こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。
裏も表もきれいなかんたん巾着、今日は作り方2回目です。
*1回目はこちら

全体の手順をもう一度確認しておきましょう。
1.裁断 終了
2.口布(ひもを通す部分)作り 終了
3.本体作り
4.口布と本体を合わせる
5.ひも通し
今日は手順の3と4です。

3.本体作り
表布、裏布とも中表にして半分に折ってアイロンをかけておきます。
このアイロンの線が底の線になります。
IMG_5988
タグを縫いつけたい場合は、このタイミングでつけます。
折った布を広げて表面を出し、縫いつけたい場所にタグを置きます
アイロンで底の線の印をつけていますので、それも意識しながら場所を決めましょう。
両側は1cmの縫い代になりますので、ご注意くださいね。
マスキングテープでとめると便利です。
IMG_5989
タグをミシンで縫いつけます
端ぎりぎりを縫いたいので、このとき私は縫い目の長さを1mmほどにしています。
縫い終わったら縫い目の長さを元に戻すのを忘れないようにしましょう(私はいつも忘れてしまいます)。
IMG_5990
タグがつきました
IMG_5991
次に本体の脇を縫い代1cmで縫っていきます。
ここでちょっとお手元のミシンをご覧ください。
おそらく縫い代の幅が測れるよう、印がついていると思います。
IMG_5992
1cmのところにマスキングテープを貼るか、
IMG_5993
マグネット定規を当ててから縫うと縫いやすいです。
IMG_5994
表布、裏布とも両脇を縫い代1cmで縫いましょう(4回縫うことになりますね)。
裏布は片側の真ん中辺りで6〜7cm程度の返し口(縫わない部分)を作るのを忘れないようにしてくださいね。
IMG_5995
そしてここで大切なポイント。
表布と裏布の脇線はぴったり揃うように縫いましょう。
そうしないと、最後に表布と裏布を縫い合わせるときにぴったり合わなくなってしまいます。
裁断を丁寧にし、正確に縫えていれば合うはずですが、そうはいっても合わないもの。
私は必ず最後の脇を縫う前に、先に縫った方に後から縫う方を重ねて印をつけて、確実にその部分を縫うようにしています。
IMG_5996
脇が縫えました。
IMG_5997
1ヶ所返し口を作るのを忘れずに。
IMG_5998
縫ったところや全体にアイロンをかけます。
そして四隅を写真のようにカットします。
このとき、せっかく縫った糸を切らないよう注意してくださいね。
この工程は省いても問題ありませんが、カットしておくと隅がもたつかずきれいです。
IMG_5999
アイロンで縫い代を割ります
IMG_6001
これで本体作りは終了です。

4.口布と本体を合わせる
それでは口布と本体を合わせていきましょう。
まず表布を表に返します(外表にします)。
そして表布の口(上に来る部分、開いているところ)に、口布を重ねて、マチ針やクリップなどでとめます。
口布の「わ」が下(手前、底側)に来るように重ねましょう。
口布の幅は本体の幅より狭くなっていますので、それぞれの真ん中が重なるよう合わせてくださいね。
IMG_6002
しつけ糸で端から3mmあたりのところを縫いましょう。
IMG_6003
終わりましたら今度は反対側にもう一枚の口布を縫いつけます
IMG_6004
口布を縫いつけた表布を、裏返し(中表の状態)、内布を外表にします。
IMG_6005
表布の中に裏布を入れます
IMG_6006
まず脇の線をぴったり合わせてマチ針やクリップなどでとめます。
その後全体をとめましょう。
IMG_6007
ずれないよう注意しながらぐるっとしつけ糸で3mmあたりを縫いましょう
縫い代1cmでぐるっとミシンで縫います
しつけをしておくと、ミシンで縫うときにずれる心配もありませんし、マチ針が指に刺さって痛い思いをすることもなく縫いやすいですよ。
IMG_6008
終わったらしつけ糸を取りましょう
IMG_6009
表布から裏布を引き出します
IMG_6010
裏布の返し口から少しずつ布を引き出します
この瞬間がドキドキわくわくしますね。
IMG_6011
これで表に返せました
IMG_6012
返し口が開いたままの状態です。
全体をアイロンで整え、返し口部分も丁寧に整えたら
IMG_6013
返し口を縫って閉じましょう
ミシンでも手縫いでも。
私は縫い目が見えないよう手縫いにしていましたが、最近はしっかり縫えるようミシンにしています。
IMG_6014
裏布(内袋)を表布の中に入れましょう。
IMG_6015
あちこちチェック。
IMG_6016
口布のところはこんなふうに仕上がっています。
IMG_6017
中はこんなふう。
ここでもう一度口布と本体の境目に丁寧にアイロンをかけておくといいですね。
内布が固定されていないのが気になる場合は、口布寄りの本体部分をミシンでぐるっと縫ってもいいでしょう。
私は洗濯して干すときに内布を完全に出して乾かしたいので、基本的には縫っていません。
IMG_6018
これで縫う作業は終了です。
お疲れさまでした。
あと一息で完成します。





スポンサーリンク