こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


日本ヴォーグ社 はじめてのカルトナージュⅡ 通信講座」の5回めで最後の課題、『ふたつき小物入れ』が完成しました。 

















布や厚紙、タッセル、キルト芯、他にケント紙などの材料はキットとして揃っています。
また、ボンドをつけるための大小のハケやヘラも入っています。
自分で用意するのは、ボンドやはさみ、カッター、水貼りテープに使う水、くらいでしょうか。















レシピにしたがって、水貼りテープでまず土台を作ります。 
水貼りテープは、切手のように、水をつけると貼りつくテープなのですが、使うたびにその接着力に驚かされます(ぐずぐずできません(^_-))。
厚紙には、「A」「B」などの記号が刻まれていて、レシピと照合しやすくなっています。 















土台ができたら、外から布を貼っていきます。  

















レシピに「ボンド」と書いてあるところ、私は"カルトナージュグルー"を使っています。 
 
























タッセルのつけ方、キルト芯のはさみ方など、とても勉強になりました。 
内側の側面は、少し低くなっていて、そこにふたが乗るように計算されています。



















底とフタ裏はこのようになっています↓



















ケント紙を布で包んで貼りつけるんですね。


今回のレッスンでこの講座は修了(おまけのワンレッスンはありますが)です。

それでは、これまでに作ったカルトナージュ作品4つ↓





















5作品、揃い踏み↓




















この「日本ヴォーグ社 はじめてのカルトナージュⅡ 通信講座」は、受講から1年以内に添削作品を1つ提出し、修了証を申請すれば、修了証がもらえます。
 
今年1月初旬に申し込みましたので、ギリギリセーフ、です(^_-)
添削作品も修了証申請書に載せる"最も気に入った作品の写真"も、この最後の作品、『ふたつき小物入れ』にしました。



































どれも気に入っているのですが、やはり最後に作ったこの作品が、いちばんきれいにできた気がしましたし、状態もいいですしね。

期限までに提出できてとてもほっとしました。
実は私、"通信講座"と名のつくもので、最後まで続けられたものはこれまでにひとつもないんです。
この講座はどうにか最後までたどりつけて、今、とても清々しい気分です。




 

スポンサーリンク