こんにちは、megosuriです。
お越しいただき、ありがとうございます。

今日は、消しゴムはんこを始めるに当たって揃えた道具について少しだけ書きたいと思います。
あ、念のため。
まだ1回しかやったことのない未経験の者が言うことですので、そのおつもりでお聞きくださいね。

図書館で借りた本などで情報収集をした結果、新たに必要なのは、

・デザインナイフ
・ねりけし
・はんこ用消しゴム
・丸刀や三角刀

らしいとにらんだ私は、いつものように楽天市場とamazonなどのネットショップをチェック。

あるキット一つに絞り込みました^^

それがこれです↓



「ほるナビDXセット」。

もう持っているものなどもあるのですが(カッティングマットやチョコレート色のバーサクラフトのインク等)、それでもなかなかよいのでは?と思い、購入を決めました。

楽天市場でもamazonでも販売していますが、多面的に比較検討した結果(つまり価格の安い)amazonで購入しました。

中身を出しますね。



mizutamaさんの図案や、フレームを作れる紙も入っています。

もっと寄ってみますと…



まず彫るのに必要な三角刀、ブラウンの柄がおしゃれなデザインナイフ、そしてねりけしです。
デザインナイフは鉛筆のように持って使え、便利。
ねりけしは、消しゴムに押しつけて、ゴミなどを取るのに使います。

他に入っていたのは、黄緑色のはがきサイズのはんこ用消しゴム、かわいい形の消しゴム、そしてトレーシングペーパーです。



考えてみたら、はがきサイズの消しゴムなんて触ったことがなかったので、その重さにびっくりしました。
彫ると黄緑色のところが削られて白くなりますので、わかりやすいんですね。

トレーシングペーパーは、図案を写して消しゴムに押しつけて写すときに使います。

あとはケース(水色のゴムバンド付き)とピンク色のカッティングマット、それに布にも使えるインク、バーサクラフトのチョコレート。
チョコレートはすでに持っていたのですが、まあ、いいでしょう。



箱の外側についていた紙に、中身の詳しい説明があります。



消しゴムはんこ、図案を写すのは簡単だったので、取りかかるのは気が楽でした。
ただきれいに彫るのには長い歳月が必要そうですが…。

ちょっとやってみたいな、という方の参考になれば幸いです。




☆本☆



☆ほるナビDXセット☆