こんにちは、megosuriです。
お越しいただきまして、ありがとうございます。

昨日私の必需品を作ると書いていた、ショコラ色の布たちは、ピンクッションになりました。



一方は4枚の布をパッチ。
細いストライプの布で作ったくるみボタンをつけてチョコレートっぽくしました。



反対側はチョコレートの包みを意識して。
英字の書かれた濃いモカ茶の布を全面に使い、端に、ラッピングに使われそうな色合いのグログランリボンを斜めにつけました。




本当は別のものになる予定だったのですが、ちょっと失敗してしまい、でも、せっかくの布なので、ピンクッションにして活かしてみました^^





先日上の娘・ベビ太がヘアゴムを作った際使ったくるみボタン、ぐし縫いをしてボタンをのせて糸をしぼり、ボタンの穴がある方をのせるだけの簡単くるみボタンでした。

では、小さな器具を使って作るくるみボタンとはどう使い分けるのだろう、と考えていたのですが…。

右側がベビ太のヘアゴムのくるみボタンと同じ(であろう)作りのボタン、左側が器具を使って作るくるみボタンのキットです↓




こういうことかなあと思います。

左側は、厚手の布では作れない、と記載されているのですね。
☆詳しくはこちら
ですから薄手の布のときに使うのがきれいな仕上がりになってよさそうです。
ぐし縫いの必要がありませんので、やはり簡単です。

右側は、刺繍をした布や、厚みのある布を使ってくるみボタンを作るときによさそうです。

くるみボタン作り、少しの布で、好きな布で作れて楽しいので、うまく使い分けて楽しみたいです♪

スポンサーリンク