こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、上の娘・ベビ太が最近ハンドメイドに興味を持つようになったので、それについての記事も増えてくるであろうと思い、記事のカテゴリに、“娘のハンドメイド”という項目を追加しました。

小さなお子さんがいらっしゃる方や、子供用の手芸用品を作る方など、何かの参考にしていただけたらうれしいです。
また、いろんなことをやると思いますので、ちょっと興味がある…という方にも参考にしていただけたらいいな、と思っています。
まあ、私が“教える”わけですから、とんでもないガタガタ日記になることは必至ですので、どうぞお楽しみに(?)!

というわけで、今日は“娘のハンドメイド”。
先日自分のハンドメイド資材を買うついでに、上の娘・ベビ太用にこんなものを買いました↓



これは「お子様ビーズセット」というもので、いろんな形や色、大きさのビーズたっぷりと、ビーズを通す透明なゴム2m、それにかわいいうさぎのキーホルダーと、綿レースが入った楽しいセットです(キーホルダーはうさぎとは限らないようです)。

これを購入したことを話したら、目を輝かせて到着を待っていたベビ太。
届いてさっそく作り始めました。

作っているところは夜撮影したので、ちょっと暗いのですが…。









作ったのはブレスレットと指輪です。
テグスはゴムになっているので、ピンピンせずビーズが通しやすくて、つけるときにも弾力があってつけやすいのがよかったです。









☆お子様ビーズセット☆



ところが…。

その後結び目が取れて、ビーズがバラバラになってしまいました。
いろいろ調べてみると、そうならないためのパーツが手芸店で売られているとのこと、さっそく近くの手芸店へ出向き、店員さんにも相談しながら、こんなものを買ってきました。



アクセサリー用のペンチにカシメ玉、ボールチップ、丸カン、そして板カン。

カシメ玉は“つぶし玉”とも言うもので、テグスを通してペンチでつぶして使うものなんですね。
これとボールチップでビーズを“せきとめる”ようです。
店員さんに相談したところでは、ボールチップのフックに真ん丸の丸カンを通して、もう片方には板カンをつけてつなげたビーズを輪っか状にするとよいようです。

インターネットの情報なども見ながらやってみると…。

ちっちゃくてつかむのが難しい~!
つかんでもどこかへ行ってしまう~!!
しかもやっとつかまえてとめたはずのつぶし玉とボールチップが抜けてきた~!!!

なんだかとても小さな世界で、目が痛くなるというより頭が痛くなりました…。
まさか老眼?
いやでも強度の近視だし…(近視でも老眼にはなるそうですが)。

最後は結び目をギュウギュウに作って、どうにか終わりましたが、大変だったので写真などはありません…。


手芸店には大きなビーズコーナーもあって、大人気のようなので、世の人は器用なんだなあとつくづく思いました。
そして私ってなんて不器用なんだろうと…。

まだビーズはたくさん残っているので、次にベビ太がやる気になるまでに、研究をしておかなければいけませんね。
でも先日の私の悪戦苦闘ぶりを見ていたベビ太ですので、ちょっと躊躇しているかもしれませんが…。
まあ、気を取り直してがんばります^^


そうそう、ビーズは当初丸い小さなお弁当箱に入れていましたが、パーツと一緒に購入したこんなトレーに入れると使いやすかったですよ。
変な柄などもなく、使い回しもききそうです。


スポンサーリンク