ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

ケース

こんにちは、megosuriです。

残り少ないマカロン柄の布のハギレで、ティッシュケースを作りました。
この生地、娘だけでなく、私も大のお気に入りなんです。

表側↓



裏側↓



かわいくておいしそうなティッシュケースができあがりました。

続けて今度はダブルガーゼのハンカチ。
a+というお店のキットを使いました。
5枚ハンカチが作れるキットで、布だけでなく、タグも入っています。



反対側↓



組み合わせはこんなふうにしました↓


a+ 『Wガーゼハンカチ 作成キット 柄おまかせ 5枚set 女の子柄』

今回は、マカロン柄が一番のヒットです。

最後に手元のハギレをつなげてみました↓



これは娘の保育園用のタオルにしようかなと考えています。




Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんばんは。
お読みくださり、ありがとうございます。

以前a+で購入したリボンゴムのキットに入っていた、リバティのエミリーが気に入り、思い切って1m購入しました。
そこでさっそくティッシュケースとカードケースを作ってみました。




パターン:RickRack ティッシュケース
布:リバティ・エミリー




パターン:a+ カードケース
表布:リバティ・エミリー
裏布:カントリーキルトマーケットで購入の、白地にピンクのドットの布
ゴム:キングスパン カラーゴムテープ 赤
カードファイル:ホークアイ カードファイルパーツ 20ポケット


どちらも、もしかしたら接着芯を貼った方がよかったかもしれません。
カードケースの中はこんなふうになっています↓



まだ生地があるので、また何か作りたいです。
コップ袋も作りました↓





パターン:RickRack 「入園入学セット【2】ランチセット」の『コップ袋 切り替えあり』
本体布:マイケルミラーのもの(コットンフィールドで購入)
切替布:オレンジの地にピンクのドットの布(コットンフィールドで購入)
レース:RickRack ピコレース アーチ オフホワイト
ひも:a+ 『巾着2P&お弁当袋 簡単作成キット スイーツ』のひもを使用(布は先日園バッグに使用)


娘はこのマイケルミラーの花柄の布がいたく気に入っているらしく、「これでコップ袋作って」と言われたので、作ってみました。
普通の花柄ではない、ちょっとユーモラスな感じもする、かわいい柄の布ですよね。
オレンジの花に合わせて、オレンジの地のドットを切替部分に使い、レースをあしらいました。


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんばんは。
外を歩いていると、ふわっといい香り。





クチナシの花です。
私が思うに、少し茶色くなって枯れかけてきたときが一番いい香りのような気がします。
なんともすっきりするいい香りなんですよ。
見かけたらぜひかいでみてくださいね。

夕べ作ったブーツカットのモンキーパンツ、はかせてみました。
動きのある写真ですが…↓



この形のモンキーパンツが一番似合ってる気がします。

さて今日は父の日プレゼントを急いで作ります。
私の父と夫の父(義父)の2人分作らなければなりません(というよりこれ幸いと、作ったものを押しつける)。
父には自分があげたいものを、義父にはあまり迷惑をかけてもいけないのでコンパクトなものを作りたいと思います。

父にはガーゼケット。




a+
水玉6重ガーゼケット グリーン 男の子作成キット


暑くなったので、夜寝るときにも、また、昼寝にも使えると思い、作りました。
黄緑好きなので、自分がほしくなりました。

次は義父の分です。
a+のキットを使います↓



かわいくて爽やかな布ですよね。
ショップの説明によると、これはティルダのFolklore bire blueとのことで、小枝に小鳥がとまっているなんともかわいい色合いの生地です。
生地を折り紙のように山折り谷折りして縫うのは2か所だけなんですよ。

完成↓





a+
カードケース作成キット1個分 ティルダ小枝Bird


ポイントカードや診察券、保険証、名刺などが16枚入るカードケースです。
カードケースといっても、ケース自体は既製品で、そのカバーを作る感じですね。
カバーは簡単に外せますので、汚れたら洗濯もできます。
父の日に間に合ってよかったです。


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんばんは。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。

今日娘と歩いていると、リボンラベンダーが咲いていました。



以前見かけたときは興味を示さなかった娘ですが、今日は自分から「リボンラベンダー見るー」と言って近づき、眺めていました。
「ラベンダーっていい香りがするんだよ。リラックスする香り。眠~くなるみたいな香り」と話すと、そっと顔を近づけて「いいにおいするー」と楽しそうでした。
ラベンダーは香りも色も名前も好きです。

その近くには、真っ赤なバーベナと、ピンクのバーベナも咲いていました。






ポケットショルダーをコットンで作りました。
アンの木パターンのポケットショルダーは、ラミネート用のパターンなのですが、ティッシュケースの型紙のおまけだけではなく、布帛でポケットショルダーを作りたいときのための裏地の型紙のおまけまでついているのです。

まず裁断。
直線だけなので、ロータリーカッターですばやく裁断を済ませます。
そして初めはラミネートで作るときと同様、ループを作り、本体に縫いつけます。



そして、底や脇を縫います。
この後、ラミネートで作る場合は見返しをつけるのですが、布帛の場合は見返しはなし。
裏地で内袋を作ります。



そして、本体に入れて口を縫い、返し口から返します。



この返す作り方、好きです。
こうなるのか~、というワクワク感と、アラが隠れる感じがいいですね。

口を縫って↓



内袋の返し口をふさいで中に入れます。
中はこんなふう↓



少しだぷついてますが…。
もうできました。
もしかしたら面倒かもしれないと思っていましたが、ラミネートと違い、アイロンができるので楽という部分もあり、作りやすかったです。

ラミネートの方につけていた持ち手をつけてみます。



ビターチョコ色の持ち手の方が合いますね。


パターン:アンの木パターン 「ラミネート生地で作るポケットショルダー Sサイズ」の裏地おまけ
布:表RickRack ヨーロッパリネン-和- もなか
裏手芸店で購入したイカリ柄のコットン
ショルダー持ち手:手作り工房 MY mama ショルダー持ち手 ビターチョコ
Dカン:手作り工房 MY mama 大きなDカン(ショルダー持ち手はDカンつきですが、他のバッグとショルダーを共有しているため、Dカンのみ購入しました。
全く同じものはなく、大きめのものにしたら、少し大きすぎましたね…)


内袋と同じ布で、ティッシュケースも作りました。
中はこうなってます↓



アイロン接着できるタグにスタンプを押してつけてみました。


パターン:RickRack ティッシュケース
布:手芸店で購入したイカリ柄のコットン
タグ:キャプテン 生成なまえテープ
スタンプ:東京アンティーク
インク:バーサクラフト エスプレッソ


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
今週は暑くなりそう。暑さに極端に弱い私の苦手な季節がすぐそこまで来ています。

今日は作ったばかりのティッシュケースにつけたタグのことを書きたいと思います。

まずはこちら。


パターン:RickRack ティッシュケース
布:RickRack ヨーロッパリネン-和- もなか
スタンプ:きれいなはんこ・印鑑のからふる屋 はんこどり 小枝の鳥さんスタンプ


小鳥の丸みを帯びたおなかやつぶらな瞳がとてもかわいいスタンプです。
そしてこちら。


パターン:RickRack ティッシュケース
布:RickRack 麻デニム チェック大 ベージュ
スタンプ:東京アンティーク ホームメイド ティータイム


東京アンティークらしい繊細なデザインがとても素敵です。
優雅なティーカップ柄にうっとり。

インクはこちら↓


バーサクラフトのエスプレッソを使いました。
スタンプして乾いてからアイロンをかけると定着します。
タグテープではなく、布に直接スタンプしたのは初めてでしたが、かわいいワンポイントで、とても満足しています。

RickRackのティッシュケースは本当にオススメです。
ただ、図形のセンス、立体的なセンスのない私としては、欲を言えば、型紙のどの部分がどこに来るのか、仕上がり図と比較してある図があると、全体を縫い合わせる前に、ミシンでタグをつけたりレースをつけたりできるのでいいなあと思います。
自分で番号をふって、やってみないといけませんね。


Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ