ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2018年04月

こんにちは、megosuriです。
暑くさえなったと思ったらまた寒くなりましたね。

ここのところ透明なビニールでケースやポーチなどを作っていたのですが、かたくて思うように仕上げられない、と悩んでいました。
透明なケースって何が入っているかわかりやすくて、クリアファイルが便利なところに似ていますよね。
それで自分が使いやすいと思うサイズや形状でいろいろ作ってみたかったのです。

そんなとき、いつもいろいろなアドバイスをいただいて仲良くしていただいている(私が押しかけている?!)憧れの作家さんでも、いろいろ試してみていらっしゃることを聞きました。
私はちょっとうまくいかないとすぐに諦めてしまうところがあって(というよりそればっかり)、その話を聞いたとき、深く反省しました(反省しても繰り返していますが…)。

それでちょっとこれまでの完全に透明なビニールとは違うのですが、半透明でやわらかな手触りのビニールを少し購入してみました。
一緒に透明なファスナーも購入。
(写真写りが悪くて申し訳ありません)
マスクポーチとしても使えるサイズのペンケースを作りました。
IMG_6990

とってもソフトなので、返すのに苦労することはありませんでしたが、シリコン押さえを使った方が縫いやすいですね。
また、腕の問題が多分にあると思いますが、ファスナーに合わせてカットしたはずでしたが、縫うときにふにゃふにゃするのでずれてきてしまって、生地が余ってしまいました…。
ファスナーをつけるときはファスナー押さえを使っていたからでしょうか(いえ、腕の問題でしょう)。

また縫い代の始末は不要なのですが、その分裁断が美しくないと目立ちます。
私は裁断が(も)ガタガタなので、気をつけなければいけません。

半透明具合はこんな感じです↓
IMG_6991

やわらかいので、自立はせず、くにゃっとします↓
IMG_6992

透明なのもいいですが、半透明は見た目がすっきりしていていいですね。
IMG_6993

今回は初めて透明なミシン糸も使ってみました。
IMG_6994

透明な糸は、ようかいしりとり&ラメ糸の刺繍で書いたときのラメ糸のようにバサバサするのかなあと思っていましたが、細いのもあってかそれほどでもありませんでした。
ただ全くふつうの糸のような感覚というわけではないですね。
ちょっと扱いづらいところはあります。白髪みたいな感じがしました(^_-)







Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
桜が満開になり散ってしまいました。
今日は近所で藤の花が咲いているのを見かけました。
そろそろツツジの季節になりますね。

ドルチェグストが壊れた!

ネスカフェ・ドルチェグストで毎日コーヒーを挿れていたある日、突然コーヒーが抽出できなくなってしまいました。

こちらもよろしければお読みください↓
ネスカフェ・ドルチェグストで安定したコーヒー生活がしたい!
ネスカフェ・ドルチェグストでコーヒーを淹れる&おすすめカップ
ネスカフェ・ドルチェグスト「マシン無料レンタルのカプセル定期便」あれこれ


*ネスレのサイトへ
 

壊れたときの状況

給水タンクをセットし忘れてコーヒーを抽出しようとしてしまったので、そのためかなあと思ったのですが、そうではなかったようなのです。
よくそんなことがあり、そんなときは一旦電源を落としてから再度抽出すれば問題なかったのですが(この場合、カプセルは取り外さないようにしないと、一旦開いた穴とは違うところに穴が開いて、コーヒーが噴出することがあるそうなのでご注意を!)…。

通常は電源を入れると、まず赤く点滅し、緑色に変わるのですが、ずっと赤と緑が繰り返し点滅する、という状態になったんですね。
そこでしばらく時間を置いてみたところ、緑色に点灯したので、「よかった〜」と思いつついつも通り抽出レバーを右に倒したのですが、いつものような「ブオーン」という元気のいい音がせず、「ブ」で終わってしまうような感じでコーヒーが出てきてくれません。

サポートデスクに電話

そこで取扱説明書に記載されているサポートデスク(フリーダイヤル)に電話してみました。
状況を簡単に説明したところ、使っているマシンやこちらの連絡先などを確認。
まずは給水タンクを20回ほど脱着してみるよう勧められました。

サポートデスクへは携帯電話からもかけられたのですが、そのときは固定電話からしかかけられないと思っていたので、その作業をする間、待っていてくださいました。
するといつもの「ブオーン」に近い音がして、数滴コーヒーが出てきました。
もしかしたらと思いましたが、それで止まってしまいました。

何度かやってみるとなおるかもしれないので、そこで一旦電話を切ることにしました。
カプセルを刺す針のところにコーヒーの粉が詰まっているのかもしれないので、なおらなければ針の「お手入れピン」を送ってもらうことになりました

結局一晩置いてもなおらなかったため翌日再度電話をして、「お手入れピン」を送ってもらうことになりました。
朝9時を待って電話しましたが、よく見ると、サポートデスクは24時間対応なんですね。
それなのにとても親切で丁寧な対応で、驚きました。
送付はクロネコDM便だったため、水曜日に連絡して土曜日到着という、「待ったな」という気持ちは強かったのですが…。

お手入れピンが届いた

届いたのは説明書とお手入れピン。
IMG_6794

お手入れピンは安全面を考えてか、紛失しないようにか透明なプラスチックのミニブックのようなものに固定されているような状態です↓
IMG_6795

ピンをくるっと外に出して使います。
IMG_6796

マシンを倒して、カプセルを刺すピン(改めてよく見るとここは空洞になっているんですね)のところを見やすくし、そこにこのお手入れピンを差し込みます。
IMG_6797

失敗してもいいように(?!)最初にマシンが届いたときのおまけの「濃い抹茶」のカプセルをセットして淹れてみると…抽出できるようになっていました!
IMG_6798


IMG_6799

ピンひとつですぐ治るのなら、最初から同梱されているといいのにとも思いましたが、尖ったものですので、きっと安全面の配慮などもあるのでしょうね。
壊れている間飲めなくて残念な思いだったので、修理に出したりすることなくすぐになおって本当によかったです。
サポートデスクの方はとっても親切だったので、困ったことがあったら安心して電話できますね^^

*ネスレのサイトへ





こちらもよろしければお読みくださいね↓
ネスカフェ・ドルチェグストで安定したコーヒー生活がしたい!
ネスカフェ・ドルチェグストでコーヒーを淹れる&おすすめカップ
ネスカフェ・ドルチェグスト「マシン無料レンタルのカプセル定期便」あれこれ
Clip to Evernote

↑このページのトップヘ