ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

それ以外の小物 など

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。


水色ストライプのコットンでハンカチを作りました。



さわやかつながりで、グリーンの描かれたリボンを挟んでみました。
先日作ったリバティのハンカチ、リボンを縫い挟んだ箇所が、洗濯後ガタガタしてしまったので、リボンの使い方にはもう少し研究が必要だと思います。 


縫いやすそうなコットンかな、と思ったのですが、ちょっと額縁がぶれました…。


ただのストライプのハンカチ、探すとなかなかないことも多いのですが、自分で作れば好きなハンカチができますね♪





Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。


またまたハンカチ^^、リバティで作ってみました。
 

とっても華やか♪
 

ステッチを入れる前にリボンを挟んでみました。


額縁縫い、やりにくいかと思いましたが、しなやかながらハリがあるからなのか、きれいにできたと思います。
幅はあともう少し細くてもいいかも。 




手のひらに乗るくらいのミニ・ハンカチです。










Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。

これまたしまいこんであった生地で、ハンカチを作りました。
 

インパクトのあるデザインですよね。
モザイクタイル?のような…。


今回額縁は昨日のハンカチより細く、7mm程度にしました。



これくらいの幅がいいかなと思ったのですが、できあがってみると、なんだか昨日くらいの幅の方が私らしいような気もしてきます。



生地がしっかりめなので、しっかりとしたハンカチになりました。
ふつうのクロスとして、かけたり敷いたりしてもいいかもしれません。







飽きっぽい私にしてはめずらしく、続けて額縁縫いの練習をしています。
ハンカチというか、クロスを作るっていいなと感じるからだと思います。
大きい服を作れたらいいのでしょうが、基本的には小物を作ることが多いので、布をゆったりと、存分に味わえない気がするのが残念なときがあったんですね。
それが、ハンカチならフラットな面でできる、というのがいいです^^
「かさばらない」というのもいいですね。
ものも(体も!)かさばらないのが清々しくていいなと感じる5月です。


 
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

このところ、megosuriにしては熱心に、続けて額縁縫いの練習をしています。
今日はソレイアードのパネル柄の生地で練習しました。
 


広げるとこんなふうになります↓


不思議で大人っぽい柄ですよね。


いろんなやり方を参考にさせてもらいながら、それらをミックスして、一番やりやすい方法が見つかったように思います。


ただ、額縁の幅はもう少し狭くしたいなと思っています。








ずいぶん前から迷っていた、ピクニックや運動会のときに使う“重箱”をとうとう購入しました!



二段重ねの重箱です。
もう一つ買うと四段重ねにできるそう。
風呂敷もセットになったものを購入しました。 



それぞれ内蓋がついています。


そして一段には四分割できる仕切りボックスが入っていました。


一段はオープンになっています。


一段めと二段めの色がグラデーションのようになっているのもかわいいですよね。
セットの風呂敷がレッドとブラウンから選べたのでレッドにし、重箱もそれに合わせてレッドにしました。




みんなで出かけるときは、いくつもお弁当箱を持って行くより、こちらの方が良さそう。
セリアのピクニックセット と一緒に活用していきたいと思います♪




 

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。


ネスホームの「北欧の午後の森」という名のコットンでハンカチを作りました。
 

ちょっとガーゼを感じさせるような肌触りのよいコットンなんですよ。
額縁縫いのハンカチです。 


先日とはまた違った方法で作ってみましたが、途中ちょっとやりにくい点があったので、作り方を先日のものとミックスして仕上げました。
額縁縫いは、下準備が面倒という印象があるので、ささっときれいに作れる方法を模索していきたいと思います。









下の娘・ベビ次郎が、保育園の帰り道、柿の花を拾ってきました。


「ミニ柿」な雰囲気がありますよね。

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ