こんにちは。
いつもお読みくださいまして、ありがとうございます。

シャルマンブラウスの続き。
裁断まで終わりました。
次は前立てを作ります。
これは別に用意せず、そのまま前身頃を使って作るのですぐです。



前身頃と後ろ身頃の肩を縫い合わせ、袖口の始末をします。
先に袖口の始末をするので、やりやすいです。
その後、袖下から脇を縫い合わせます。
ここまでは結構すいすいと。



これからいよいよ初めての衿!
先に衿ぐりにギャザーを寄せます。
寄せる箇所と、寄せて何センチにするかはテキストに書かれているので、できるだけその通りにやります。

そして上衿を作ります。
そもそも「上」衿って何のことやら…という感じでしたが、いつも「衿」と呼んでいる部分のことなんですね(私の中で)。



これ一つ作るのに、厚紙当てたりなど、かなり手間をかけるものなんですね。
私はカットソーより衿つきのシャツ派なのですが、シャツがこんなに手間をかけて作られているのかと感動しました。

次に、上衿と台衿を縫い合わせます。
もうかなりなんだかわからない状態ながら、とにかくテキスト通りにそれぞれの表、裏を重ねて縫い合わせると…



何だか見慣れた「衿」が出現しました。
このできたての衿を、身頃と縫い合わせます。
身頃は先ほどギャザーを寄せていますので、ぴったり合うか、ドキドキしながらピンチをとめていくと、まあまあぴったりです。
ちょっと引っ張ったりもしましたが…。

表(後ろ身頃)から見たところ↓



裏から見たところ↓



おおー、我ながらシャツらしくなりましたよ。
でも、衿先が失敗…。





片方は衿から身頃がはみ出しているので、手で無理やりまつり(?)ました。



どうもこれはいただけませんね。
次からは気をつけます。

衿が終わったら、前立てと裾(ひもを通すようになっています)にボタンホールを開けます。
ここですぐにボタンのみで穴を開ければよかったのですが、まあ後で穴あけてボタンつければいいや、と思って、次の工程、「裾の始末」に進んだのがいけませんでした。
裾にボタンホールを開けなければいけなかったのに…穴を開けるときになって、ああー、という状態に。



本来穴が開くはずのないところに穴が!!
もう後の祭りです。
ただ、穴を開ける前にピケを縫ったら、穴がハサミで切ったみたいにきれいに開いたのにはびっくりしました。



最後に裾のひもを通します。
ひもは、バイアステープにしたり、丸ひもやレースでもいいのですが、手持ちで長さが合うものが、レースだけでしたので、レースにしました。

なんとかできあがり↓



パターン:RickRack シャルマンブラウス
布:RickRack さくらんぼ (コットン100% 60ローン)


着てみた感じはお見せできませんが、サイトにも書いてあるように腕がなんとなくうまく隠れて、いい感じだし、着ていてとても楽な感じです。

(サイトにはこう書いてあります)
ゆったりとしたサイズで着やすいブラウスのパターンです。
羽織り物としても着られて、どんな服ともコーディネートしやすいデザインになっています。

衿は「上衿つきカラー」または「スタンドカラー」の2タイプが楽しめます。
衿元には程良く入ったギャザー、裾の紐を絞るとふんわりと膨らんだバルーンのシルエットになります。

お袖は身頃から続きになっているので、面倒な袖つけもありません。
肩から袖口にかけてゆったりとしていて、気になる二の腕もカバーしてくれる袖丈です。

リラックスできるサイズ感でデイリースタイルに大活躍しそうです。


ただ途中から懸念していたとおり、このデザインで、白地にさくらんぼの生地、着てみると、“おばちゃんぽい”のです。
まあ、年齢としてはおばちゃんですが、私としては、クールにスタイリッシュに決めたかったので、サイトにも出ているように、ネイビーのような暗めの単色の布でやった方がよかったかも。
また作ってみようと思います。
出来はよくありませんが、ブラウスが自分で作れておもしろかったです。