ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2018年02月

こんにちは、megosuriです。

チョコレート菓子のような布合わせで、ペットボトルケースを作りました。
IMG_6305
350ml用です。
なぜか誤って二つ分裁断したので、ふたごのケースになりました;
ピンクにチョコドットのキルティングと、ブラウンボーダーのさらっとしたコットンを組み合わせています。
ひもは細いリネンひもを使いました。
IMG_6306
350mlのペットボトルがなかったので、350mlのドリンクボトルを入れてみますね。
IMG_6307
このボトルにはちょっと高さが低いですね…。
ペットボトルには合うといいなと思います。
IMG_6308





スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
今日は先日の「大人のピアノ」の続きです。
子供の頃弾いていてやめてしまったピアノをもう一度練習していこうと思い、楽譜を何冊か用意しました。
全音楽譜出版社の巻末のリストを参考にしながら選びましたので、そのジャンル別にご紹介しますね。

練習曲・テクニック
全訳ハノンピアノ教本(全音楽譜出版社)
ツェルニー・30番練習曲(全音楽譜出版社)
IMG_6123
「ハノン」は子供の頃やっていて、メロディーを覚えていました。

巻頭の解説部分に22パターンの変奏例が載っています。
そのページを都度確かめながら弾くのがめんどくさいので、コピーして、楽譜が届いたときに折れ曲がらないよう入っていたダンボールに貼りました。
これを楽譜の横に置いて弾くと、どんどんリズムを変えて練習できるのでとても便利でおすすめです^^

子供の頃は寝そうになりながら練習していましたが、指が動かなくなった今は、練習するにつれ、指がコントロールできるようになっていく感覚があって、弾いていて楽しいです。
IMG_6124
「ツェルニー」は最後に弾いたのが何番だったのか覚えていませんでしたので、30番を購入してみました。
弾いたことがあるようなないような…ハノンに比べると「曲」を弾いている感じがしますね。
「ハノン」の1番を変奏もしながら15分ほど弾き、その後ツェルニーの1番と2番を弾いています

複音楽
J.S.バッハ インベンションとシンフォニア(ヘンレ社・原典版)
IMG_6126
バッハは昔弾いていたときはその味わいがわかりませんでしたが、大人になってからバッハは「しみじみするな」と思い、好きになったので買いました。
インベンションの1番を弾いていますが、なつかしくて味わい深くて弾いていて楽しいです。

古典
ソナチネアルバム1・2(全音楽譜出版社)
ソナタアルバム1(全音楽譜出版社)
IMG_6127
こちらはどんどん進めようと思っていますが、新しい楽譜を買ったので、そちらに集中しがちになっています。

ロマン
メリカントピアノアルバム(全音楽譜出版社)
IMG_6125
Amazonのプライムミュージックで見つけた曲で舘野泉さんの弾く「メリカント:夏の夜の牧歌」が気に入り、ダウンロードして最近よく聴いているんですね。
それでもしかしたらこの曲が「メリカントピアノアルバム」に載っているのではと思い調べたところ載っていたので購入。
9番目に載っています。

蛇足ですがプライムミュージックはいろいろな曲が聴けて重宝しています。


近・現代
ギロック抒情小曲集(全音楽譜出版社)
IMG_6134
レビューを見て、なんとなく弾いてみようかなと思って購入しました。
詩的なタイトルのついた美しい曲が入っています。
まず最初の「森のざわめき」から始めています。

他に…
全音ピアノ名曲100選 中級編(全音楽譜出版社)
IMG_6129
この楽譜からドビュッシーの「月の光」、ヘンデルの「調子のよい鍛冶屋」、ショパンの「ノクターンOp.9-2」を弾いています。

あなたもぜひいかがですか
こんな感じでピアノの練習を再開しました。
1日1時間近く弾いているでしょうか。
また、夜などはiPadにピアノの鍵盤(無料)のアプリをダウンロードしてちょっと音を読んでみたりしていますが、そういうのも楽しいですね。
昔弾いていた方、これから弾いてみたいなと思っていらっしゃる方、ぜひご一緒にいかがですか。
弾かなくても、聴くだけでも楽しいですよ♪


(楽譜リスト・Amazonのページに飛びます)




















ピアノについては、これからもときどき書いていきますね。



スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。
今年はバレンタインデーって何日なんだろう?と思っていたのですが、バレンタインデーは2月14日で固定なんですよね。
今日は雨の土曜日だったので、こどもたちとバレンタインのクッキーを作りました。
IMG_6170
「今日はバレンタインデーのクッキー作ろう!」と言うと、すぐにテーブルの上のガラクタを片づけてくれました。そして引き出しを開けて好きな型を選んでスタンバイ。
一から作るのは(こどもたちを待たせるのが)大変なので、こんなアイテムを活用。
生協の宅配で載っていたのを見つけ、買ってありました。
卵を1個足すだけで作れるんですよ。
IMG_6166
(宅配じゃ間に合わないかもしれませんし何箱もいらないかもしれませんが、ご参考までに載せておきますね)
amazon↓

楽天市場↓


以前作ったクッキー はとても手軽でしたが、あまりに作業が少なすぎて、こどもたちは不完全燃焼という感じだったんですね。
この商品は、卵とショートニングを混ぜたり、ミックスを混ぜたり、生地をのばしたり、という作業が少しあるのが「お菓子作り」をしている感があって、こどもたちもご満悦でした。
まあ、だんだん型抜きや生地のばしを自分がやる、と言ってケンカが始まりましたが…。
IMG_6167
最初生地をのばしたときは「これだけ?」という感じでしたが、型を抜いていくとたくさんできて、結局2回に分けて焼きました。
*我が家のオーブンレンジについてはこちらの記事をご覧ください
IMG_6168
180度で10〜15分ですのですぐに焼き上がります。
途中オーブンをのぞくと、ふっくらしてきているのが見えるのも楽しいですね。
いいにおいもしてきます。
焼きムラがあるのも手作り感があっていいですね(よくない?)。
ココアクッキーのように見えるのもすべてプレーンです;
IMG_6169
下の娘・ベビ次郎の盛りつけ↓
IMG_6171
こちらは上の娘・ベビ太↓
IMG_6173
たっぷりあったのに、あっという間に消えていきました。
IMG_6172





スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
今日は長く続く趣味の話。

ピアニストになれなかった
私は4歳のときから高校のときまでピアノを習っていました。
毎日練習を重ね、音大に進んでピアニストになりたい、なんて思っていましたが、いろいろと事情があり(人にはいろいろありますよね〜)、大学は全く違う分野に進みました。
そのとき私はひどく挫折した気持ちになり、それでもせっかく都会に住んでいるのだからとしばらくはコンサートを聴きに行ったりもしましたが、次第にピアノから意識的に遠ざかるようになっていました。
もちろん一人暮らしの生活にピアノはありませんしね。
せっかくの大学での勉強にも身が入らないまま卒業してしまいました。これは今でもとても後悔していることです。

気持ちが解き放たれたのは
私の生活にピアノが再び現れたのは、上の娘・ベビ太がピアノを習い始めたときでした。
発表会に行くと、生のピアノ演奏を聴くのが純粋に楽しかったんですね。
それに気がついたとき、長く引きずっていたものからほんの少しですが解放されたような気持ちになりました。

ピアノが再び私の元へ
そして新しい家に来て、ピアノを買いました。
本当に久しぶりに触れるピアノ。
IMG_6121
まずはソナチネから
ピアノを買うために行ったショールームに併設されていたショップで、これなら今すぐ弾けそう、と思い「ソナチネアルバム1」を購入。
IMG_6127
その後「ソナチネアルバム2」と「ソナタアルバム1」、それに「ショパン ピアノアルバム」、
IMG_6128
「全音ピアノ名曲100選 中級編」を買い足しました。
これは昔、初級、中級、上級と買い揃えて適当に弾いていたのですが、表紙が変わっていました。
中は変わっておらず、懐かしかったです。
IMG_6129
最後は何を弾いていたのでしょう、あまり覚えていないのですが、ベートーベン、ショパン、ドビュッシー、ブラームス、リストなどを弾いていたように思います。
楽譜を見ながらあれこれ弾くと、脳内では弾けているのですが(!)当然ながら以前のようには弾けなくなっていました。
それでもピアノを弾くのって本当に楽しいんですよね。
大人になったからこそ気がつくこともありますしね。

また始めよう
先日 Amazonプライムについて書きましたが、最近夫が「のだめカンタービレ」を観るようになりました。
ドラマをやっていたときは、私も感情移入しながら観ていました。
それで一緒に観るうちに、もっと練習したい、と思うようになりました(影響されやすい性格です)。



IMG_6122
全音楽譜出版社の楽譜の巻末には、こんなふうに、難易度別・ジャンル別の楽譜一覧が掲載されているんですね。
それでこのリストを参考にしながら楽譜選び。
Amazonのプライムミュージックにはピアノ曲も結構あるのでそれも聴いたりしながら。


スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
先日、「ミシンで手作り・あると便利な道具たち」をご紹介しましたが、一つご紹介していなかったものがあります。
それが「アイロン定規」。
布端を折り曲げるときに活躍します。

材料
はがきくらいのサイズ、厚みの厚紙があれば、自分で作れますので、ミシンを始める前に作ってみてはいかがでしょうか。
下着やストッキング、タイツなどの台紙があったらぜひ捨てずに作ってみましょう。
お気に入りの絵はがきを使ってもいいですね♪
あとはペンと定規があればOKです。
IMG_6085

作り方
作り方ですが、必要な線を引くだけ。
5mm、1cm、2cm、3cmの4本くらいでいいのではないでしょうか。
もっと他に必要になったら自由に書き足してくださいね。

IMG_6086
IMG_6087

既製品もあります
私は今は既製品のアイロン定規を使っているのですが、それは厚紙のアイロン定規だと非常に熱くなってしまうためです(不器用なので、自作のものは見栄えが悪いというのも大きな理由です…)。
クロバーのものです。
IMG_6084

楽天市場の商品ページに飛びます



「ロング」もあるんですね。

楽天市場の商品ページに飛びます



アレンジ
熱くなりすぎるのを防ぐために、自作のアイロン定規に穴をあけて使う方もいるそうです。
こんなふうにパンチで穴をあけるといいですね。
IMG_6090
器用な方は、線を引くだけでなく、スタンプを押したり、マスキングテープを貼ったりとちょっとおめかししてもいいかもしれません。
スタンプを押したら乾いてから使うようにしてくださいね。

こんなふうにして使いましょう
「布端を2cm折りたい」ときは、布の裏側にアイロン定規を当てて、2cmのところまで布を折り返します。
IMG_6088
アイロンでしっかり押さえたら完成。
IMG_6089
まずは手作りのアイロン定規でミシンを始めてみませんか。









Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ