ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

ポーチ

こんにちは、megosuriです。
おいでいただき、ありがとうございます。

またまたラミネートポーチ。
あまつぶ柄のラミネートでファスナーポーチを作りました。
14cmのネイビーのファスナーを使用しています。
このサイズ、ポケットティッシュも入るし手も入れやすく、ほどよい感じ♪


タグなども色を合わせて涼やかに♪


この生地、ずいぶん前にデコレクションズで購入したものなのですが、今探したら見当たりませんでした。もうないのかな?




あいかわらずファスナー端の処理で試行錯誤しています。
大好きなハンドメイド作家さんにもアドバイスをいただいて、さっそくやってみました。

それにプラスして、今日は最後の最後に、縫い代を割って、押さえのミシンをしてみました。
表に響かないよう、ファスナーきわを縫ったときの縫い目に合わせて縫いました。


う〜ん、私がやるときれいにできてない…。


もうちょっと研究してみます。









Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


先日 ファスナーの端布を両面につけてみる、と書いていましたが、両面につけたら分厚くなって、余計に口のところがもたついてしまいました(考えてみたら、いえ、考えてみなくてもあたりまえですね)。
それで、そういえば使っていたのが金属ファスナーだったので、フラットニットファスナーのようなやわらかなファスナーを使ったらどうかな、と思いつきました。

ちょうど使わないでいたやわらかなファスナーで引き手だけが金属、というファスナーがありましたのでそれを使ってみました。

パターン:RickRack「マスクポーチ」

外側にポケットが一つついた、マスクポーチとして使えるポーチです。
レシピもですが、生地もRickRackのもので、リネンにラミネート加工を施したもの。


最初は両端とも折らずにそのまま縫いつけました。
すると、ファスナーの下止め側はそれで問題なかったのですが、






上止め側は折り返してきたファスナー端が邪魔をしてきて、閉めにくかったので、もう一度裏返して端を折り込み、どうにか使えるようになりました。




もうちょっとフラットニットファスナーでやってみようと思います。

でもこのリネンのシンプルなラミネートクロス、シンプルで好きです。
いただきもののチェック&ストライプのタグが映えます。
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。
魔の連休中、いかがおすごしですか。

最近ラミネート加工の生地でファスナーポーチを作るブームが私の中に来ています。
ファスナーの端は、これまで三角に折って布に縫いつける、という方法を取ってきましたが、そうすると脇を縫った後に折り返してくるファスナー端が、なんだかスマートじゃないんですね(ってわかりにくい説明ですね、すみません…)。

それでちょっとファスナー端にひと手間かけてみました。


こちらはRickRackのマルチボーダーのラミネートのハギレで作ったポーチ↓


こちらはここのところずっと登場しているデコレクションズのラミネート生地で作ったポーチです↓


黄色と紫とシルバーが内側から光っているようでとてもまぶしいラミネート。
私が持っているのは今販売されているものよりくたんとした手触りのときのものだと思います。
今販売しているのはもう少ししっかりタイプなのではないでしょうか。



こちらは同柄のコットン。



見にくいですが、ファスナーの両端に布を足してみました。


こうすると、見た目にアクセントになるのはもちろんですが、ファスナーを三角に折らなくていいし、布にファスナーが縫いつけやすいんですね。
そして何より完成したときに角がピンとするのが気持ちがいい!



ただ中をのぞくと…




やっぱり完璧にスマートとは言いがたい…端布はファスナーの表側にしかつけていないからかもしれません。
両面につけてみたらどうでしょうか?
次はそうしてみようと思います。





Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

買ってからずっとしまいこんであった型紙で、ティッシュポーチを作りました。

パターン:RickRack「ティッシュポーチ」

生地はデコレクションズというお店で買ったもの。
黄色と紫とシルバーがとてもまぶしいラミネート。
私が持っているのは今販売されているものよりくたんとした手触りのときのものだと思います。

今販売しているのはもう少ししゃんとしているんじゃないかなと思います。



こちらは同柄のコットン。



ポケットティッシュが入れられる、ファスナーポーチになっています。


他のものを試作してちょっと失敗したので使いまわしたオレンジジュース色のファスナー。
合わないような気もするけれど、これはこれでジューシーでいいかな^^

角がシャープな方が好みなように思うのと、ファスナー端の処理をいろいろ試してみているところなので、もうちょっと自分らしく作れるように試行錯誤していきたいです。








Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。


今朝もウォーキングをしてきましたが、気温はそれほど高くないのに蒸し暑かったです。
紫陽花はドライフラワーのようになってきて、今は木槿の花があちらこちらで見られるようになってきました。
儚げな花なのに、名前が「ムクゲ」なので、合わないなあ、なんて思ってしまいます。
でもこの暑い季節に次から次へと花を咲かせるわけですから、見た目よりも強い花なのかもしれませんね。
一重や八重のもの、色合いもいろいろありますね。


さて、母の友人たちに渡すプレゼントにと、小さなファスナーポーチを作りました。

パターン参照: Patternshop snowwing ポケットコインポーチ

Patternshop snowwing の「ポケットコインポーチ」を参照して作りましたが、レシピにはあるポケットはなしのほんの気持ちばかりのミニポーチです。

ラミネート生地はすべてデコレクションズのもの。
どれもかわいらしいですよね^^
小さな柄のものが多いので、こんな小さなものを作るのにもぴったりです。

残っていた小さなハギレで作れました。
ファスナーもちょうどあった10cmファスナーを集めて…。


いつもは省くタブも今回はつけることにして、クリップで折り目をしっかりつけて準備。


ちょうどいいサイズのDカンがなかったので、これまた手元にあった革持ち手についていた小さなDカンを活用しました。


こんなふうに革持ち手をつけて使ってもらえたらバッグの持ち手に提げられますね。



あり合わせの材料で作ったポーチですが、みんなでわいわい選んでもらえたらいいな♪







Creemaはこちらから         



Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ