ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

作り方

こんにちは。
もうすぐ1月も終わり。
入園や入学に合わせて、また、好きな布で巾着を手作りしたい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
昨日 ご紹介した二枚仕立ての巾着の作り方を、今日から数回に分けてご紹介していきたいと思います。
説明や表示がうまくないのはどうぞご容赦くださいませ。
めんどくさくなく簡単で、裏も表もきれいな巾着の作り方です。
IMG_6026

作り方手順
おおまかな手順は次のとおりです。
1.裁断
2.口布(ひもを通す部分)作り
3.本体作り
4.口布と本体を合わせる
5.ひも通し

ではさっそく作っていきましょう。
今日は手順の1と2です。

1.裁断
IMG_5977
裁断サイズは入れるもののサイズやお好みに合わせて決めましょう。
ここでは30cm定規を使ってサクッと作れるサイズにします。
表: 縦60×横30cm 1枚
裏: 縦60×横30cm 1枚
口布:縦 7×横30cm 2枚

お好きな布を選んでくださいね。
手芸店の店頭に入園入学用で置いてあるような布が扱いやすいでしょう。
柄に向きがある場合は、表も裏も、半分のサイズで2枚ずつ用意してつなぎ合わせて使用していきましょう。
裁断したらどの布にも裏側からアイロンをかけます。
表布と裏布は、中表に半分に折ってアイロンをかけておくと後々スムーズです。

2.口布作り
続けて口布に縫いやすいようアイロンをかけていきます。
口布を裏を上にします。
短辺の両端を2cm折って、アイロン
IMG_5978

一旦広げ、アイロンの線めがけて折ってアイロン
IMG_5979

そうすると1cm折れました。
IMG_5980

もう一度最初の2cmの線で折って、きれいにアイロンをかけます。
IMG_5981

これで1cmの三つ折りがきれいで簡単にできました。
IMG_5982

ここまででこんなふうになっています。裏が上になっている状態です。
IMG_5983

長辺側を半分に折って、アイロン。これで外表の状態です。
IMG_5984

長辺側を広げてから、短辺側の両端の三つ折りした部分をミシンで縫いましょう。
糸の色は布の色に合わせましょう。またポイントになる色を選んでアクセントにするのもいいですね。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしましょう。
アイロンをきれいにかけてあると縫いやすいです。
IMG_5985

できました。
IMG_5986

縫ったところにアイロンをかけるとともに、もう一度長辺を半分に折ってアイロンをかけ直しておきましょう。これで口布作りは終了です。
IMG_5987

お疲れさまでした。続きはまた次回にしますね。





スポンサーリンク

 

昨夜からフィギュアスケートに釘づけのmegosuriです。
クリスマスプレゼントの一環(?)で、透明な石けんを手作りしました。
以前記事にしたこともある、アロマ石けん です。




バレンタインのチョコレート作りにちょっと似ていて、グリセリンソープを溶かして固める、というやり方なので、とっても簡単♪

グリセリンソープは、楽天市場の「カフェ・ド・サボン」というお店のもの。
こちらの500gを購入しました。
今品切れのようなので、100gの方の商品ページへのリンクを貼りますね。

*楽天市場の商品ページへ飛びます↓


この石けんを、包丁でザクザク切って、電子レンジで2分ほど加熱します。
このとき耐熱のカップがあると便利です。

*楽天市場の商品ページへ飛びます↓



様子を見ながら加熱して、完全に石けんが溶けたら取り出して少し冷まします。
粗熱が取れたらエッセンシャルオイル(精油)を足して、シリコンカップに流し入れます。
私はネロリとフランキンセンスを入れてみました。

シリコンカップは、こんな感じ↓のお菓子作りに使うようなものです。
これだと、完成したときにくるっとひっくり返すと簡単に石けんが取り出せるんですね。


そのまま1時間以上放置すると固まります。
取り出して完成。

ぜひお時間のあるときにゆっくりと作ってみてくださいね^^

素敵なクリスマスを!


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

雨続きです。
洗濯物が乾いているのか乾いていないのかがよくわからない状態です。
Creemaに出品するための写真も撮りたいのに撮れない…。
10月いっぱい降るかも、とも言われているようですね。

今日はipod touchとモバイルバッテリー用のとても簡単なケースを作りました。

左がipod touch、右がモバイルバッテリーです。

ipod touchはWi-Fi環境で使えるので便利なのですが、あまり活用していませんでした。
でもこれ、iphoneよりかなり安価なのに電話だけが使えないiphoneというものでとてもいいんですよ。
直接SIMは入れられませんが、モバイルルーターがあれば外でもインターネットにつながるのでメールなどもできます。
格安SIMをモバイルルーターに入れて使うと格安スマホ(?)のできあがり、ですね。
ipodはカラーバリエーションも鮮やかで楽しいんですよ。
あ、話がそれてしまいました。

私がipodを購入したのは、そもそもスポーツジムで音楽を聞くためだったのですが、これまではテレビを見てしまっていたので、昨日初めて使ってみました。
すると、いつもは思いの外テレビに見入っていたのか、ランニングマシンでだんだん後ろに下がっていってしまっていたのが、快調に運動できたんですね。

それで、これからはipodも持っていこう、と思い、ケースを作りました。
背面ケースや保護シートはつけているのですが、バッグに直接入れるのはキズなどの面でちょっと心配なので、サクッと入れていけるものを、と思ったんです^^

あ、話が長くなってきました。
モバイルバッテリーはこちらです↓


ほとんど外出しない私ですが、たまに出かけたときに充電できてなかった!ということがあるので、念のため持っています。
軽くてシンプルなのが気に入っています。
こちらも他のものとぶつかってがちゃがちゃしないよう、お揃いでケースを作りました。










作りはとても簡単なのですが、ご参考までに説明しますね。
サイズはipodを布に当てて決めました。
タテ17cm、ヨコ20cmほどです。
キルティング生地を使いました。
まずは周りをぐるっとロックミシン。
そして上端を裏側に1cm折って、直線ミシンで縫います。



お好みでタグを縫いつけて。


あとは中表に半分に折って、端から7mmあたりをL字に縫います。



表にひっくり返して形を整えて完成。
留め具などもなしの、とっても簡単にできるケースですが、バッグに入れるときになんとなく安心です。
充電口を上にして入れれば、ケースに入れたまま充電できます。



真っ白なキルティングなので、タグでほんの少しアクセント♪


もっと丁寧に作りたいときは裏地をつけてもいいですね^^





Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


先日、さらっと簡単コースターの作り方を書いたところ、大変ご好評いただき(えっ、ほんと??)、サニタリーポーチの作り方も知りたい!とのご要望をいただきました。
megosuriの作り方なんてだれにもあてにされてないかも…と思っていたのでとてもうれしかったです♪
ありがとうございました。 


サニタリーポーチも、基本的にはコースターと同じ作り方なので、とっても簡単なんですよ^^
今日作ったのはサニタリーポーチと作り方は同じなのですが、ワンポケットのポーチです。
まずはこちらの作り方からご紹介したいと思いますが、よろしいでしょうか。 


1.表布、裏布、ポケット布を1枚ずつ用意します。 
 表布と裏布は同じサイズです。
 (表・裏)短辺の長さ×2−2cm=長辺 (ポケット)表・裏の短辺と同じ長さの正方形
 
 私は表と裏は14×26cm、ポケット布は14×14cmにしました。 
 入れたいもののサイズで決めてくださいね。
 また、しっかりさせたいときには表か裏に接着芯を貼ってもいいと思いますが、オックス生地やキャンバス生地などを使うとその必要がなく、ワンステップ省略(楽)できます。  
今回は表も裏もキャンバス生地にしました♪



2.ポケット布の一辺を1cmの三つ折りにします。
まず先にアイロン定規を当てて2cm折ってから、 


その線めがけて1cm折って、もう一度最初につけた折り線で折ってアイロンをかけると簡単♪



3.折ったところの端をミシンで縫います。
矢印の入り方が変ですが、まっすぐに縫ってください^^; 


できました。


4.できたポケット布を、三つ折りした側が裏布の中心側に来るように裏布の表側に乗せます。
そして、端から5mmのところをコの字状に縫って、仮止めします。
 


5.表布と裏布を中表になるよう重ねます。
 柄に向きがある場合は、このときよく注意してくださいね。 



6.返し口を5cm程度残して、端から1cmのところをぐるっと縫います。
返し口の場所ですが、後の手縫いのしやすさを考えると、ポケットのない辺りに作るといいと思います。
縫い終わったら、糸を切らないよう注意しながら四隅を切り落とします。 
こうすることで、表に返したときの厚みを減らします。
コースターと同じですね^^
 


また、特に返し口のところはアイロンで縫い代を割っておくときれいに仕上がります。



7.表に返してアイロンで整えたら、返し口を縫い閉じます。



角はなめらか目打で出すと、出しやすいです。


8.完成♪
 


レシピが8番までになりましたが、簡単に言えば1枚布を縫いつけてからコースターを作るということですね(^_−) 

表側を広げるとこんな感じ。
レモンがさわやか。 



内側にポケットがひとつ。
超スリムタイプのナプキン2枚が楽に入ります。



入れたまま閉めるとこんな感じです。



留め具などはつけていませんが、ポケットやフタが深いので、飛び出す心配はあまりないと思います。







このポーチ、サニタリーポーチとしてだけでなく、ソーイングセットを入れたり、

ヘアゴムやお菓子を入れたり


いろんな使い方ができますよ♪
とっても簡単なので、入れたいものに合わせてサイズも変えて、たくさん作ってみてくださいね。




Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。

昨夜までのオークション、ご覧いただき、ありがとうございました。
落札してくださった方々への発送はすべて終わりました。
到着までお日にちをいただきますが、楽しみにお待ちいただけたら幸いです。


さてハンドメイドをしていると、細いハギレが出ることがありますよね。
つないで布小物を作るのもいいですが、本当に小さなものの場合は、布(ファブリック)テープにするのも楽しいです。

今日は布テープの作り方をご紹介しますね。
「そんなことは知っておるわい!」と言われるかもしれませんが…(^_−) 



材料はハギレと両面テープ。
紙用などの両面テープでは布にうまく貼れないので、「超強力 布用両面テープ」を使っています。 

まず布の裏に両面テープを貼ります。



できあがり♪
とても簡単です。
貼るときに剥離紙を剥がして使います。

シンプルな封筒や、透明な袋でラッピングしたときなどに、ちょこんと貼るとかわいいです^^  




にほんブログ村テーマ ハンドメイド&かわいい雑貨のある暮らしへ
ハンドメイド&かわいい雑貨のある暮らし

ハギレがテープとしてはちょっと大きめだな、という場合は…


先に両面テープを間隔をあけて貼ってから裁断すると、貼りやすいです。
 

2枚できました^^



ほんのすきま時間にこんなにできました♪


ブラックウォッチのテープが特にお気に入りです^^


明るい色のハギレで作ったテープもいいですね。


少し大きめのハギレに英字柄などのスタンプを押してから、切り離してテープにするのもおしゃれな雰囲気で好きです。

糸が出ている場合は軽くカットして作りますが、ちょっと曲がっていたり、ほつれていたりするのも味があっていいなと思います。

小さいハギレがありましたらぜひ、お試しくださいね♪♪





**2つのブログランキングに参加中** 
1日1回のクリックでランキングがアップします♪ 
いつも応援してくださってありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ



人気ブログランキングへ


 


できあがったテープは浅めのトレーに入れてスタンバイ。
どれにしようかな〜と選ぶ時間も楽しそうですね。



Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ