越しくださって、ブログランキングの応援クリックもしてくださり、ありがとうございました。
まだベビ次郎は完治していないのですが、はらはらする段階はすぎたので、ほっとしています。


今日は、先日の簡単ガーゼハンカチをどうやって作ったかを書きたいと思います。




なにしろmegosuriレシピですので、上級者の方は生地の柄をご覧になるくらいにしておいてくださいね(^_-)

使ったのはこんな感じのダブルガーゼのカットクロスセット。


27cm四方ほどのサイズです。
好きな柄のものを一枚選んだら、細かいことは気にせず、さくっと作っていきますよ♪

1.生地にアイロンをかけて整え、表が見えるように置く。 



2.半分に折る(中表になっています)。


3.端から1cm辺りをコの字にぐるっと縫う。
途中8〜10cmほど縫わずに返し口を残しておく(長辺の真ん中付近を開けておくと、返しやすいと思います)。

私はマグネット定規を1cmの目盛りのところにつけて縫っています。 


マグネット定規がなくても、マスキングテープを使えばOK♪


4.縫い終わったら、アイロンをかけて縫い目を落ち着かせましょう。
また、角のところを縫い糸を切らないよう注意しながら三角にカットします。 



5.返し口のところから表に返して、アイロンで整えます。 

返し口が開いているのがわかりますか?これはこのまま…

6.今度はぐるっと一周、端から2mm程度のところを縫います。
これで返し口も閉じることができます。
完成♪ 



のんびりクマさんがとてもかわいらしいハンカチになりました^^




細かいサイズを気にせず、ただカットクロスを半分に折って作ったハンカチ。
小さめなのでこども服のポケットに入れるのに便利、作るのも簡単で一石二鳥(?)です。 






Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


こちらは春に作ったバッグ


おいしそうなパンがいっぱい描かれた生地がとても気に入って作ったバッグです。
大容量なのはいいのですが、それにしても特にタテが大きすぎて(深すぎて)、使っていると、上が折れ曲がってしまって、内ポケットの中身が出てしまう、 という不都合が生じていました。
 
そこで、リメイクすることにしました。
すべてほどいて、40cm近くあったタテ部分を23cm程度になるようカット。
iPad Airがゆったりと入るくらいにしました。

一旦すべてほどいたのは、何も芯を入れていなかったので、ドミット芯を入れて、ふんわりさせたかったため。

幅やマチはそのままにして、生まれ変わらせました♪


 
両側ともおいしそうなパンがいっぱいです^^
 


浅くなっても、マチが10cmもありますので、たっぷり入ります。



中は変わらずブラウンチェック。
 


パン柄とブラウンチェックの組み合わせってパン屋さん、という感じがしませんか?
そうそう、私の子供の頃の夢は、「パン屋さんになること」だったんですよ。

内ポケットや、内ポケットにはさんだ革ひものループはそのまま同じようにつけました。
ループにパスケースのひもを通しておいて、ポケットに入れておけば安心。
大きめのポケットなので、鍵を入れたり、手帳やペンも入れられます。
以前は口に何もつけていませんでしたが、今回はマグネットボタンをつけました。
 


iPad Airを入れるとこんな感じ↓



ゆったり、ほどよくぴったり^^



どこから見てもおいしそうなバッグ。
自分サイズに作り直したら、ますます愛着(食欲?)がわいてきました。 







さて、今回バッグの口のところにつけたマグネットボタン(ホック)。 
マグネットボタンはmegosuri並みに不器用でも、簡単につけられてとても便利な金具です(^_-) 
よく見る金具ですが、つけたことがない!という方のために今日はちょっとつけ方をご紹介♪ 
といっても、つけるときに写真を撮っていなかったので、写真が足りず、ちょっとわかりにくいかと思いますが、ご参考程度に…。

 
こういうのがマグネットボタンです↓ 

 

これがワンセット↓

 

布の裏に隠れて見えなくなる、穴の開いたパーツが2つと、表に見える凹凸のパーツが1つずつ。

このセットを、布をはさんで、こんな状態にするんです↓



マグネットボタンは、自然にくっついてくれるので、開閉が楽なのがいいんですよね。
でもその分、布に負荷がかかりますので、つける付近に接着芯を貼って補強をしておきます。

今回は、表布と内布の間にドミット芯をはさむことにしていましたので、ドミット芯をめくって、内布(マグネットボタンをつけるのは内布の方ですので)の裏に接着芯を貼りました。 

 

そうしたら、内布の表側から、パーツの脚を通して、裏側に出します。
次に、脚に穴開きパーツを通して、脚を折り曲げます。
これで完成♪
とっても簡単です。


この写真は内布の裏側です。
ドミット芯も含めて留めつけました。


脚を通す前に布に穴を開けるのですが、私はいつも、先が鋭めのハサミで細く切れ目を入れて、そこに脚を通しています。 かなり適当です。 


マグネットボタンには縫いつけタイプのものもあって、完成したバッグにつけたい!という場合や、手縫いが得意な方には縫いつけタイプが便利ですね。

ご参考までに、縫いつけタイプはこんな感じのものです↓



まわりの穴のところに糸を通して縫いつけるようになっています。


便利なマグネットボタン、ぜひお試しください♪










Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

小さなミルクピッチャー入りのピンクッションを作りました。
そこで今日は、ガタガタ村特製・簡単ピンクッションの作り方をご紹介(「それは知っておるわい!」という声が聞こえたような…)♪
 

まず、使いたいミルクピッチャーの直径より1.5〜2cmほど大きめに好きな布をカットします(もっと大きい方がよかったかもしれません…)。

この赤のドットの生地は、たびたび登場しているデコレクションズのもので、持っている中で最も気に入っている生地のうちの一つです。

 カルトナージュの箱を作ったこともあります^^



次に端から5mm付近をぐし縫い(並縫い)します。

ここで、megosuriなりのポイント。
糸は2本どりにし、玉結びをしたら、針を表から入れ、表に出します。
最後に糸を引き締めるので、2本にしておいた方が、切れたりせず丈夫なんですね。
そして、表から入れて表に出した方が、糸が引きやすいです^^
最後はまだ糸を切らないでおいてくださいね。



一周縫ったら、糸を引きます。
ある程度丸まってきたところで、 



少しずつ綿を入れます。



ところで、私がいつもピンクッションに使っているのはこの綿です↓



この綿で作ると、ピンクッションがなんともいえず、ふんわりとした手触りになるのもいいんですよ。
まあ、これでいいだろう、というところまで綿を入れたら糸を玉止めして切ります(私はよく玉止めを失敗して、途中に玉ができてしまったりするのですが、そんなときも糸が2本どりなら、玉を切って、固結びにすればいいので便利です(^_-))。

これだけでもいいのですが、綿が見えているのがなんだか気になる、という場合は、フェルトをかぶせてもいいですね。



綿が隠れるくらいのサイズにフェルトをカットして、縫いつけましょう。



できました。
さすがにガタガタ村、ガタガタな柿のようです…。 



これを、フェルトを底側にして、ミルクピッチャーに押しこむと、かわいいミニピンクッションのできあがり♪



ところが…深さのあるミルクピッチャーなので、ちょっと押したら下へ行ってしまいました…。
下に何か入れたり長くしたり、もしくは接着剤をつけたりしたらいいのかもしれませんね。
でもせっかく作ったものなので、他にもあるピンクッション候補のミルクピッチャーやココットなどを引っ張り出してきました。
これらはすべて1年ほど前に、100円ショップ・Seriaで「ミルクピッチャーによさそう〜」と思って買ったもの。 
覚えてる!という方もいらっしゃるでしょうか。 



この中から、先ほどのミルクピッチャーより少し小さめのものを選び出しました。



ピンクッションの方が大きいです。



押しこんでみると、こちらも上に顔を出す感じではなく、底まで沈んでいきましたが、これはこれで、針がホールドされそうでいい感じ♪



指先ほどの小さなミルクピッチャー入りミニピンクッションができました!



お手元にかわいいからと買い集めたミルクピッチャーがあったら、ぜひ、作ってみませんか?
楽しいですよ♪



  

Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ