ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

カルトナージュ

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

また眼科へ行く予定ですが、結膜炎、もう少しで治るかなあと期待しています。
更新ができていない間も、たくさんの方にお越しいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

さて、少し眼が落ち着いてきたので、日本ヴォーグ社の「はじめてのカルトナージュⅡ 通信講座」の3つめの作品を作りました。







ペン立てです。

この生地、手元にあったものと同じもので、この講座でも使われているのを見てうれしくなったものです。
ちょっとレトロな雰囲気の花柄が、とてもかわいいですよね。

このペン立ては、まず水貼りテープなどで箱を組み立ててから、布を貼っていきます。
最後に台座を作って箱と貼り合わせて完成するのですが、作り方を見ながら作っていたら、あっという間。

カルトナージュは、作っている途中は“工事中”といった感じで、水貼りテープやら折り代やらがちょっと見苦しいのに、作っていくうちにうまくつじつまが合ってくるところがなんだかとても楽しいです。



これまでの3作品、勢揃い↓



リボントレー、フォトフレーム、ペン立てと作ってきました。
講座のレッスンはあと2回。おまけの1回もあります。
また作るのが楽しみです♪


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。

先日裁断を済ませたカルトナージュの通信講座の2つめのレッスン、「フォトフレーム」が完成しました。





角の処理の仕方や(角の処理、難しいです、まだきれいにできません…)、ちょうつがいの作り方、写真が出し入れできるフレームの作り方などをふんふんと思いながら作っていき、フレーム内窓の開け方もへえ~と思いながら作り、さて、フレームを本体につけるぞ!という段階になって、ハタと気がつきました。

そう、フレームの内側に貼るはずの生地がないことに。
裁断したときに気づくべきでしたが…。

もう一度よくよく見てみると、「作品シート」に掲載されている完成写真のフレームには、生地が何も貼られていないではありませんか!

でも、テキストでは、フレームにも生地を貼るように書かれていて、たった今、なるほど~と思いながら貼ったばかり。

この講座、以前も書きましたが、受講しようと思ったときには終了になっていて、最近新しい講座(Ⅱ)になったもの。

このためか、テキストは終了になったときのもので、テキストに載っている使用生地などもそのときのもの、裁断サイズと完成写真の記載された「作品シート」は新しい講座のものになっているんですね。

それでこのようなことになったものと思われます。


しかたがないので、フレームの内側(写真が入るところですね)には、手持ちのピンクチェックのコットンを使いました。



「作品シート」の完成写真では、ここに本体と同じ生地が貼られているのですが、写真を入れてしまえば見えなくなるところですので、結果オーライ、ではないでしょうか。



そして最後に…裁断した深緑色の製本用クロスが2枚、余りました。
もしかしたら、これをフレーム内側に貼ればよかったのかしら??

この講座にはDVDもついていて、もしかしたらそれにはきちんと説明があるのかもしれませんね。
音が出るとこどもたちが起きると思い、まだ見ていないのです。

私の今回の体験が、これからこのフォトフレームにチャレンジしようとなさっている方の参考になれば幸いです^^;


あ、フォトフレーム自体は、テキストでたくさんの手順を見たときにはひるみましたが、思ったよりすいすい進み、楽しかったです♪


ぱたんと閉じると本みたいですね↓






大好きなカワセミくんの写真を入れたところ↓




やっぱり素敵な生地です。





Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

カルトナージュの通信講座の2つめのレッスンは、「フォトフレーム」。

写真が出し入れできるフレームの作り方を学びます。
このレッスンでは、
・角の処理の仕方
・ちょうつがいの作り方
・写真が出し入れできるフレームの作り方
・フレーム内窓の開け方
を学ぶことができるとのこと、難しそうですが、わくわくします^^

夕べは生地や製本用クロス、ケント紙の裁断だけ。
カット済みの台紙もあります。



生地が、アメリカとフランスのエスプリ、古き良き、って感じで素敵です♪








Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

カルトナージュの通信講座の最初の課題、「リボントレー」ができあがりました。



前回の続きで、リボンを貼って、その上に内側側面を貼り、底面を貼って、全体にアイロンをかけたらもうできあがり♪



四隅のリボンを結ぶと側面が立ち上がって、平面だったものがトレーの形になるのがなんだか不思議で楽しいですね^^

リボンをきれいに結ぶのが難しかったのですが、あるコツでうまく結べました。
といってもあまり説得力のないリボン結びになっていますが、私にしてはきれいにできたんですよ。

私の場合、リボンの輪が向こう側、垂れている方が手前(自分)側で結ぶのが普通なので、ついトレーの手前にあるリボンを結ぼうとしてしまったのですが、それを、トレーの手前側のリボンを結ぶのではなく、向こう側のリボンを結ぶ方が、うまくいきました。

リボン結びがうまくいかない、という方のご参考になれば幸いです(というほどきれいに結べてはいないのですがね…)。




思ったより簡単にできて、かわいいので、また生地や大きさを変えて作ってみたいです。
リボンもぱっと目に入るかわいいポイントなので、いろんな組み合わせが楽しめそうですね。



Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

先日届いた、カルトナージュの通信講座の最初の作品、「リボントレー」を作り始めました。

四隅のリボンを結ぶと、側面が立ち上がるトレーです。
使用生地は、水色地にマカロン柄のものと、ピンクに白のドットのもの。
とても好きな組み合わせです^^

セットの中に、ボンドも入っていたのですが、薄めたりするのが面倒なので、以前ご紹介したカルトナージュグルーを使いました。
ヘラやハケはセットに入っていたものを使用。

作品シートにしたがい、生地を裁断し、あらかじめカットしてある台紙を指示どおりに貼っていきます。
そして、内側側面用の生地はケント紙に貼り(裏打ちし)ます。

夕べはここまで↓






机の上を広くして、下に敷くチラシなども準備して、きれいにして作業しないといけないなあと思いました。



Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ