ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

こども用

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

8月もお盆をすぎました。

夫は旅行や出張に行くと必ずタオルを持ち帰るので、我が家には薄手のタオルがたくさんあるんですね。
ちょうど8号帆布を縫ったところでミシン針を16号にしていることもあり(雑巾は厚手になりますので、針には気をつかいますよね)、2学期が始まったらベビ太が雑巾を持っていかなければならないこともあり、たまっていたタオルを一気に雑巾にしました。
全部で14枚!


なぜか小学校も保育園も、持っていくときは「2枚」と決まっているので、2枚ずつ二つ折りにして保管しておきます。
1組はランドセルに入れましたが、まだ予備で6組ありますよ♪
これで当分雑巾づくりとはおさらばです。

雑巾づくりってとても糸を使うんですよね。
上糸は大巻の糸を使うのでまだいいのですが、

下糸は3回か4回ボビンを入れ替えたかも…。
最初は×に縫ったりしていましたが、なんだかタオルのループがミシン糸に引っかかりそうになるし糸も消費するので、最後は四角く縫うだけにしてしまいました。


ところで、家で掃除のときに使う雑巾は「雑巾型」にはせず、古くなったフェイスタオルをそのまま使っています。
バスタオルなどは4つに切ったりしますが、こちらも乾きやすいよう縫ったりはしていません。
玄関のたたきなどをふくとあっという間に穴だらけになり、躊躇なく使い切って処分しています。
ただ工夫していることは…


まだそれほど雑巾として使っていないときにフェイスタオルと間違えないよう、雑巾の「ぞ」を大きく書いておくようにしています。
夫が間違って使う分にはいいのですが(えっ?!)、これで夫がこどもたちの顔などをふいてしまうといけないので^_−☆

Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。

昨日の大雨から一転、私の住むところでは今日は朝から強烈な日差しが降り注いでいます。
雨が続く地域の被害が大きくならないことを祈るばかりです。


布をオープン収納にしたところ、下の娘・ベビ次郎がさっそくやってきて布をチェック。
そのときに「これでズボン作って〜」と言った生地で、キュロットを作りました。


パターン:「a sunny spot 女の子のまいにちの服」より『オールインワン風パンツ』110

キュロット(オールインワン風パンツ)の型紙はこちらの本からです↓



YUWAのローズ柄の生地です。
水色の大小のドットがとてもきれいでかわいいデザインですね。


縫い終わったところで、ゴムがなかったので、ゴムを入れない状態で写真を撮りました。
というのも、でっかいパンツ、といった風情がおかしかったので。
こどもたちのズボンのゴムは、下着にいいらしいという8コールの平ゴムを使っています。
締めつけられる感じがないようで、こどもたちに好評です。











昨日実家から野菜が送られてきました。
父が育てたトマト、きゅうり、なす、オクラ、玉ねぎ、かぼちゃ、ゴーヤなどに混じって、こどもたちへのプレゼントや、2枚の生地が入っていました。


母に、今度友人たちに会うときに持っていきたいのでこの生地でコースターを作ってくれと頼まれたんですね。
よく見ると花柄の生地の方は、YUWAのもののようでした。
斜めストライプの方はミミに表示がなかったのでわからないのですが、こちらもかわいい生地ですね。


送られた生地の他に手持ちの生地も使ってコースターのプチギフトを作ろうと思います。


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
いろいろとゴタゴタしており、久しぶりの更新になってしまいました。
いらっしゃってくださっていた方には申し訳ありません。

ようやく上の娘・ベビ太用のイエローのアンティークローズのキュロットが完成しました。

パターン:「a sunny spot 女の子のまいにちの服」より『オールインワン風パンツ』140

キュロット(オールインワン風パンツ)の型紙はこちらの本からです↓



ウエストには2本ゴムを入れています。
ウエストがキュッと締まっていて、裾に向かってふわりと広がっているので、はいているとスカートのように見えそうです。
こどもたちはスカート好きですが、親としてはスカートはちょっと心配なので、これはうれしい形です。


レシピにはありませんでしたが、両脇にポケットをつけました。
ポケットを作る際はRickRackの「ママとわたしのショートパンツ」 の作り方を参照しました。
また、全体の作り方も本とRickRackの両方をミックスして仕上げました。

それにしても、本から型紙を写し取るというのはやはり面倒な作業だなあと思いました。
縫い代が入っていないので、縫い代を足したりして…そういう意味では切るだけになっているRickRackの型紙のようなものは便利ですよね。
割高になるのかもしれませんが、いろいろな手間を考えると、そう割高でもないように思えてきます。


先日作ったRickRackの「ママとわたしのショートパンツ」 の130と比べると、キュロットは140サイズにしたとはいえ、かなり大きさが違いますね。


この生地、RickRackの会員なら安く買える生地なのですが、なんともいえず素敵な生地です^^



Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。


先日作ったアンティークローズのショートパンツ と色違いの生地で、キュロットを作りました。


パターン:「a sunny spot 女の子のまいにちの服」より『オールインワン風パンツ』110

私、すっかり勘違いをしていたのですが、上の娘・ベビ太が今も無理やりはいている110サイズのショートパンツはRickRackの「ママとわたしのショートパンツ」 の110だとばかり思っていたのですが、こちらのパターンの方を使ったキュロットのようなパンツだったんですね。
それで今はショートパンツに見えるわけです。

先日 ベビ次郎にとRickRackの110を作ってみて、「いや、いくら無理やりにでもこの大きさのパンツが今のベビ太にはけるはずがないぞ」と気がついたんですね;
先にブログをチェックしてみればよかったです。

ご参考までに今もベビ太が毎日のようにはいてくれているパンツ3つです↓
金魚柄のキュロット
リップスティック柄のキュロット
マリンボーダーのキュロット

ゴムを入れる前のパンツは「おじさんのパンツか?!」というくらいゆったりしていたので、110でも入ったんですね…。

先日のブルーも素敵でしたが、イエローのアンティークローズも大人っぽくて素敵な生地です。



ウエストと裾は三つ折りで仕上げています。




この本、90〜140サイズのこども服が載っているんですよ。
140まで載っている本はあまりないように思いますし、おしゃれな服ばかりで見ていると楽しいです。
モデルの女の子もとってもかわいいんです^^

さあ、130か140の型紙を写し取ったら今度こそベビ太に作ってあげたいと思います。









Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


上の娘・ベビ太のリクエストで久しぶりにチュニックを作りました。



パターン:a+ KIDSチュニック 110

実はベビ太は4年前に作ったりんご柄のチュニック を今でも着てくれているのです。
110サイズなので今ではチュニックというよりプルオーバー状態(^_−)
ガタガタな縫製でしたので、かなりボロボロなのですが、学校へも着て行っているくらい気に入っているようです。ありがたいことです。

改めて作ってみて、レシピが結構シンプルなのに、よくあのとき作れたなあ、と感じました。
そのため、以前よりはきれいにできたと思いますが、今回も細かい部分でどう処理したらいいのか迷ってしまって、その結果いろいろ気になる点があります。
ただ、ニットではなく布帛で上の服が作れるのがいいんですよね。

生地はベビ太の指定。
私はこれで七分丈パンツを作ろうと思っていたのですが、彼女は先日作ったアンティークローズのショートパンツ にこれを合わせるつもりのようです。

前にはギャザーを入れてふんわりさせています。
バイアステープはベビ太の好きな水色。いちご柄がかわいいです^^


袖はフレンチスリーブ。
この部分がちょっとわかりにくかったです。

後ろ側はこんなふうにあきがあって、前からバイアステープが続いています。
このバイアステープをリボン結びして着用します。



4年前に作ったりんご柄のチュニック には、アイロン接着のバイアステープを使ったのですが、硬さがあって、リボン結びがしにくかったため、今回はふつうのバイアステープを使用しました。
お店に行くといろいろな種類のバイアステープがあっていつもどれを買おうかと迷っていましたが、いろいろやってみて、縫いやすさの面からも「両折」のバイアステープが私には合っているようです。






Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ