こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。


今日は建築中の新居の私のアトリエを大公開♪






































まだ保護されていますし、クロスも貼っていない状態ですが…。

4畳半の細長い部屋なのですが、それでも自分だけの空間が持てるのはとてもうれしいことです。
ミシンを置いたりできるカウンターと、ディスプレイに使えるような、奥行きの浅い棚をつけてもらいました。 







































また、可動棚をつけた収納もあります。






































カウンターの背面には、今持っている本棚を並べるつもりで、それほど広くはないので、しっかり持ち物の整理をしてから引っ越さなければ、と思っています。


打ち合わせ段階でクロス(壁紙)のサンプルを取り寄せてもらっていましたので、それもご紹介♪

まずこの2枚が私のアトリエに使うクロス。
白い木の壁のようなクロスは実はミッキーマウスの絵が入っているのが残念ではあるのですが、それほど目立ちませんし、このかすれた感じがとても気に入ったので、こちらをメインに使います。
天井は淡いピンクの花柄。
私にしてはちょっと乙女チックですが(^_-)、ちょこっと使いするとかわいいかも、と思い、選びました。 

 





















ほとんどの部屋は白のスタンダードなクロスを使用します。
ピンクのクロスは、こども部屋に部分使いする予定。






















トイレや洗面、脱衣室は塗り壁のような雰囲気のクロスにし、床は水跳ねを考慮してクッションフロア、テラコッタのような雰囲気のものを貼る予定です。
壁はもともと他の部屋にメインで使う白いクロスにする予定でしたが、このクッションフロアにはもう少し雰囲気のあるクロスが合いそうだなと思って、こちらを選びました。 























サンプルはA4くらいの大きさ。
実際に広い面積に貼るとどうなるのかは貼ってみてのお楽しみ、ですね^^



 


さて、年末の恒例行事といえば年賀状、ですよね。

仕事の関係もあり、200枚近く手書き(!)をしていた頃もありましたが、今はほんの数枚をごく親しい人たちとやりとりするだけになりました。
でも、だからこそ大切な年賀状。
それなのにここのところ毎年「年末の」恒例行事ではなく、「年始の」恒例行事になってしまっていました。
バタバタしているうちに、いつの間にか(じゃないですよね〜)年を越してしまい、焦って書く、先方にはきっともうお正月終わったよ、という頃に届く、という状態になっていたんですね。

でも、今年はなんともう書き終えたんです!(って威張れることじゃないですよね…(^_-))
その秘密は…今年初めて郵便局のはがきデザインキットを使ったんです。

私は絵心が全くないので、毎年どんなデザインにしたらいいか悩んでしまう、というのもあって、年賀状を書くのが遅くなっていた、というのもあったんですね。
何かいい方法がないものかとインターネットを検索していたら見つけたのがこのはがきデザインキット

写真を入れてもいいし、たくさんのテンプレートから好みのものを選んで文字を入れてもいいし、というキットで、使い方もなんとなくわかるような作りになっていて、よかったです^^

宛名も印刷するようにすると、年賀状や暑中見舞いなどの送付履歴が残せるようになっているのも便利です。
少しずれましたが、自分の郵便番号のところだけですので、大丈夫かな。

自分で絵を描いたわけではありませんが、自分で「作った」年賀状、大切にメッセージを手書きしていくことができました。

私のように、年賀状のデザインで悩んでいらっしゃる方にはオススメです^^


 

スポンサーリンク