こんばんは、megosuriです。

アンの木パターンの「ラミネート生地で作るポケットショルダー」を作ります。

まず、ミシンの押さえをテフロン押さえに取り替えます。
そしてポケットショルダーを作る前に、おまけでついているパターンのティッシュケースを作ってラミネート生地を縫う練習をすることにしました。

まず端を縫います。
ラミネートはほつれてこないので、三つ折りしなくていいんですね。



クリップでとめて縫い始めます。
若干重みのような抵抗を感じますが、特に問題なく、普通に縫えました。
テフロン押さえ、すごいです。
できました↓



ではポケットショルダー。
Sサイズを作ることにしました。

まずDカン用ループを作ります。
細くて小さいので、返し縫いのときなど、やりにくいかなあと思ったのですが、ラミネートはハリがあるので、ふつうの布よりはるかに縫いやすかったです。



本体にDカンを取り付けます。
厚みがあるので心配しましたが、まあ大丈夫でした。



あとは、本体底を縫ったり、隠しマチを作ったり(簡単なんですね)し、脇を縫い合わせ、見返しを付けます。
布がイカリ柄で上下があるため、取り付ける向きに一瞬悩みましたが、本体と同じ向きにつけて大丈夫でした。
縫い付けは、ミシンのテーブルを外すとやりやすかったです。

アンの木パターンのテキストは、ちょっとしたコツやポイントが親切で的確でいいですね。
それに、型紙はもちろん縫い代込みなんですが、仕上がり線も書いてあるので、それも写しておくと、私のように適当なところを縫う人間にはとてもやりやすいです。

ということで、1時間程度でできました。


パターン:アンの木パターン ラミネート生地で作るポケットショルダー S
布:イカリ&RickRackリネン ラミネート 白
ショルダー持ち手:手作り工房 MY mama (楽天市場) ショルダー持ち手 バニラ


見返しは、違う布を使ってもかわいいらしいですが、今回は同じ布で。
次は違う布で組み合わせを楽しむのもいいかな。



あとはスナップボタンをつけたら完成なのですが、それはまた今度つけたいと思います。

今日は初めてのラミネートでしたが、聞いていた以上に扱いやすく、またアンの木さんの作り方もわかりやすかったので、開発話でも、確かいろんな人に作ってあげたということでしたが、この私ですら、量産したい!と思えるほど楽しかったです。




スポンサーリンク