こんにちは。
夏の花、ムクゲをあちこちで見かけます。
今日は、こんな色のムクゲを見ました。



花は気持ちを和ませてくれますね。

今日はソレイアードのプティット・フルール・デ・シャンという、白地にブルーの柄の、とても爽やかな生地を使います。
プティット・フルール・デ・シャンというのは、「野に咲くちいさな花」という意味なんですね。
布にこんなかわいらしい名前をつけているところがとてもフランスっぽくて素敵です。

私はなんだかソレイアードが好きみたいで、最近こんな本も買ってしまいました↓



表紙のクロスが付録でついていて、中はソレイアードの生地を使ったさまざまなものが載っていて、生地バリエーションなんてのも載っています。
あ、話が少しそれました。

さてさて、夕べは、この爽やかなソレイアードを切り替え部分に使って、RickRackのエピセバッグを作ることにしました。
このバッグは、中に大きなポケットがついていて、外側も、布を切り替えて楽しめるバッグなのですが、なんとなく面倒な気がして、ずいぶん前にパターンを購入し、そのままになっていました。

本体表・裏布、切替布、ポケット布、持ち手布を裁断します。
ショルダーにもできるのですが、今回はショルダーなしで、“手提げ”にします。

ところで私は、裁断の中で、「わ」になったものが苦手です。
なるべく無駄が出ないよう、一方をミミにつけて型紙を置くのですが、なかなかピタッと置けないのですね。
ぶわぶわしてしまう、というのでしょうか。
夕べも、やけに時間がかかってしまいました。

裁断が終わったら、まず切替布を本体表布に縫いつけます。
中厚地を表地に使った方がよい、薄地の場合は接着芯を、と書いてあるので、切替布にだけ接着芯をつけました。



あ、間違って口の方だけでなく底まで切り替えてしまいました。
でもまあいいかなと思い、そのまま表バッグを作りました↓



上下切替でも変じゃないですよね?
でも底は無地のブルーでもよかったかも…。

次はポケットを作ります。
端の始末をして、裏布に縫いつけます。
とても大きなポケットです。


裏布は、RickRackのリネンシャンブレー セットの“ヒアシンス”の中のチェックを使います。
そしてポケットは、同じセットの中の無地を使います。
続きはまた。