こんばんは、megosuriです。

雨の季節がやってきました。
紫陽花が色づいていますね。







紫陽花といえば、いつも庄野潤三の本で読んだ、墨田の花火の話を思い出します。
住田さんというお宅に墨田の花火を届けた話。

紫陽花の他には、ドクダミの花も咲いていました↓



ドクダミは、お茶にして飲むと体にいいですよね。
私の実家では、そこら中に生えてくるドクダミを束ねてつるし、乾かしてお茶にしていました。
それを飲むだけでなく、顔を洗ったり、お風呂上がりにタオルを浸してしぼり、体を拭いたりするのに使っていました。
昔から暑がりで汗っかきの私のあせも対策でもあったのです。
そんなことを思い出しました。



さて今日もa+のキット。
ダブルガーゼで作るハンカチです。
ガーゼ生地が10枚と、リボンが5枚セットになっていて、ハンカチが5枚作れます。
柄はおまかせにしました。
そしてこんなふうに組み合わせることに↓



中表でリボンも一緒に縫い、表に返してステッチ。
簡単なのですが、きれいに仕上げるのは私にはなかなか難しいです。
できました↓


a+ 『Wガーゼハンカチ 作成キット 柄おまかせ 5枚set 女の子柄』

おまかせの柄でしたが、好きなイチゴ柄やドット柄もあってよかったです。
リボンもかわいいですね。
パンダの柄もかわいいです。
少しずつ、いろいろな生地がセットになっていて、裁断も不要なので、手軽に作れるのがこちらのキットの素敵なところです。

次に作ったのは、リボンのヘアゴムです。
2つ作れるよう、2枚布が入っているキットです。
布は1枚はリバティ、1枚はピンクかレッド系のものが入ります。
私のところにやってきたのは、シャープな花柄のリバティと、赤のドット柄の布でした。
どちらも好きな柄です。

型紙は大小のサイズがあり、小サイズの方を作ることに。
本来は1柄1つなのですが、2つに髪を結ぶことも多いので、2つ作ることにしました。

まずは接着芯を貼ります。
接着芯を貼るときには“当て布”をしています。



中表にして縫い、表に返します↓



リボン状にします。
そして、ベルトを作り、リボンとゴムを巻き、手縫いでとめるのですが、これが難しかったです。
キュッととまりません。
それに、キットのヘアゴムでは足りず(2つずつ作ったため)、手持ちのヘアゴムを使いましたので、その結び目が気になります。



裏から見たところ↓


a+ 『リボンモチーフ ヘアゴム作成キット リバティ
ピンク&レッド系』


最後の組み立てが難しかったですが、ハギレで作れるので、また作りたいです。




スポンサーリンク