ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

バッグ

おはようございます、megosuriです。

先日ゴムを通すところまで終わっていたサーキュラースカートを娘に試着してもらい、ゴムをカットしして縫い止めて、完成しました。
前から見たところ↓



後ろから見たところ↓



自然とひらひらして、お姫様っぽいですね。
かわいいです(←親バカ)。
このスカート、置くとまんまるになるんですよ。





今日はラミネートの「温泉バッグ」。
RickRackのパターンで、大と小の2サイズが作れます。
両方作ることにし、一度に裁断しました。
マチ布とポケットの部分は、近くの100円ショップの洗濯ネットを使用します。

まずは、バッグの内側のポケットを作ります。
ポケットにするネットにバイアステープを縫いつけて



本体布の内側に縫いつけます。
そしてもう1枚の本体布にタグを縫いつけます。



次に、マチ布にするネットの両端にバイアステープをつけます。



そうしたら、マチ布を本体に仮止めしていきます。
立体的になっていくものなので難しそうに思いましたが、合印を合わせながらクリップでとめていくと、不思議とうまくいきました。



持ち手を作って本体に仮止め↓



それらしくなってきました。

ところが、ここからが大変でした。
まわりにぐるっとバイアステープを縫いつけていくのですが、まず折った状態のバイアステープを開いて縫いつけ、返して表につけ、というのを2回やるわけですね。

つまり、計4回まわりをバイアステープでめぐるのです。
もっといえば、まずクリップでとめつけていきますから、8回まわるんですよ~。

クリップ⇒ミシン⇒クリップ⇒ミシン⇒クリップ⇒ミシン⇒クリップ⇒ミシン … とやっている間、集中しすぎていて、叫び出しそうでした。





集中しすぎて、写真を忘れていて、最後の段階になって、思い出して撮りました。

ラミネートは端の処理がいらないといいますが、全部の端にバイアステープつけましたからね、もううわ~ってな感じです。

ただ、バイアステープをつけること自体は難しくなかったんですよ。
カーブとかどうなんだろう、と思っていたのですが、バイアステープは伸びるのでうまく曲がっていってくれるんですね。

我ながらよくやったとほめてやりたいです。
自分にこんな忍耐強い、辛抱強い面があったんだと驚いたほどです。

完成。うれしくて写真いっぱい↓









パターン:RickRack 『温泉バッグ 大』
布:イカリ&RickRack リネン ラミネート 白
メッシュ布:100円ショップの洗濯ネット
バイアステープ:RickRack リネンのバイアステープ 2cm幅
タグ:RickRack コットンタグ【R】ネイビー


結構かわいいです。もう自画自賛です。
作りながらも、かわいいなあと思えるのが励みでした。
やっぱりハンドメイドの醍醐味は、好きな布で身の回りのものを作れること、ですものね。
しかし息が詰まりました。

でも、バイアステープには少し慣れたかもしれません。
何度もぐるぐるぐるぐると…縫いましたからね。

小も作っちゃおうと思っていたのですが、とてもそんな気力はありません。
それにバイアステープもなくなったし、小はまた後日。

とにかく大を先に作ってよかったです。
小で息詰まっていたら、大を作る気持ちが失せていたかもしれませんから…。

そういえば、RickRackさんのテキストにはこう書いてありました。
「初心者の方にも挑戦していただけます…」
確かに、挑戦だけならみんなできる…。

Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんばんは、megosuriです。

アンの木パターンの「ラミネート生地で作るポケットショルダー」を作ります。

まず、ミシンの押さえをテフロン押さえに取り替えます。
そしてポケットショルダーを作る前に、おまけでついているパターンのティッシュケースを作ってラミネート生地を縫う練習をすることにしました。

まず端を縫います。
ラミネートはほつれてこないので、三つ折りしなくていいんですね。



クリップでとめて縫い始めます。
若干重みのような抵抗を感じますが、特に問題なく、普通に縫えました。
テフロン押さえ、すごいです。
できました↓



ではポケットショルダー。
Sサイズを作ることにしました。

まずDカン用ループを作ります。
細くて小さいので、返し縫いのときなど、やりにくいかなあと思ったのですが、ラミネートはハリがあるので、ふつうの布よりはるかに縫いやすかったです。



本体にDカンを取り付けます。
厚みがあるので心配しましたが、まあ大丈夫でした。



あとは、本体底を縫ったり、隠しマチを作ったり(簡単なんですね)し、脇を縫い合わせ、見返しを付けます。
布がイカリ柄で上下があるため、取り付ける向きに一瞬悩みましたが、本体と同じ向きにつけて大丈夫でした。
縫い付けは、ミシンのテーブルを外すとやりやすかったです。

アンの木パターンのテキストは、ちょっとしたコツやポイントが親切で的確でいいですね。
それに、型紙はもちろん縫い代込みなんですが、仕上がり線も書いてあるので、それも写しておくと、私のように適当なところを縫う人間にはとてもやりやすいです。

ということで、1時間程度でできました。


パターン:アンの木パターン ラミネート生地で作るポケットショルダー S
布:イカリ&RickRackリネン ラミネート 白
ショルダー持ち手:手作り工房 MY mama (楽天市場) ショルダー持ち手 バニラ


見返しは、違う布を使ってもかわいいらしいですが、今回は同じ布で。
次は違う布で組み合わせを楽しむのもいいかな。



あとはスナップボタンをつけたら完成なのですが、それはまた今度つけたいと思います。

今日は初めてのラミネートでしたが、聞いていた以上に扱いやすく、またアンの木さんの作り方もわかりやすかったので、開発話でも、確かいろんな人に作ってあげたということでしたが、この私ですら、量産したい!と思えるほど楽しかったです。




Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんばんは、megosuriです。
お越しいただき、ありがとうございます。

以前買って、そのままになっていた、アンの木パターンの、「ラミネート生地で作るポケットショルダー」に取りかかることにしました。
既に生地もショルダーひもも用意してあります。

私はこれが初めてのラミネート生地。
丁寧に解説してあるので、初めてのラミネート生地はアンの木パターンに決めていました。
色は合わせやすいベージュ、柄はなぜか大好きなイカリ柄のRickRackのラミネート生地にしました。



ポケットショルダーの他に、おまけのパターンのティッシュケースも作るつもりです。

今日は裁断だけ済ませることにして、まず型紙をカット。
次に生地の表に型紙を置いて印をつけるも、弾いてつきません。
ラミネートは裏に印をつけないといけないんですね。
ミシンはテフロン押さえを使用するとよいとのこと。
もちろんこの押さえを使うのも初めて。

続きはまた書きますね。


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。

RickRackの作り方テキストと布がセットになったバッグをいくつか作ってみることにしました。


麻デニム チェック大 でつくるたて長トートのセット・ベージュ


布と持ち手のコットンテープ、タグ1枚がテキストと一緒に入ったセットです。
脇を縫って、口を縫って、コットンテープをつけて。
中にポケットもつけてみようと思い、余り布で適当にポケットもつけました。



ただ、タグをつけるタイミングが悪く、手縫いになってしまったのが反省点。
でもまあ簡単にできたので、うれしくなりました。

次は「たて長bagのキット」。
ギンガムツイードの布とタグ、それにテキストがセットになっています。
色はパセリグリーンにしました。
布の柄がチェックになっていて、それに合わせて作っていく方法を取っているので、とても作りやすかったです。
持ち手もこうやって作るのか、と勉強になりました。
でもまたもやタグは手縫いになってしまいました。
どうしてタグを縫いつけるのを忘れてしまうんでしょう。



こちらは布が余らなかったので、後日同じ布を買い足し、袋口を一度ほどいて、ポケットを縫い込みました。



最後に「麻デニム チェック大 でつくるマチ付きトートのセット」。
色はベージュにしました。
布と、コットンテープ、タグ、テキストがセットになっています。
持ち手のコットンテープがバッグをぐるっと囲んでいるこのタイプのバッグはよく見ますが、こうやって作るのか…と思いながら作成。



外側にも内側にも余り布でポケットをつけました。
今回のタグもかわいいですよね。



どれも説明がわかりやすくて、スムーズに作ることができました。
3つのレシピで、基本的なバッグの作り方が学べてよかったです。

Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

おはようございます、megosuriです。

昨夜母の日のプレゼントを作りました。
大きめのさくらんぼ柄と、たっぷりした形がかわいいエコバッグです。


a+ エコバッグキット・チェリー 赤、黄


簡単に作れて、とてもかわいいバッグです。



さて、つい先日、やっとの思いで「a sunny spot 女の子のまいにちの服」のエプロンスカートを完成させました。
ギャザースカートに、後ろでクロスする肩ひもがついた、かわいらしくていろんな洋服に合わせやすそうなデザインのものです。
本に載っているモデルの女の子が着ているような、生成りのリネンの生地にナチュラルな木のボタンをつけて仕上げました。


a sunny spot 女の子のまいにちの服 (Heart wariming life series)a sunny spot 女の子のまいにちの服 (Heart wariming life series)
(2012/04/17)
村田繭子

商品詳細を見る



「a sunny spot 女の子のまいにちの服」のエプロンスカート

これまで巾着、バッグ、七分丈パンツ位しか作っていないので、かなり無謀な試みだったのですが、置いてあった本をサラッと見た娘から、「これ、作って」と言われ、チャレンジすることにしました。
これから何回かに分けて、その苦労話(悪戦苦闘ぶり)をお話ししたいと思います。
どれだけ不器用なんだ~と笑ってくださいね。

まずは型紙作りから。
私は、RickRackの縫い代つきの型紙を購入して作ったことしかなく、いろんなサイズのものが一緒になっている実物大型紙の中から、自分の作りたいサイズの型紙に蛍光ペンで印をつけて、縫い代もつけて型紙を作る、というのは初めてでした。

今回本を見ながらエプロンスカートを作るにあたり、まずこの最初のステップに手間取りました。
売っている縫い代つきの型紙が高いのも納得です。

縫い代はパーツや場所によって違いますので、その都度本を確認しなければなりませんし、型紙があったりなかったり(長方形とかだと、サイズのみ本にサラッと書いてある)、などなど、とにかく確認作業が多いんですね。

フーフー言いながら型紙作りをし、やっと裁断です。
長く険しい道のりになりそうです。

Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ