こんにちは。
おいでくださり、ありがとうございます。

今週は日中、少し暖かくなるようです。
私は、そんなはずはないと思いたいのですが、どうも花粉症らしき症状が…。

さて夕べは3日ぶりにクロスステッチ♪

「北欧の刺しゅう」の中の、FILOSOFI・mareiさんの『野の花のベルプル』のステッチの続きです。

ハルジオンに取りかかりました。
ほんの少しだけですが↓



ハルジオンは、かわいらしい花ですよね。

私は、というより私たち夫婦は、「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」のような、“偉大なるマンネリ”(でしたっけ?)と言われるような時代劇が、見ていて気楽なので好きで、娘が生まれる前は、再放送をよく見ていました。

そして、ストーリーは忘れてしまいましたが、「暴れん坊将軍」の中で、将軍・吉宗が、最後に物思いにふけりながら、お城の庭に咲くハルジオンを摘んでそっと香りをかぐ、というシーンがあったんですね。

それで、少しの間ハルジオンを摘むというのがアワ(our)ブームになっていました。

あるとき、摘んだハルジオンを持って、行きつけの蕎麦屋さんに行ったところ、お店のスタッフの方に、「どうしたんですか、貧乏草なんか持って」と言われて衝撃を受けました。

昔(?)はハルジオンを“貧乏草”って言っていたんですね。
こんなにかわいい花なのに…。
どうしてかな??

ステッチしていて、そのときの驚いた気持ちを思い出しました。




☆本☆
【送料無料】北欧の刺しゅう

【送料無料】北欧の刺しゅう
価格:1,260円(税込、送料込)


スポンサーリンク