ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

ハンドメイド

こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。
裏も表もきれいなかんたん巾着、今日は作り方2回目です。
*1回目はこちら

全体の手順をもう一度確認しておきましょう。
1.裁断 終了
2.口布(ひもを通す部分)作り 終了
3.本体作り
4.口布と本体を合わせる
5.ひも通し
今日は手順の3と4です。

3.本体作り
表布、裏布とも中表にして半分に折ってアイロンをかけておきます。
このアイロンの線が底の線になります。
IMG_5988
タグを縫いつけたい場合は、このタイミングでつけます。
折った布を広げて表面を出し、縫いつけたい場所にタグを置きます
アイロンで底の線の印をつけていますので、それも意識しながら場所を決めましょう。
両側は1cmの縫い代になりますので、ご注意くださいね。
マスキングテープでとめると便利です。
IMG_5989
タグをミシンで縫いつけます
端ぎりぎりを縫いたいので、このとき私は縫い目の長さを1mmほどにしています。
縫い終わったら縫い目の長さを元に戻すのを忘れないようにしましょう(私はいつも忘れてしまいます)。
IMG_5990
タグがつきました
IMG_5991
次に本体の脇を縫い代1cmで縫っていきます。
ここでちょっとお手元のミシンをご覧ください。
おそらく縫い代の幅が測れるよう、印がついていると思います。
IMG_5992
1cmのところにマスキングテープを貼るか、
IMG_5993
マグネット定規を当ててから縫うと縫いやすいです。
IMG_5994
表布、裏布とも両脇を縫い代1cmで縫いましょう(4回縫うことになりますね)。
裏布は片側の真ん中辺りで6〜7cm程度の返し口(縫わない部分)を作るのを忘れないようにしてくださいね。
IMG_5995
そしてここで大切なポイント。
表布と裏布の脇線はぴったり揃うように縫いましょう。
そうしないと、最後に表布と裏布を縫い合わせるときにぴったり合わなくなってしまいます。
裁断を丁寧にし、正確に縫えていれば合うはずですが、そうはいっても合わないもの。
私は必ず最後の脇を縫う前に、先に縫った方に後から縫う方を重ねて印をつけて、確実にその部分を縫うようにしています。
IMG_5996
脇が縫えました。
IMG_5997
1ヶ所返し口を作るのを忘れずに。
IMG_5998
縫ったところや全体にアイロンをかけます。
そして四隅を写真のようにカットします。
このとき、せっかく縫った糸を切らないよう注意してくださいね。
この工程は省いても問題ありませんが、カットしておくと隅がもたつかずきれいです。
IMG_5999
アイロンで縫い代を割ります
IMG_6001
これで本体作りは終了です。

4.口布と本体を合わせる
それでは口布と本体を合わせていきましょう。
まず表布を表に返します(外表にします)。
そして表布の口(上に来る部分、開いているところ)に、口布を重ねて、マチ針やクリップなどでとめます。
口布の「わ」が下(手前、底側)に来るように重ねましょう。
口布の幅は本体の幅より狭くなっていますので、それぞれの真ん中が重なるよう合わせてくださいね。
IMG_6002
しつけ糸で端から3mmあたりのところを縫いましょう。
IMG_6003
終わりましたら今度は反対側にもう一枚の口布を縫いつけます
IMG_6004
口布を縫いつけた表布を、裏返し(中表の状態)、内布を外表にします。
IMG_6005
表布の中に裏布を入れます
IMG_6006
まず脇の線をぴったり合わせてマチ針やクリップなどでとめます。
その後全体をとめましょう。
IMG_6007
ずれないよう注意しながらぐるっとしつけ糸で3mmあたりを縫いましょう
縫い代1cmでぐるっとミシンで縫います
しつけをしておくと、ミシンで縫うときにずれる心配もありませんし、マチ針が指に刺さって痛い思いをすることもなく縫いやすいですよ。
IMG_6008
終わったらしつけ糸を取りましょう
IMG_6009
表布から裏布を引き出します
IMG_6010
裏布の返し口から少しずつ布を引き出します
この瞬間がドキドキわくわくしますね。
IMG_6011
これで表に返せました
IMG_6012
返し口が開いたままの状態です。
全体をアイロンで整え、返し口部分も丁寧に整えたら
IMG_6013
返し口を縫って閉じましょう
ミシンでも手縫いでも。
私は縫い目が見えないよう手縫いにしていましたが、最近はしっかり縫えるようミシンにしています。
IMG_6014
裏布(内袋)を表布の中に入れましょう。
IMG_6015
あちこちチェック。
IMG_6016
口布のところはこんなふうに仕上がっています。
IMG_6017
中はこんなふう。
ここでもう一度口布と本体の境目に丁寧にアイロンをかけておくといいですね。
内布が固定されていないのが気になる場合は、口布寄りの本体部分をミシンでぐるっと縫ってもいいでしょう。
私は洗濯して干すときに内布を完全に出して乾かしたいので、基本的には縫っていません。
IMG_6018
これで縫う作業は終了です。
お疲れさまでした。
あと一息で完成します。





スポンサーリンク

 

こんにちは。
もうすぐ1月も終わり。
入園や入学に合わせて、また、好きな布で巾着を手作りしたい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
昨日 ご紹介した二枚仕立ての巾着の作り方を、今日から数回に分けてご紹介していきたいと思います。
説明や表示がうまくないのはどうぞご容赦くださいませ。
めんどくさくなく簡単で、裏も表もきれいな巾着の作り方です。
IMG_6026

作り方手順
おおまかな手順は次のとおりです。
1.裁断
2.口布(ひもを通す部分)作り
3.本体作り
4.口布と本体を合わせる
5.ひも通し

ではさっそく作っていきましょう。
今日は手順の1と2です。

1.裁断
IMG_5977
裁断サイズは入れるもののサイズやお好みに合わせて決めましょう。
ここでは30cm定規を使ってサクッと作れるサイズにします。
表: 縦60×横30cm 1枚
裏: 縦60×横30cm 1枚
口布:縦 7×横30cm 2枚

お好きな布を選んでくださいね。
手芸店の店頭に入園入学用で置いてあるような布が扱いやすいでしょう。
柄に向きがある場合は、表も裏も、半分のサイズで2枚ずつ用意してつなぎ合わせて使用していきましょう。
裁断したらどの布にも裏側からアイロンをかけます。
表布と裏布は、中表に半分に折ってアイロンをかけておくと後々スムーズです。

2.口布作り
続けて口布に縫いやすいようアイロンをかけていきます。
口布を裏を上にします。
短辺の両端を2cm折って、アイロン
IMG_5978

一旦広げ、アイロンの線めがけて折ってアイロン
IMG_5979

そうすると1cm折れました。
IMG_5980

もう一度最初の2cmの線で折って、きれいにアイロンをかけます。
IMG_5981

これで1cmの三つ折りがきれいで簡単にできました。
IMG_5982

ここまででこんなふうになっています。裏が上になっている状態です。
IMG_5983

長辺側を半分に折って、アイロン。これで外表の状態です。
IMG_5984

長辺側を広げてから、短辺側の両端の三つ折りした部分をミシンで縫いましょう。
糸の色は布の色に合わせましょう。またポイントになる色を選んでアクセントにするのもいいですね。
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをしましょう。
アイロンをきれいにかけてあると縫いやすいです。
IMG_5985

できました。
IMG_5986

縫ったところにアイロンをかけるとともに、もう一度長辺を半分に折ってアイロンをかけ直しておきましょう。これで口布作りは終了です。
IMG_5987

お疲れさまでした。続きはまた次回にしますね。





スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

やわらかな手触りのコットンで、巾着を作りました。
ブラウン系のブロックチェックが穏やかで大人っぽいです。
IMG_6026
口布にも同じ生地を使いました。
リネンのひもできゅっと。
IMG_6031
この巾着は、後日Creema に出品したいと思います。

そして次回から数回に渡って、入園・入学のために、巾着を手作りしてみようかな、と思っていらっしゃる方に向けて、作り方をご紹介していきますね。
よろしければぜひまたお越しくださいね。





スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

ネイビーの帆布でペンケースを作りました。
IMG_5774
表布に11号帆布を使っているので、がっしりしすぎず、ざっくりとした雰囲気が魅力です。
大きな英字のタグがポイントです。
IMG_5781

反対側↓
IMG_5777

ビターチョコ色のフラットニットファスナーを使いました。
ネイビーとチョコの組み合わせって大人っぽいですよね。
内布にはやさしいベージュにトリコロールカラードットのコットンを使いました。
IMG_5779

ペンや定規、はさみなどを入れてペンケースにしたり、マスクを入れたり、通帳を入れたりといろいろにお使いいただけると思います。
先日のコーヒーリーフのペンケース よりほんの少しだけコンパクトです。
IMG_5780
帆布のペンケース

Creema に出品しますので、よろしければぜひお立ち寄りくださいね。
また、minne(ミンネ)ではポケットティッシュケースを各種販売しています。
こちらについては近く在庫をCreemaに移す予定です。
minneでの購入をご検討いただいている場合はお早めにお買い求めくださいね。





Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
ペンケースとソーイングセット2種をCreemaに出品しました。


送料無料・コーヒーリーフのペンケース
IMG_5731

image

image


また、minne(ミンネ)ではポケットティッシュケースを各種販売しています。
こちらについては近く在庫をCreemaに移す予定です。
minneでの購入をご検討いただいている場合はお早めにお買い求めくださいね。
ではご来店をお待ちしております。







スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ