ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

それ以外の小物 など

こんばんは、megosuriです。
今日もお越しいただき、ありがとうございます。

散歩の折、いろいろなバラを見かけました。
色褪せた赤が美しいバラ↓



フリルがかわいくてきれいなバラ↓



クールなピンクのバラ↓



そして、金糸梅(キンシバイ)も咲いていました↓



ラベンダーもいい香りでしたよ。





まず、candy手作りライナーの仕上げ。
アニマル柄の2枚は、赤の刺繍糸でステッチをしましたが、ドットのライナーはベージュの糸で、イチゴ柄のライナーは水色の糸でステッチをしてみました。

ボタンの付け位置を決めるのが意外と難しいですね。
とはいえ、私は適当にやってしまいましたが、きちんとやれば、形も整うのでしょうね。
洗濯して使ってみるのが楽しみです。



そうそう、ドット柄は、私が以前オーダーして持っていたナイトサイズのものと同じものでした。



とても好きな柄だったので、ライナーに入っているのを見たときはうれしかったです。

そして次は、娘に作ったのとお揃いの、アンの木パターンのペチパンツ。
私にはペチパンツはかわいすぎるよなあと思って躊躇していましたが、なにしろ裾の始末がいらないのと、チュニックやワンピースの下に履く分にはまあいいだろうと思い、作ることに。

型紙は、大人用はMとLのセットになっていて、以前娘のものを作ったときに、切って貼り合わせもしてありました。
したがって、今日は布に印をつけて裁断するところから。
両脚分と、ベルト布の計3枚なのですが、30分ほどかかりました。
当然ながら、大人用は大きいですね。

中表で股上を縫い合わせ、股下も縫い合わせます。
もうパンツらしい形↓



私は、作り方手順をベルト布を後にしています。
これはパンツのウエストにベルト布をピッタリ合わせるため。
うまくいきました↓



ゴム通し口の位置に気をつけながら、また、折り山は下(パンツ側)にして、ぐるっと縫い合わせます。
あっという間にできあがりました↓


パターン:アンの木パターン イージーパンツ
布:近くの手芸店の白いコットン100%のスカラップのもの


あとはゴムを入れるだけ。
アンの木パターンのサイトでは、ペチパンツなら1時間半でできると言われていますが、この私でも、ここまで1時間10分でできました!

ところで、作っている間中、気になっていることがありました。
それはサイズのことです。
もちろんLサイズにしましたが、入るだろうか、ということ。
試着してみると入りました。
でもゴムを入れる必要などないのではないかというサイズ感が、悲しいです。

ただ、今日はスムーズに作業ができたのがよかったです。



Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんばんは、megosuriです。

5月はバラの季節ですね。
こんなバラを見かけました。



ピンクの濃淡がとても美しいです。

今日は布ナプキンのcandyさんのライナーの手作りキット。
4枚のうち2枚の縫い合わせがまだでしたので、ゆっくりめにミシンで縫い合わせると、先日よりはうまくできたように思います。



どうしてもネルがはみ出してきてしまうので、それはプリント生地に合わせてカットしてみました↓



私の腕はともかく、やっぱりかわいいですね♪

次はまわりをブランケットステッチです。
このやり方は、candyさんのショップのライナーのページに写真が掲載されていますので、それを見ながらやってみました。
始め方はわかったのですが、繰り返し方がわからず、これ、違ってますね↓



上の山のところに線ができるはずです。
2回ほどやり直し、できました。



ところで、私は刺繍が好きで、いろいろやってみたいのですが、どうも刺繍糸の扱いが苦手です。
なぜか束になっていて、それを分割して使うことになっていて、分割するときにもつれたりします↓



今回は1本どりだったので大丈夫でしたが、刺繍糸も、普通の糸のように、1本で巻くことはできないのでしょうかね?疑問です。

ぐるっとできました。
そしてスナップボタンをつけます。
ボタン付け糸でいいのでしょうか。つけてみました。



ボタンをとめるとこんな感じ↓





曲がってますが…。
そうそう、先日少し落ち込んだのは、candyさんで購入する布ナプキンのような仕上がりにならなかったからだと思い至りました。
でも、そんなの無理ですよね。
今の腕なりにがんばって、楽しく作ればいいんだよな、と思っています。

縫うのに夢中で今頃気がつきましたが、スナップボタンもこんなにかわいくして入れてあったんですね!!



今日は1枚しか仕上げられませんでしたが、とても楽しかったです。

ブランケットステッチ、おもしろいですね。
そういえば昔子供の頃、母に教わりながら、木枠をはめてクロスステッチをしたことを思い出しました。
裏はまっすぐなのに、表は×になっているのが不思議でおもしろくて…。
刺繍もやってみたくなりました。
candyさんがくれた、次の楽しみです。





スポンサーリンク

 

こんばんは、megosuriです。
いつもお読みくださり、ありがとうございます。

先日りんご柄のチュニックブラウスが、バイアステープ待ちになっていることを書きましたが、ようやく手芸店でバイアステープを購入してきました。

『広巾で使いやすく、アイロンで簡単に接着できます』と書いてある、「ふちどり接着12バイアステープ」というものです↓



ブラウスの首元につけるので、曲線をうまく縫えるか不安で、アイロン接着してからであれば縫いやすいのではないかと思い購入しました。

バイアステープの裏についている紙を剥がし、布を挟んでアイロンをするとよいようです。
曲線にうまくつけられるだろうか、失敗したら、くっついてしまうし大変だ、と心配でしたが、少しずつ挟んではつけ、を繰り返したら、思ったより簡単・きれいにつけられました。



そして、ミシンでも縫い、完成。
前から見たところ↓



後ろ側↓


パターン:a+
布:RickRack りんご


リボンがかわいいですね。
娘は前と後ろを逆にして着そうな気がします。




今日はもう1つ、昨夜熱く語った布ナプキンのcandyさんのライナーを2枚作ってみました。

ところが、肌面のネルに中に入るネル2枚を縫い合わせプリント生地も縫い合わせる、という、慣れた人なら、ものの5分もかからずにできそうなところを、ひどくてこずってしまいました。

最初2枚一緒に縫い合わせたのですが、よく見ると、肌面にネルのきれいな面がきていなかったのと、2枚がずれてはみ出した状態だったため、やり直しました。
2枚まとめてだと、ずれてくる気がして、1枚ずつ縫い合わせてみたのですが、急カーブの連続が意外に難しく、ひどい縫い線が二重に。



これ以上ほどくと、ネルに穴が空いたり、端から糸が出てきそうだったので、あきらめてこれでプリント生地を縫い合わせることに。
ピンチでとめると、ネルが伸びたせいか、不揃いです↓



そして急カーブを必死で縫った結果がこれ↓



慣れもあるに違いないと気を取り直し、2枚めに挑戦。
今度は2枚一緒に肌面に縫いつけました↓



なんかもううねりまくってますね…。
そしてプリント生地縫い合わせ↓



またぴったり合いません。
切り揃えてから、まわりを刺しゅう糸で仕上げようか…。
ミシンの方が速くてきれいで楽だと思っていたのですが、もしかしたら手縫いの方がきれいにできるかもしれませんね。




スポンサーリンク

 

こんばんは、megosuriです。

今日はRickRackミニレシピの「がま口ポーチ」と「バネポーチ」。
どちらもタックが入ってころんとした形がかわいいポーチです。
生地はRickRackの「リネンブーケ」のブルーを使います。

どちらもタックを入れ、外袋と内袋を合わせて、返し口からくるっと返すと、縫い目も見えずきれいに仕上がるとのこと。
はじめは「2つも袋を作るのか…」と思いましたが、こうすることによってガタガタの縫い目が見えなくなりますので、私にはうってつけですね。
なんとなくそれらしくなったので、満足しつつ、まずがま口ポーチに口金をつけることに。

接着剤を口金の中につけて布を目打ちなどで押し込む、と。
接着剤をつけたところで、目を覚ましたこどもの声が聞こえて中断。

急ぎ戻り、布を口金に押し込んでいきますが、これがなかなかうまく入りません。
入れると、入れ終わったものが出てきたり、表から見ると裏地が出ていたり…。
どうにか入れ終わり、今度は紙紐を押し込むのですが、これがまた同じで入らない!
非常に厳しかったです…。





そしてバネポーチは、袋(本体)部分にバネを入れるところでもある口布を合わせます。
しかし、口布が余ってしまうではありませんか。
これはどうしたものかと思い悩んだ末、口布を無理やり縫い付けてタックのある状態にしてしまいました。
そしてバネを入れて完成。ですがやはり変↓



反対側から見たところ↓



内側↓



両方変です↓



バネポーチに至っては、上から見るとバネ部分がはっきりと斜めになっています↓



どちらもうまくいかずがっかり。
特にバネポーチはなんとかせねばと、思い切ってRickRackさんに問い合わせのメールを送ることにしました。

RickRackさんは、「sewing supporter RickRackは100%安心サポート付き!」と謳っている通り、本当に親切なお返事をくださいました。

タックを寄せるときに少しずつずれてきてしまった可能性があること、今回は口布を本体に合わせて切ればよいこと、そして落ち込んでいた私にとってうれしかったのが、慣れてくればサクサク作れるようになる、今回のことに懲りずに何度もやってみてくださいね、という一言でした。

もういやだ、と思っていたのが、失敗してもやり直せばいい、失敗から学べばいい、そうすれば次は少しうまくできるようになる、という当たり前のことに気がつかされました。

RickRackの担当者さん、本当にありがとうございました。
と言ってもここをご覧になっているわけではありませんが、救われた思いでした。

そしてやり直したバネポーチがこちら↓



反対側はこんな感じ↓



内側↓


そして上から見たところ↓



かなりマシになりました。
今後はもっと丁寧に進めていこうと思います。





Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お読みくださり、ありがとうございます。

今日はとてもうれしいことがありました。
久しぶりに近くのハンドメイドの品を置いてある雑貨屋さんに立ち寄ったところ、持っていた愛用のバッグ(そのお店で買ったものです)の作家さんに会えたのです。

オーダー品の打ち合わせで来られたようなのですが、感激のあまり頭が真っ白になり、思わず「握手してください」「一緒に写真を撮ってください」と口走りそうになり、それは変だろう、と思って言いませんでした。
そのかわり、買ってから毎日使っていること、などをベラベラ話してしまいました。
そのとき、買おうと手に持っていたスマホケースもその方が作られたものだとのことで、またうれしくなりました。

バッグはコロンとしたバケツ型のような形で、でもコンパクトでスマホの入るようなポケットが表裏についていて、リバーシブル、自立する、長財布などある程度の荷物が入れやすい、そしてとにかくかわいい、という夢のようなバッグなのです。
とにかくうれしかったです。



さて、まだまだエプロンスカートの話が続きます。
よかったらおつきあいくださいませ。

ボタンホールに長い長い時間がかかりました。
まあ初めてだったしね、と思い、これからはどんどん行くぞ~と次のステップ、肩ひも。

細長い生地を中表にし二辺を縫います。直線なので快調です。
そしてなになに、表に返す…返りません!
ネットでいろいろな方が、こうやると簡単、とおっしゃっているのを見つけたのですが、よくわからない…
どうにか返そうとしていると、リネンだからか、布の端から糸がやたらと出てきて、あああ…
一晩寝て考えようと、これにて終了。

いつになったらできあがるのか…娘には「ねえ、まだ~?」と軽く催促され、「うん、難しいからあとちょっと待ってね…」

傷心のまま、全く違うものを作りました。


a+
Wガーゼスヌード 作成キット パープルチェック 大人用


単純な直線縫いでできそうなものにしました。
ただし、縫いながら引き出していくのがうまくできるか不安がありました。

というのも、RickRackで「初心者にもオススメ」的な説明のあったシュシュで、悲しいかな苦戦したからです。
スヌードもシュシュも形状や作り方は同じですから…。

でも、シュシュより大きいためか、a+ならではの縫い進め方ポイントのおかげか、うまくでき、エプロンスカートのフラストレーションが少し解消されました。
うまくできたのが大きさなのか縫い進め方なのかが知りたくて(という言い訳で)、a+のかわいい柄のミニシュシュキットを購入してしまいました。


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ