ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

作り方

こんにちは。
先日の日記で、みまもりケータイを購入したと書きましたが、こどもに持たせることもあり、持ち歩き用のケースを作りました。

糸を買おうと見ていたインターネットの糸屋さん『ボビン』というお店で、二重構造になっていて、通気性・耐久性に優れているというポリメッシュ生地を見つけて、初めて使用してみました。
ケータイのプリンセスパープルに合わせ、「パープル」を購入。
写真ではちょっと青っぽく見えますね;
IMG_7054

防犯ブザー部分が外に出せるよう、底部分を少し開けています。
IMG_7056

ケース入り口にはプラスナップをつけました。
IMG_7057

生地の色合いはこちらが一番実物に近いかもしれません↓
IMG_7058

ケースを裏返してお見せしますね。
このようにケータイを逆さまにして入れている状態で使います。
IMG_7059

とても簡単なやり方で作りましたので、ご紹介しますね。
よろしければ参考になさってください^^
IMG_7060

みまもりケータイ・au mamorino(マモリーノ)4用持ち運びケースの作り方

用意するもの
・ポリメッシュ生地 タテ16cm×ヨコ21cm(生地にケータイを当ててざっくりと決めました)
・プラスナップ1組(9mmのものを使用しました)

作り方
裏を上にして生地を広げて、上の端を1cm折り曲げ、ミシンで縫います
(1cmといっても厚みがあるので1.5cm近くになってしまいますがそれでOKです)

IMG_7061

生地を中表に半分に折り、布端から1cmのところをL字に縫います
このとき、底部分の真ん中3cmは縫わないようにしてください。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをお忘れなく!
*3cmの開き部分はまた別に補強で縫った方がいいのかもしれませんが、簡単に作ることを優先して何もしていません。
IMG_7062

縫い終わったら生地がもうケース状になっていますね。
そうしたら3角を縫い糸を切らないよう注意しながらカットしてください(写真をご参照ください)。
こうしておくと、表に返したときにもこもこしにくくなります。

プラスナップをつけます。
上を折って二重になっているすぐ下につけましょう。
念のためケータイを入れて確認しながら位置を決めてくださいね。
IMG_7063

プラスナップですが、「プラスナップスタータキット」というものを使いました。
ハンディプレスとプラスナップがセットになった便利なキットです。
プラスナップはこのハンディプレスでつけると簡単です↓
IMG_7064

スナップは3種類。
「バネ」と「ゲンコ」、そしてカバーになる「ヘッド」。
「ヘッド」は「バネ」と「ゲンコ」両方と組み合わせて使いますので、2倍入っています。

小さなジッパーのついた袋に種類別に入れて、名前を書いた紙片も一緒に入れています。
袋に直接書いてもいいのですが、袋が再利用できるようにこうしています(←ケチ…)。
IMG_7065

そうしてまとめてこのようにして袋に入れて保管しています↓
IMG_7066
この大きい袋は、小児科で出してもらう薬が入っている袋を再利用しています(^_-)

プラスナップのキットはインターネットでも購入できますね。
こちらは私の持っているキットとは違いますが、おそらくハンディプレスは同じものだと思われます。

*楽天市場にジャンプします


花柄ハンディプレスのキットも↓


花柄ハンディプレスの福袋もありますね↓


以上ご紹介した画像はクリックするとMYmamaというお店のページにジャンプしますが、このお店はいつ見ても楽しいですね↓


プラスナップのつけ方は、商品の中に一緒に入っていると思いますので割愛しますが、つける位置に目打ちで穴を開けてからつけることと、ハンディプレスやスナップの向きを間違えないようにすることが注意点かなあと思います。
一旦ヘッド+ゲンコ、ヘッド+バネを手で軽くプチッととめてから(文字通り)最後の締めにハンディプレスを使うとやりやすいです。

ケースができあがったら、ケータイを逆さま(防犯ブザーを底側)にして入れ、底の穴から指を入れて防犯ブザーを引っ張り出してくださいね。
3cmほど開いていないと引っ張り出しにくいのでご注意ください♪
IMG_7055

mamorinoを買った、という方はよかったらぜひ作ってみてくださいね。




スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

ミシンでいろいろ作っていると、ハギレが出ますよね。
ふつうの布のハギレはつなぎ合わせて何か作れそうですが、ラミネートの生地はなあ、と思っていました。
ふと思いついて、細長いハギレをタテに二つ折りして本に挟む“しおり”にしてみました。
IMG_6777
端がほつれる心配がありませんので、外表に折って、ミシンの押さえをラミネート押さえに変えてからぐるっと端縫い。
IMG_6779
ハトメパンチで穴を開けて真鍮のハトメをつけ、これまたほんの少し余った革ひもを結びつけました。
ハトメパンチは厚紙にしか使ったことがなかったので、うまくできるか不安でしたが、大丈夫でした。
IMG_6778
私が使っているのはこちらのハトメパンチとハトメです(楽天市場の商品ページに飛びます)。



ラミネート生地で作ったしおり、自分で使うのはもちろん、ちょっとしたプレゼントにもよさそうです。

IMG_6780






スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
先日、「ミシンで手作り・あると便利な道具たち」をご紹介しましたが、一つご紹介していなかったものがあります。
それが「アイロン定規」。
布端を折り曲げるときに活躍します。

材料
はがきくらいのサイズ、厚みの厚紙があれば、自分で作れますので、ミシンを始める前に作ってみてはいかがでしょうか。
下着やストッキング、タイツなどの台紙があったらぜひ捨てずに作ってみましょう。
お気に入りの絵はがきを使ってもいいですね♪
あとはペンと定規があればOKです。
IMG_6085

作り方
作り方ですが、必要な線を引くだけ。
5mm、1cm、2cm、3cmの4本くらいでいいのではないでしょうか。
もっと他に必要になったら自由に書き足してくださいね。

IMG_6086
IMG_6087

既製品もあります
私は今は既製品のアイロン定規を使っているのですが、それは厚紙のアイロン定規だと非常に熱くなってしまうためです(不器用なので、自作のものは見栄えが悪いというのも大きな理由です…)。
クロバーのものです。
IMG_6084

楽天市場の商品ページに飛びます



「ロング」もあるんですね。

楽天市場の商品ページに飛びます



アレンジ
熱くなりすぎるのを防ぐために、自作のアイロン定規に穴をあけて使う方もいるそうです。
こんなふうにパンチで穴をあけるといいですね。
IMG_6090
器用な方は、線を引くだけでなく、スタンプを押したり、マスキングテープを貼ったりとちょっとおめかししてもいいかもしれません。
スタンプを押したら乾いてから使うようにしてくださいね。

こんなふうにして使いましょう
「布端を2cm折りたい」ときは、布の裏側にアイロン定規を当てて、2cmのところまで布を折り返します。
IMG_6088
アイロンでしっかり押さえたら完成。
IMG_6089
まずは手作りのアイロン定規でミシンを始めてみませんか。









Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
裏も表もきれいなかんたん巾着、3回に渡って作り方をご紹介しました。
*1回目はこちら
*2回目はこちら
*3回目はこちら

今日は作る際に使った道具類を簡単にご紹介しますね。
私がそうなのですが、他の人が使っている道具って気になりませんか?
ちょっとのぞいていってくださいね。
IMG_6033
今回巾着を作るのに使った主な道具は以下の通りです。
IMG_6057
①糸切りバサミ ②リッパー ③マチ針&ピンクッション ④クリップ
⑤チャコペン ⑥方眼定規 ⑦裁ちバサミ ⑧安全ピン ⑨メジャー(巻尺) 
⑩アイロン

ひとつずつご紹介していきますね。

①の糸切りバサミは手縫い、ミシンにかかわらず、裁縫をするなら持っておきたいものですね。
もともと刺繍用に使っていたハサミなのですが、使っていた糸切りバサミがよく切れなくなったので最近はこれを使っています。鶴型のハサミです。

②のリッパー。
今回はしつけ糸を取るのに使いました。
縫い直したいときに、糸を取るのに便利です。
ミシンの付属品として入っていることも多いですが、コンパクトでちょっと使いにくいんですね。
頻繁に使いそうだと感じて購入しました。クロバーのものです。

楽天市場の商品ページに飛びます



③布を重ねてとめるときに使うマチ針。ピンクッション(針山)があるとより便利です。
写真のピンクッションは以前作ったラベンダーのサシェ です。
④のクリップは、マチ針と同じような働きをするものですが、針を使いたくないときや、針が刺せない生地(ラミネートや厚地等)をとめたいときなどに便利です。
透明なタイプがすっきりとしていておすすめです。


楽天市場の商品ページに飛びます



他にピンク色のタイプや

楽天市場の商品ページに飛びます



ロングタイプもあります。

楽天市場の商品ページに飛びます


お好みや用途に合わせてお選びくださいね。

そしてこれも手作りには欠かせない⑤のチャコペン。布に印をつけるのに使います。
チャコペンは、ゆっくり消えるもの、すぐ消えるもの、水で消えるものなどいろいろなタイプがありますね。
よく見かけるのはこちら↓のように、太い線と細い線の両方が書けるようになっているものかなと思います。

楽天市場の商品ページに飛びます


ところが私はどうも細い方が使いこなせないので、太い方ばかり使うのですが、そうすると使うときに「どっちが太い方だっけ?」とめんどくさいので、クラフトハートトーカイというお店で購入した、太字だけの紫色のチャコペンを使っています。
濃い色の布に印をつけるときは、黄色い色鉛筆のようなチャコペンシルを使っています。

楽天市場の商品ページに飛びます



⑥の方眼定規。
こちらも印つけの際とても便利です。
30cmタイプと50cmタイプの両方を持っています。
作るもののサイズに合わせてお選びくださいね。

楽天市場の商品ページに飛びます


 

楽天市場の商品ページに飛びます



⑦の裁ちバサミ。
布を切るときの必需品ですね。
私が今使っているのはクロバーのハサミです。

楽天市場の商品ページに飛びます



⑧の安全ピン。
巾着のひもを通したり、ゴムを通したりするときに使うと便利です。
⑨のメジャーは今回、ひもを測るときに使いました。写真のものは以前無印良品で購入したものです。

最後に⑩アイロン。
アイロンは布を整えたり、縫い目を整えたり、三つ折りするときなどに必要ですね。
今はティファールのアイロンを使用しています。

楽天市場の商品ページに飛びます


このアイロンを購入したときの記事はこちら
その前のアイロンを購入したときの記事はこちら

道具はこだわり始めるといろいろありますよね。
私は楽天市場やamazonなどのレビューも十分にチェックした上で購入しているつもりなのですが、先走ったな、と思うことも多々あるので、はじめは手元にあるものを利用して、おいおい揃えていくのがいいかなと思います。
IMG_6035
ところで私が特に愛用しているミシン糸の色番号をお教えしますね。
フジックス・シャッペスパン60番の「103」です。
IMG_6036
生成り色の糸で、さまざまな生地と合わせやすくて気に入っています。
ミシンを始めた頃は、コンパクトな200mのものを購入していましたが、この色は非常によく使うので、700mを買うようになりました。

楽天市場の商品ページに飛びます



楽天市場の商品ページに飛びます



今はもっとお得な糸をインターネットの糸屋さん「ボビン」で購入しています。
最初に買うときに、「シャッペスパンの103に近い色の糸」をお願いしたところ、「キングスパンの83」というお答えでしたので、それを使っています。
インターネットで糸を買う場合は色見本帳もあると選びやすいですよね。
糸以外にもいろいろなものが販売されていて楽しいお店です。






スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでいただき、ありがとうございます。
裏も表もきれいなかんたん巾着、3回に渡って作り方をご紹介しました。
*1回目はこちら
*2回目はこちら
*3回目はこちら
ご紹介に使ったブロックチェックの巾着を今日は写真でもう少しご紹介したいと思います。

やわらかな手触りのコットン。
ブラウンのブロックチェック柄が温かく大人っぽい巾着です。
IMG_6028
サイズは、幅およそ27.5cm、口布まで含めた高さが31cm、口布を除くと28.5cmです。
マチはありません。
学校へ通うお子さんの上履きやエプロン、体操服を入れたり、大人の方でも着替えを入れたり荷物を整理したりと便利にお使いいただけるサイズです。
巾着はただ飾っておくだけでもかわいいですよね。

タグもナチュラルに葉っぱ模様のものにしました。
IMG_6027
こちらはタグを縫いつけたのとは反対側です。
IMG_6032
口布も共布です。ひもはリネンを使い、布のナチュラルな雰囲気を引き立てています。
IMG_6031
ブロックチェックの巾着です。
IMG_6026
リバーシブルでお使いいただけます。
内布はモカベージュのストライプで、こちらを表にするとまた違った雰囲気になりますね。
IMG_6029
お好きな方を表にしてお使いいただけます。
IMG_6030
ぜひ作り方をご覧になって作ってみてくださいね。
なおご紹介したブロックチェックの巾着は、Creemaにて販売いたします。
商品ページはこちらからどうぞ
自分で作るのではなく完成品がほしいという方がいらっしゃいましたらどうぞご覧くださいませ。
次回は巾着作りに使った道具について書きたいと思います。








スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ