こんにちは、megosuriです。
お立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

今日もオレンジのステッチの続き。

輪切りのオレンジの右側の葉っぱをひとしきりステッチした後、右にあるオレンジのステッチを始めました。



3種類のオレンジ色の糸でステッチしていきます。




今日、というより昨日は、仕事休みの土曜日なのに、朝からフル稼働でした。
前日の金曜日には仕事帰りに皮膚科へ行き、そして土曜日の朝は内科へまず受付に行き、いったん戻ってからまた出かけていき受診。
これは咳がひどかったため。

その後、やはり咳がひどいベビ次郎を小児科へ連れて行きました。

ひとしきり病院関係が終わったところで、招待券をもらったアンパンマン展へ家族みんなで出かけました。
私たち夫婦は、ひどい出不精なので、休日に電車に乗ってまで出かけるというのはまれなんですよ。

さて、きっと混んでいるに違いない、と思っていたアンパンマン展、もちろん人出はあったのですが、見にくいということは全くなく、戻って見たり、ということも気楽にできるくらいの状態で、よかったです。

そしてなにより、展示の中身が非常に充実していて、大人だけで行っても楽しめるほどで、私ももっとじっくり見たかったです。

こどもはちょっと見ると「早く行こう〜(ミュージアムショップへ!)」となりますからね。

アンパンマンのアクリル絵画、絵本原画を中心に、やなせさんがこれまでに描かれたさまざまな作品の原画や、詩、編集された雑誌などの紹介がされていました。

出口のそばに、なんといったか、ビニール焼き?だったか、ステンレスの板のようなものの上に、黒でアンパンマンの絵が描いてあり、中を塗って、10分ほど焼いてはがす、工作をやっていました。

焼くのを待つ10分ほどの間に、出口の外にあるミュージアムショップを見られるという、なかなか優れたシステムになっています;

この工作に、ベビ太が挑戦しました。
こんなふうに、色をのせていきます。
ステンレスが見えないよう、きれいにのせないと、焼いてからはがす際に破れるとのことで、しっかりと色をのせていきます。



容器を押しながら出すので、手が少し疲れるのか、ベビ太、たびたび私に「後やって」と。
見本はあるのですが、好きな色でどうぞ〜と言われたので、張り切ったベビ太、独創的な色使いで仕上げました。

後でわかったのですが、これは裏側から色をのせていて、はみ出した部分もあったのですが、表から見ると、きれいに仕上がっていました。

裏側はこんなふう↓



そして表から↓



ベビ太の好きなピンク色を多用したアンパンマンです^^

今日のおみやげ↓



ミュージアムショップで、ベビ太が即買ってと言ったものは、メロンパンナちゃんの小さなぬいぐるみでした。
メロンパンナちゃんが好きとは知りませんでした。
メロンパンはそれほど好きでもないのですがね。

アンパンマン展を見た後、レストランで昼食を食べて、帰宅しました。
非常に疲れましたが、行ってよかったです。

やなせたかしさんは本当に偉大な方ですね。
ご冥福をお祈りします。