こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。

突然ですが、あなたはどんな枕をお使いですか?
我が家では、「通販生活」というところの『メディカル枕』という大きな枕を使っています。

決して安いものではないのですが、試しに一つ買ってみたところ、夜中に目が覚めても、またすぐに眠りにつけたのに驚き、夫にも試してもらったところ同意見で、こどもたちも使いたがるので、我が家には4つもメディカル枕があります。

この枕、とても大きくて、45×75cm。
真っ白なカバーがついています。

なんとなくこの真っ白なカバーを使い続けていたのですが、先日大好きなo2さんが、メディカル枕の枕カバーを作られた、という記事を読んで、「そうか、枕カバーは自分で作ってもいいんだ!」と気がつきました。

ただそこはmegosuriのこと、なんとなくそのままになっていたのですが、ふと思いついて、ハサミを入れるのをためらっていたフルーツがいっぱいの生地を使って、枕カバーを作ることにしました。

o2さんのブログを参考にしながら、この生地の大きさを測ると、1×1mしかありません。
これじゃあ足りないかなあ、と思いつつ、手元の枕に合わせてみると、大丈夫そう。
生地にハサミを入れることなく、このままの形で作れることにうれしくなりました。

最初に入れ口になるところを三つ折りして…と生地を見ると、ちょうどミミになっているではありませんか。
三つ折りは省略し、生地全体を外表に二つ折りし、端から5mmのところをダーっとミシンで縫います。

次に裏返して中表にし、短辺のところ(こちらもミミなので処理の必要なし^^)から長辺に向かってL字型にミシン。
長辺のところは袋縫いになるというわけです。

これでできあがり♪



この楽しいフルーツいっぱいの生地に、一切ハサミを入れずに済んだことに満足。





作りは至ってシンプル。
枕を入れたら、袋の端を中へ押し込みます。



入れ口はミミなので処理なし、脇(長辺)は袋縫いで仕上げています。



この枕カバーをつけたまま、枕をいつも私が寝る場所に置いておいたら、帰宅したベビ次郎、すぐに発見したらしく、いつの間にか自分の枕と入れ替えていました。

ところが眠りについたときには、ベビ太の頭の下にありました。

争奪戦…。


スポンサーリンク