ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

刺繍・ニードルポイント・こぎん刺し など

こんばんは、megosuriです。

先日、amalettさんのブログの素敵な記事、「わたしなりの刺繍の基本 1」について、この日記で紹介させていただきました。

そうしたところ、さっそくamalettさんから、私のとんでもない質問、ミーハー質問にも丁寧なお答えをいただきました(→質問のお答え♪)。
本当にどうもありがとうございます。

なになに、私、megosuriの「お人柄」とな。
「私、あのおしゃれな刺繍のブログの人に人柄がいいってほめられたよ!」と夫に伝えたところ、鼻で笑われました、というか、あまり聞いてもいませんでしたよ…?

それに人柄がいいのはamalettさんですね。
見ず知らずの私のために、ここまでしてくださる方はそうはいないでしょう。
インターネットを介してですが、こんな方と知り合えて、ブログを書いていてよかったなと思います。

さて今日は、amalettさんの「わたしなりの刺繍の基本 2」について。

amalettさんのお返事や私のamalettさんのブログに寄せたコメントへのお返事なども含め、amalettさんの書いてくださった文章を読んでいたら、いろいろ考えさせられることもあって、2について書くのが遅くなってしまいました。
あまりうまく言い表すことができないのですがそれは後ほど。

まずは、amalettさんの記事を印刷したテキストを見ながらの私のメモ。

サテンステッチは絵を描くようなステッチだなあと、そこが魅力だなあと思っていたのですが、きちんとトレーシングペーパーやチャコペーパーを使って下絵を描くんですね。
適当なのかと思っていました(適当なのは私です…ね)。

よく考えたら、私こそ絵心がないので、きちんとしないといけませんね。

そうそう、ここでちょっと思い出したので忘れないうちに…。

先日amalettさんに「シザーキーパー」の中に入っているはさみは何ですか?と質問したのですが、「シザーキーパー」とはもしかして、はさみ入れではなくて、はさみにつけるキーホルダーみたいなものでしょうか?
ストラップというか。
インターネットで「シザーキーパー」を検索していたら、なんだかそんな気がしてきました。
無知でお恥ずかしい…。

話は戻りまして…トレーシングペーパーやチャコペーパー、布をとめている赤いピアノのクリップがとてもかわいいです(関係ない!本当にミーハーですみません)。

鉄筆は買おうと思い、赤いクロバーのものを購入しました。
使うのが楽しみです。

疑問に思ったのが、サテンステッチをするときの「ガイド」です。

記事を読んでいると、「ガイド」とは先に刺繍する、刺繍の中心になる部分、のことかなあと思ったのですが、購入したばかりの初心者向けの刺繍の本(「大塚あや子の刺しゅうとアップリケの基本」)の“ボタンホールステッチ”のところで、この「ガイド」という言葉が出てきました。

どうも針の頭(穴があいている方でしょうかね)で線をつける、ということのようなのですが、amalettさんのこの花弁を刺繍していくときにも線をつけられた、ということなのでしょうか?

きれいに刺繍するには、どうもこの「ガイド」が大切らしい、特に私のようにガタガタになってしまう者には…という気がすごくしているのですが…。

今回の記事については、ここのみが疑問点でした。

【追記】
もう1つ疑問がありました。

ステッチをしていくとき、糸の色が変わるときは、一旦針から残った糸を抜いて、次の色の糸を通しますよね(ああ、わかりにくいですよね…)。

そこで疑問なのが、同じ色の糸の部分はまとめて刺繍してしまうのか、それとも、何度も糸を変えながら、真ん中から外へと刺繍していくのか、ということです。

でも、書きながら、やっぱりその都度糸を変えながら刺繍するんだろうな、という気がしてきました。
すみません、ついめんどくさがりなもので、まとめてやったら糸を何度も通し変える必要がないよなあと思ったもので…。
繊細な刺繍をするには、もっとマメにならないといけませんね。

サテンステッチのお花、とてもかわいいですね。
amalettさんは絵を描くのがお好きで、刺繍も糸を使って絵を描いているようなお気持ちでなさっているとのこと(記事より)、
また、
「手芸とは言っても、やればやるほど奥が深くて、刺繍したいものも増えていって、学びたいことも増えます。わたしはまだその入り口に立っているだけで、この先にどんな景色が広がっているのか、想像するだけでもわくわくします」(記事より)、
「手仕事もインテリアも、お料理もガーデニングも、家に関することにはとても興味があります。ここはとても古いちいさなアパートですが、短い人生のなかで、家族が幸せだと思える時間がすこしでも長くおおくあればいいなといつも願っています」(記事質問のお答え♪より)
というところを読んで、amalettさんは本当に素敵な、すごい方だなあと心を打たれました。

そして、自然と、大好きな作家、梨木香歩の「からくりからくさ」のことを思い起こしてしまいました(「からくりからくさ」についてはまたいずれ記事にしたいと思いますが、手仕事を愛する方ならだれでも、引き込まれる作品ではないかと思います)。



amalettさんにお会いできてよかったです。
おかげで思い切って刺繍を始めることができました!
といってもゆっくりゆっくりの歩みになりそうですが、こののんびりの経過も楽しむのが刺繍という気がしています。

ハンドメイドに乾杯!ですね(下の娘がご飯を食べられるようになったら、大好きなお酒が飲みたい!!)

ところでアマレットってリキュールの名前ですよね?
amalettさんは意外や意外、もしや酒豪なのかしら??



スポンサーリンク

 

こんばんは、megosuriです。
いつもお越しいただき、ありがとうございます。

今日のソーイングタイムは、トリプルファスナーポーチの続き。
3段めが終わりましたので、2段めを作っていきます。
表布はもうファスナーについていますので、裏布をファスナーに縫い付けます。
そうすると、裏布の3段めと2段めの袋の底がぴったり合うとのことなのですが…



合いそうで合っていませんね(甘い?)。
原因はたぶんこれでしょう↓



裏布とファスナーがかなりずれているのです。
リッパーリッパーと。
でもやっぱりずれています…。



これはきっと、3段めからの少しずつのズレが引き起こしたものに違いありません。
もっと言えば、裁断のときからかも。
どうする??

まあ、これくらいでいいとしましょう。
2段め、できました↓



1段めはまた改めて。

今日はこの後別のことを。
昼間こんな本を買ってきました↓



この本は、4つ位ずつの基本のステッチを学んだ後、そのステッチを使った何か(花や動物やお菓子など)を刺繍してみる、というつくりになっていて、わかりやすくて、刺繍もかわいいものばかりのようなのです。

amalettさんの素敵な刺繍レッスンを受けてからというもの、早くやってみたくて、実家への帰省を待たずに、手持ちのもので、少しずつやってみることにしました。

まずは糸の準備。
本にはこの糸の準備についても丁寧な解説が出ていますので、それを参考にしてやってみます。

本では、糸全体を一旦引き出して、二つ折りし、また二つ折りし…で60cm位にして、輪になっているところは切って、糸についていたラベルを真ん中にはめる、ということなのですが、糸はとんでもない状態に絡まっていますし、ラベルは捨ててしまった(!)ので、とりあえず、引き出せるところまで糸を引き出し、肩幅位になるよう折り、輪のところを切りました。

ラベル代わりに、今作っているトリプルファスナーポーチの裏布の切れっ端をゆるく結びます。



次に、これをゆるい三つ編みにする、ということですのでやってみます。



これで下準備完了。
使うときは、フォレスト・リラの切れっ端のところの糸を、針で引き出せばよいわけです。が、



これ以上出てこな~い!
三つ編みをもっとゆる~くしないといけないのかもしれませんね。

まあいいや、と三つ編みをほどいて、また二つ折りの状態にし、糸を引き出します。
すると、簡単に引き出せました。
2本取りにしますので、2本。



わー、やりやすいです。画期的!!
これまでのように、買ってきたままの状態から引き出すより、はるかに楽!
糸はこんなふうに↓



ぶらさげて収納してもいいかも。
コルクボードなんかにつけてもいいですよね。

ラベルも一緒にハギレのひもに通してしまえばいいですし、これ、ハギレの利用にもいいかも!と盛り上がります。
でも、糸が色あせしてよくないですかね…。

さて、初めてのステッチは、本にしたがい、「アウトラインステッチ」。

やり方を読んでちょっとびっくりしたのは、左から右へ進んでいくということ。
普通手縫いは右から左へ進みますよね(ですよね?私だけじゃないですよね?)。
ですから、当然そうだと思って読んでいたので、最初よく飲み込めませんでした。
これはヨーロッパの文字の書き方と同じ、ということなのかな?と思いつつ、やってみます。

練習用に、リネンのハギレを使います。
これからこのハギレにいろいろと刺繍していったら、後で見たときにおもしろいかなあと思いまして…。

まず糸を針に一折りしてぎゅっとしてから、折ったまま、針穴に通します。
そんなんで本当にできるの?と思いましたが、できましたよ↓



本のやり方を見ながらやってみます。



もうちょっと縫い目を一定に、小さくした方がよさそうですね…。

糸を抜いて、やり直し。





糸が上下上下、と並んでいるのですが、これで合っているのかな…。
裏はこんな状態です↓



きちんと処理して使う刺繍糸は、手縫い糸よりもよほど扱いやすくて、絡みにくく、縫いやすかったです。
それにステッチも、やり方が合っているかどうかはわかりませんが、おもしろかったです。
これからも、できたら毎日一つずつ、ステッチの独りレッスンをしていこうと思います。

なお、amalettさんの素敵な刺繍レッスンの第2弾も日を改めて書きますね。

スポンサーリンク

 

こんばんは、megosuriです。
いつも応援してくださり、ありがとうございます。

今日は、先日少しお話ししかけた、amalettさんの素敵な記事をご紹介したいと思います。
といっても、私の下手な紹介よりも、amalettさんのブログがとても素敵なので、ぜひそちらへ飛んでいってご覧くださいね。

amalettさんのことは、にほんブログ村という、ブログのランキングをやっているサイトで知りました。
このサイトは、ブログのランキング表とともに、記事の更新情報や、注目記事のリストを見ることもでき、とても楽しい村なんですよ。
そこで「すずらん」という文字が飛び込んできて、それがamalettさんのブログの記事のタイトルでした。

それから何度もブログへお邪魔するようになり、そのうちに、「刺繍はしてみたいけど、刺繍糸がからまるので、amalettさんはどうやっているか書いてほしい」とお願いをしたところ、なんと2回に分けて、記事にしてくださいました。

拝見すると、糸の扱いのみならず、わざわざかわいいお花の図案を起こして、クロスステッチとサテンステッチ(というんですね、あの絵のような刺繍のこと。これまで、クロスステッチじゃない方の、という言い方を心の中でしていました…)の見本まで写真に撮ってあり、詳しい解説つきです。

これを拝見したとき、私は非常に驚きました。

だって、まだ知り合ったばかりの、と言っても、顔も知らないmegosuriとかいう得体の知れない者のためにここまでしてくださるなんて!!

本当は、独り占めしたいところですが、こんな素敵なレッスン、1人でもたくさんの方に受けていただきたい!と思い、今日はamalettさんに引かれるくらい熱く語りたいと思います。というかもう語ってますね。

記事はこちら↓をご覧くださいね。
わたしなりの刺繍の基本 1
わたしなりの刺繍の基本 2

テキストとして手元に置き、何度も読みたいと思い、まずは記事をプリントアウトさせてもらいました。
そして鉛筆を手に読み込み。



以下私が書き込んだこと、感じたことを書いていきますね。

長くなりますので、今日は、amalettさんの第1回目のレッスンについてだけ。

まず最初に目に飛び込んできたのは、とてもオシャレな糸の収納と、少し見える、でも全体が想像できる、素敵なインテリア!

私がにらんでいたとおり、インテリア、とても素敵です。
もしかしたら、私が知らないだけで、amalettさんは『天然生活』などに載ったりしている方なのでしょうか?

この「無印のケース」と書かれているのは、アクリルケース・横型・3段・大でしょうか。

刺繍糸が16cmくらいで、このケースが奥行17.5cmだからきっとそうに違いない、ふむふむ…と無印好きの私は、手元の無印良品のカタログをチェック。
無印には同じ大きさで5段のもありますね。ふむふむ。

とても素敵な色の糸ばかりが並んでいます。

amalettさんは、私がamalettさんのブログに投稿したコメントに対するお返事の中で、「渋めのおちついた色がすき」とおっしゃっていましたが、まさにそこが私がいいなあと思ったところなんですよ!!

明るいぱきっとした色の糸を使った刺繍もかわいらしいですが、私の好みは、暗い、湿気を含んだような色の糸か、布になじむような色の糸で刺繍したものなんですよ(愛読書は谷崎潤一郎の「陰影礼賛」です)。
やっぱりamalettさんそうなのか~と喜びながら、読みました。

この無印のケースに入った糸は「サンプラー用の糸」とのこと、サンプラーとは刺繍見本のようなものでしょうか。
作ったら自ら繰り返し使うのでしょうかね?

amalettさんのサンプラー帳、素敵でしょうね。

次に糸や針の説明。

糸も針も、番号が大きくなると細くなるんですね。

針の写真の中の右上の白いケースの針セット、私はこれの赤い版(クロバーのニードルコンパクト(ソーイングタイプ))を持っていますが、それの刺繍針版でしょうか。





私が今持っている刺繍に使えそうなものは↓



何かのまわりをブランケットステッチするためか、昔なんとなく買ったフランス刺しゅう針、これがサテンステッチに使うものなんですね!
でも号数が違うなあ…。私のは、6本取りなどのとき使うもののようですね。

クロスステッチには専用の針があるんですね。
これも知りませんでした。

買ってきたばかりの糸はきれいですが、使いかけのものは、もうグシャグシャグルグルになってしまっています。

amalettさんは、使いかけのものはどうされているんでしょうね。

刺繍する布についても解説があります。

ct(カウント)とか、ジャバクロス、という言葉も初めて聞きました。

あと、抜きキャンバス、木枠のことだと思っていました…。
クロスステッチって、マス目になった布にしかできないと思っていたのですが、この抜きキャンバスがあれば、いろんな布にできるんですね~。おもしろい!

そして、これも本当は見たかった!
amalettさんの裁縫箱!!
入れ物も中のものも素敵です~。

中に私も持っているものの色違いを発見して大興奮(ミーハーみたいですが…ハイ、ミーハーです)。



以前、slow worksでチロルリボンの福袋を購入したときに入っていた、コウノトリ(だったかな?)のはさみ。
それだけでもう刺繍ができるようになったかのような喜びようです。

このはさみで刺繍をやり直すのでしょうか、リッパーではなく?

また、ピンセットのようなものが見えますが、どんなときに使うのか。

また、真ん中の丸いものには糸切りばさみが入っているの?

赤鉛筆らしきものは何に使うの?

丸い缶に入っているのは使いかけの糸??

などと思いながら見ますが、とにかくはさみケースやピンクッションが素敵です。

これはご自分で作られたものに違いないと、amalettさんのブログへ押しかけて、コメントで確認したところ、やはりそうでした。
刺繍を始めた頃に作ったそうですが、私も作ってみたい!でも難しそう。
この水色とグレーのような色合いの糸使いがとてもいいですよね!

そして今回お手本を刺繍するのに選んでくださった4色の糸。これも素敵です。私のコメントへの返信で、糸の番号をおしえてくださっています。

糸の引き抜き方。やさしくしないといけないんですね…。

「クロスする糸のどちらを上にするか決めたら、最後までその方向を変えずに刺すこと」とありますが、これは、×の順番ということでしょうかね?
私は適当にやってしまいそうでしたので、これは気をつけないと…。

クロスステッチのお花、なんだか少しユーモラスなような、やさしいような表情で、とてもかわいい仕上がりですね。

思い起こせば、私は子供の頃、母にクロスステッチを教わったことがありました。
今度実家に帰省する予定なので、母に刺繍のことを聞いてみたところ、まあ一通りは知っている、というので、教えてもらうことにしました。
本や糸、木枠などもあるらしいです。
でも仲が悪い母娘なので、すぐケンカになって、まともに教われないかもしれませんが…。
でもちょっと楽しみです。

それまで、amalettさんのテキストを見たり、いろんな刺繍の本を見たりして、感性を鍛えておこうと思います。




スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
今日は最初にこわいものをお見せしましょう。



無印良品で以前買った、携帯用の温湿度計です。
見ていただきたいのは表示されている数字!
朝9時過ぎでもうこの数値なのですよ。
暑いわけです。
写真は撮れませんでしたが、36.4度になった瞬間もありました。
最高気温予報、37度なんですがね、今日は。
どこまで上がるんでしょう…。

私は暑さ、特に湿度が高いときの暑さに弱いので、この無印良品の携帯用の温湿度計が発売されるという情報をキャッチしてから今か今かと発売を待ち、発売されたところで即購入し、夏は常に持ち歩いています。
そして、まめに数値のチェックをし、このくらいの温度、湿度ならこんな感じ、という感覚を磨いているのです。

なぜそんな感覚を磨いているのか。
それは、天気予報で翌日の気温や湿度などを見て、どういう服装にするか、ハンドタオルは何枚用意していくか、どういう行動をとるかを決定するのに役立てるためです。

そんな真剣な理由があるのですが、上の娘が「ママなんでそんなの持ってるの?」と尋ねたのに対し、私が答えるより早く夫が「ママの趣味。暑いって喜んでるんだよ」と失敬なことを言っておりました。

ご近所の方と会っても、立ち話もできません。汗が滝のように流れて大変なことになってしまうのです。
みなさんもどうぞお気をつけくださいね。



さて、夕べのソーイングタイムは何をしていたかというと…。
マカロンケースの続きをしていました。

外側は終わりましたので、内側に布を縫いつけるところからです。
これでできあがりですね。
内側布をぐし縫いして、ファスナーに縫いつけます。
縫いつけるときは、こんなふうに↓



ファスナーをひっくり返すような感じにすると、やりやすかったです。
ああ、指先がカサカサで失礼します。
なるべく糸が見えないよう、針を、内側布の折り目の辺りをくぐるようにしてまつっていき、できあがりました!







外側だけができた時点では、全体が斜めになっていましたが、内側布を入れたら、まあまっすぐになっています。
よかった、うれしい~。



外にも内にも好きな布を使いましたが、こうしてみると、内側は、もう少し淡い色がよかったかもしれませんね。
それから、ファスナーの縫い合わせのところが真ん中に来るようにした方がよさそうですね。
貝殻を開けたみたいな形です。

作るのに思った以上に苦労したのですが、不思議とまた作ってみたい気持ちもあります。
本にはいろいろなマカロンケースが載っていて、特にいいなあと思ったものを少しだけご紹介しますね。

本はこれです↓



そして、これ、かわいいです↓



クロスステッチのマカロンケース↓



そして、こぎん刺しのマカロンケース↓



他にもいろいろ載っています。

私はマカロン柄の生地には目が吸い寄せられてしまうのですが、マカロン自体は、そういえば食べたことがないんですよ。おかしいですね。

マカロンケースができあがった後は、少し「ステッチイデー」という刺繍の雑誌を見ていました。



これはオシャレな表紙に惹かれて手に取ったら、素敵な刺繍がいっぱいだったので、買ってあったものです。



花刺しゅう、なんかしてみたいものです。

来月、もしかしたらしばらくミシンと離れることになるかもしれないので、そのときに、刺繍にチャレンジしてみるのはどうかなあと思っているのです。

実はマカロンケースもそれで試作してみたんですね。

雑誌の中に、初心者によさそうな、キットが載っていました。
買ってみようかなあ…。

刺繍にはもともと興味がありましたが、最近とても素敵なブログ(リンクにもありますが、こちらです→amalettの刺繍日和)を発見したために、ますます関心が強まったのですよ。

ブランケットステッチでまごついている私ですので、道のりは遠いですが、いつかamalettさんのような刺繍ができたらなあと妄想(!)しながら読んでいます。

夕べはまだ時間があったので、最近RickRackから届いたパターンの中から、「テトラポーチ」を作ることにしました。
これは、ラミネート生地で作る、ピラミッド型のポーチなんです。
最近なんだかファスナーポーチづいてますね。

実は他にもファスナーポーチもののパターン、届いてるんですよ。
一緒にファスナーも何色か買って…。
また作ったら書きますね。


(RickRackのファスナー、きれいです)

さて、テトラポーチです。
ピラミッド型ってどうやるんだろう、と思っていたのですが、この私でもあっという間にできました。
ラミネートって一瞬ひるむんですが、ほつれないので縫い代の始末もいらないし、裁断もしやすいし、形も決まりやすいしでおすすめです。
2つ、作ってみました↓



開けると↓



パターン:RickRack テトラポーチ
使用生地:RickRack ヨーロッパリネン ギンガム ラミネート・レッド
RickRack 水玉リネン-コイン- ラミネート・イエロー
ひも(チェックの方に使ったもの):
タグ(イエローの水玉の方に使ったもの):パターンレーベルの型紙にプレゼントで入っていたもの。たぶんこちらの→オリジナルタグのグレージュだと思います)


大きさは、手のひらに乗るくらい。
思っていたより大きいです。
ひもをつけたり、タグをつけたりすると使いやすいので、自分セレクトで楽しそうです。

使い途は、RickRackのサイトにも書いてあるように、リップクリームやキャンディなんかを入れてもいいですし、テトラ型のティーバッグを入れてもかわいい上に、ぶらさげられていいかもしれませんね。
なんとなく開けるのがわくわくする形なので、ちょっとしたプレゼントをこの中に入れるのもよさそう。
家の中で、こまごまとしたものを収納するのにもよさそうですね。
これならいくつか並んでいても、愛らしいですよね。
リップクリームと一緒に勢揃い↓



今日のひんやりおまけ。



桃のゼリー。

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ