ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2018年03月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

かわいいコーヒー柄の生地でコースターを作りました。
IMG_6863

小さくあれこれプリントされていておいしそう^^
IMG_6864


IMG_6865

接着キルト芯を貼って作りました。
接着キルト芯は貼るのが難しくて(megosuri的には)久しぶりに使ったのですが、やっぱり難しい〜。
わずかにふんわりするくらいの手触りのコースターになりました。

IMG_6866

近々実家へ行くので、毎日コーヒーを飲む両親へのおみやげにするつもりです。






スポンサーリンク

 

こんにちは。
桜の花やレンギョウ、ウグイスの声が楽しめる季節になりましたね。

先日作った太めハンドルがかわいいジムバッグと同じサイズで、もう一つジムバッグを作りました。
本体部分は無地でシンプルにして、ハンドル部分を明るくしたいなと思って作ったもの。
IMG_6840
ブラウンの11号帆布に、淡いグレーやピンク、くすんだブルーで植物が描かれたコットンを組み合わせています。

この植物柄のコットンはデコレクションズというお店のもの。

*楽天市場の商品ページにジャンプします↓


全体にではなく、実際に手で持つあたりだけに接着芯を貼りました。
IMG_6844

マチは8cmほど。
この部分は帆布が二重になっているのでしっかりしています。
IMG_6843

内側にはポケットを2つつけました。
イヤホンを2種類入れられるようにするためです。
イヤホンについてはまた書きますね。
IMG_6845
地味さわかやな感じのバッグになったかなと思います^^







スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

ミシンでいろいろ作っていると、ハギレが出ますよね。
ふつうの布のハギレはつなぎ合わせて何か作れそうですが、ラミネートの生地はなあ、と思っていました。
ふと思いついて、細長いハギレをタテに二つ折りして本に挟む“しおり”にしてみました。
IMG_6777
端がほつれる心配がありませんので、外表に折って、ミシンの押さえをラミネート押さえに変えてからぐるっと端縫い。
IMG_6779
ハトメパンチで穴を開けて真鍮のハトメをつけ、これまたほんの少し余った革ひもを結びつけました。
ハトメパンチは厚紙にしか使ったことがなかったので、うまくできるか不安でしたが、大丈夫でした。
IMG_6778
私が使っているのはこちらのハトメパンチとハトメです(楽天市場の商品ページに飛びます)。



ラミネート生地で作ったしおり、自分で使うのはもちろん、ちょっとしたプレゼントにもよさそうです。

IMG_6780






スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

今日はなぜ私がネスカフェ・ドルチェグストの「マシン無料レンタルのカプセル定期便」を申し込んだか、また気に入った点、気になる点などについて書きたいと思います。
*サービス内容が変更になる場合がありますので、申し込み前にネスレのサイトでよくご確認くださいね。

こちらもよろしければお読みください↓
ネスカフェ・ドルチェグストで安定したコーヒー生活がしたい!
ネスカフェ・ドルチェグストでコーヒーを淹れる&おすすめカップ

*ネスレのサイトへ
 

飲みたいときにすぐ、おいしく飲みたいから
カプセル式のコーヒーマシンであるドルチェグストを選んだのは、「コーヒーが飲みたい」と思ったらすぐに、おいしい状態で飲みたいからです。
ドルチェグストは電源ボタンを押してからスタンバイ状態になるまで約30秒ほど
無料レンタルできるマシンは、自動で抽出をストップするオートストップのタイプなので、安定したおいしさでコーヒーが淹れられます
これが自分で抽出をとめるタイプだと、お湯の量を計りながらになりますので面倒ですし、味が安定しませんよね。
もちろんレバーで調節すれば、自分の好みの濃さにすることも可能です。
自分でドリップしたコーヒーはさらっとしていますが、ドルチェグストで淹れたコーヒーは、クレマ(泡)ができるのもおいしくていいです♪
IMG_6381

マシンが無料だから
「マシン無料レンタルのカプセル定期便」はマシンが無料でレンタルできるのがいいですね。

*ネスレのサイトへ
 

カプセルが10%オフになるから
「マシン無料レンタルのカプセル定期便」は2ヶ月に1回自動的に届けてくれ、1回あたり6箱購入で、カプセルが10%オフになります(4箱だと5%オフ)
ネスレのサイトには、1日2杯は飲む方は6箱がおすすめというようなことが書かれてあり、私は1日2杯は必ず飲むなと思いましたので、10%オフになる6箱で申し込みました。
そしてそんなに飲まないなという方でも、10%オフになる6箱での申し込みがお得だと思いますよ。
「それじゃあカプセルがたまってしまうかも」と心配になる方もいらっしゃるかもしれませんね。
でもネスレの定期便はその点とてもよくできているんです^^

カプセル定期便の使い勝手がいいから
「マシンが無料なのはいいけど、定期便はちょっと…縛られる感じがしていや」「カプセルがたまってしまったらどうしよう」という方もいらっしゃるでしょう。
うれしいことに、配送日はオンラインショップのマイページから簡単に変更することができるんですね。

「マイページ」→「注文情報」→「次回の注文内容を変更する」と進むと、「支払い方法/カード情報」や「お届け先」の変更の他、「お届け日」や「お届け商品」も自由に変更できるんです。
「お届け日」についてはカレンダーが出てきて日を選べ、時間帯も選べます
定期便は電話でしか変更できないことが多いように思いますが、ネスレはサイト上でできるのがとても便利です。
*2018年4月24日届け分から価格改定でカプセルが値上げになるそうです。
そのメールを見て、取り急ぎ次回の「お届け日」を4月23日に変更しました。
最終変更可能日は4月13日だそうです。


私は飲み始めてからいろいろ迷って、次に届けてもらうカプセルの種類を何回も変更しましたがそういったことも可能です。
そして私の場合はカプセルが余るどころか足りなくなったので、「2ヶ月に1回」の定期便なのですが、「お届け日」を変更して、早めに2回目のカプセルを届けてもらいました。
「お届け予定日」の10日前までであれば変更ができるでとても使いやすいです。

1ポイント=1円で使えるネスレショッピングポイントが2倍になり、「マイページ」→「ショッピングポイントの確認・変更」→「自動使用ポイントの設定」から、「毎回、すべての保有ポイントを自動的に使用する」に設定しておくと、カプセル送付のたびにたまったポイント分を使って割引になるのも便利です。

解約も簡単だから
「もしやっぱり自分のライフスタイルに合わなかったら」と思うと申し込みをためらうかもしれません。
解約は簡単で、カプセル定期便を3回以上継続したら、4回目以降はいつでも解約ができます
解約したくなったらコールセンターに電話をし、送料を負担してマシンを返却すればOKです。
使わなくなったマシンが家にずっとある、という事態にならずに済むのがいいですね。

ネスレのいくつかのマシンの中でドルチェグストに決めたのは

ネスレにはドルチェグストの他にもカプセル式のマシンがあります。
よく聞くものについてmegosuri的にざっくりと書きますね。

・ネスカフェ ゴールドブレンドバリスタ
・ネスレ スペシャルT
・ネスプレッソ


「ネスカフェ ゴールドブレンドバリスタ」は、有名な「ネスカフェ ゴールドブレンド」(マシンに使えるのは専用のカートリッジに入ったものです)を使って、ボタン1つで好みのメニューが選べて淹れられるというもの。
カプチーノ、カフェラテ、ブラックコーヒー、ブラックコーヒー(マグサイズ)、アイスコーヒー、アイスラテから選べるそうです。
インスタントコーヒー(ネスレではレギュラーソリュブルコーヒー、と言っていますね)で満足だけど、それをもう少しおいしく楽しく飲みたい、コスト面(1杯あたり約20円。ドルチェグストは約50円〜)も大事、という方にいいかもしれません。
我が家の場合は夫がインスタントコーヒーは嫌だというので選択肢に入りませんでした。

*ネスレのサイトへ


ネスレ スペシャルT」は、その名からわかるように、日本茶など17種類以上のお茶が味わえるマシン。
ダジャレ(?)のようなマシン名ですね。
お茶好きな方はこのマシンがいいかもしれませんね。
私はコーヒーが飲みたかったので、こちらは選択肢に入りませんでした。

*ネスレのサイトへ


最後に「ネスプレッソ」ですが、こちらは本格的なコーヒーが味わえるマシン
megosuri的理解では、「ドルチェグスト」はコーヒーも含めいろいろ飲めるお手軽マシン、「ネスプレッソ」はコーヒーがエスプレッソ的に本格派で味がいい(らしい)というもの。
サイトなども高級感あふれる感じです。

実はドルチェグストとネスプレッソのどちらにするかでとても迷いましたが、カプセルの価格や入手のしやすさ(いざとなったら大手スーパーなどで手に入れられる)、カプセル名のわかりやすさからドルチェグストを選びました
ただ、ドルチェグストでもミルクカプセルとコーヒーカプセルを使うタイプの場合は価格が上がりますので、一概にネスプレッソの方が高いとは言えないのですが、まずはドルチェグストにしてみました。
ネスプレッソで淹れるコーヒーがどれくらいおいしいか試してみたい気もしますが、近くにそんなところもないので、当面はドルチェグストでいこうと思っています。
近くに「ネスプレッソ ブティック」のある方は立ち寄ってみるのもいいかもしれませんね。


ドルチェグストは管理が楽
コーヒー好きの私は、これまでにもコーヒーメーカーやエスプレッソマシンがほしいなあと思ったことがありました。
ネックになったのは、管理(片づけ)がめんどくさそうなところです。
あちこち取り外して洗って乾かしてまたセットして、と考えると、ドリッパーにフィルターをセットしてさっと淹れる方が楽だな、と思っていたんですね。

ドルチェグストはカプセル式で、カップを置くすぐ上のホルダーのところで針を刺してお湯が注がれるだけですので、マシンの中をコーヒーが通るわけではありません
したがってマシンの中はそれほど汚れることもなく、基本的に必要なのは、コーヒーを淹れ終わってカプセルを捨てるついでにカプセルホルダーをさっと洗うことくらい
あとはカップを置くところを気がついたら洗ったり、給水タンクを洗ったりするくらいで本当に楽なんですね。

マシン全体の手入れとしては、使い始めのときや、ときどき(思い出したときくらいでいいのではないでしょうか)カプセルホルダーに「すすぎ用ツール」をセットして洗浄するくらい。
これも手順としてはコーヒーを淹れるのと同じ感じですので(コーヒーを淹れるときはレバーを右に倒すが洗浄の場合は左に倒すだけ)とても楽なんですよ。

あれこれ調べていたら、使い始めは「においが気になる」という声もありましたので、私は水と一緒に食用のクエン酸を給水タンクに入れてよく溶かしてから洗浄し、何度か水でも洗浄を繰り返してから使い始めました(クエン酸が残っていると酸っぱいコーヒーになるので)。

*ネスレのサイトへ
 

ドルチェグストの気になるところ2つ
そんなドルチェグストですが、気になる(であろう)点も書いておきますね。

ひとつはコーヒーを飲むたび、カプセルがゴミになるところ。
カプセルは複雑な構造になっており、またお湯が残っているので、ゴミの分別が厳しい地域では処分が大変かもしれません。
ドルチェグストのセットには、「使用済みカプセル入れ」も入っているのですが、私はこれ自体の管理を省きたいので使っていません。
コーヒーを淹れ終わったら、カプセルはシンクに放置し少し冷めてから中のお湯を穴から抜いてゴミ箱へ、という手順にしています。

もうひとつは、音がすること。
私は気になりませんが、コーヒーが抽出されるときに「ブスッ(カプセルを針で刺す音)、ブォ〜ンゴゴゴ〜」というような音がします
すぐそばで家族が寝ている、壁が薄い、という方の場合はヒヤヒヤするかもしれません。

まだまだ続きます
今日の日記はいかがでしたでしょうか。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

実は先日ドルチェグストが故障してしまいました。
次回以降は(まだ続くのか!)その際のサポートデスクの対応内容や、カプセルごとの味についても書きたいと思います。
まだまだ迷っている方の参考になれば幸いです。





こちらもよろしければお読みください↓
ネスカフェ・ドルチェグストで安定したコーヒー生活がしたい!
ネスカフェ・ドルチェグストでコーヒーを淹れる&おすすめカップ






スポンサーリンク

 

こんにちは。
スポーツジムに通い始めて一年が過ぎました。
飽きっぽい私にしては、そして体育の授業では存在を消すことに努めていたこの私がよくやっています(自画自賛)。
何も考えず体を動かして汗を流すのって本当に気持ちがいいんですね。
おすすめの趣味です^^

さてジム内で持ち歩くものを入れるミニバッグを作りました。
IMG_6781
11号帆布を使いました。
色はスチールグレー、こんな無機質であいまいな色合いが好きです。

英字の革タグを縫いつけてみました。
IMG_6782

内布は優しい花柄のラミーリネン。
ポケットを一つつけました。
IMG_6784

小さなバッグなのに持ち手が太めでアンバランスなところがポイントです。
IMG_6783


IMG_6785

口のところには2本ステッチを入れました。
IMG_6786

さて、ジム内で持ち歩いているものを入れてみました。
IMG_6788

スポーツタオル、350mlのドリンクボトル、iPhoneとイヤホン2種です。
先ほどの内ポケットはイヤホン入れです。
イヤホンについてはまた今度書きますね。
IMG_6789

筋トレマシンの荷物入れは小さいこともあり、またあれこれ持ち歩くわけではないので、荷物がコンパクトに持ち運べることをめざして作りました。
さっそく使っていこうと思います。
IMG_6787





スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ