ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2017年07月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


気に入りのadmiファブリックを使って巾着を作りました。
やわらかな手触り、木版のかすれや歪みが味わいのある生地です。
ポイントに鍵の絵のあるタグを縫いつけて。


あわせたのはグレーのコインドットのコットンです。



反対側はコインドットを一面に使っています。


巾着は縫い代が気になるので二枚仕立てで作ることが多いのですが、今回は縫い代をロックミシンで始末して一枚仕立てにしてみました。

一枚仕立ての巾着も軽く持てていいものですね。
Creemaに出品しました→ Creema 商品ページ
   





Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

ここのところぐっと暑くなりました。
蒸し暑いのがことのほか苦手なmegosuri、いろいろなことでゴタゴタしている最近、なんだかモチベーションが低下していました。
夏バテ?と思いながらも、もしかしたら布の収納に問題があるのかも、と収納方法を見直すことにしました。
 
これまで布は日焼けしないようにと扉つきの棚に収納していたんですね。
私のアトリエの全貌はこちら をご覧ください^^

ところがこの扉を開けるには、アトリエ入り口のドアを閉めてからでないと干渉して開けられないんですね。
扉を開けているときに限って家族がドアを開けて入ってこようとするので、そのたびに「今開けないで〜ちょっと待って〜」というやりとりが発生することもあって、扉を開けること自体が面倒になってきていました。

これぞ本当の「宝の持ち腐れ」ですよね…。
それで思い切って、本棚の本をこの扉つきの棚に写し、布を本棚に収納することにして、せっせと作業していました。

ざっと色別に収納。



赤・ピンク系、ブラウン・ベージュ系、グリーン系、文字柄・スイーツ柄系、ブルー系、白・黒・グレー系、イエロー・オレンジ系、ラベンダー系、ガーゼ系、キルティング系、帆布系に分けてみました。


見渡せるので布合わせも楽になりそうです♪










昨夜もその前も熱帯夜でした。
そんな夜の必需品はアイスノンです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイスノンソフト 冷却枕
価格:921円(税込、送料別) (2017/7/3時点)


冷凍庫で冷やしておき、寝るときにタオルで巻いて、枕にします。
これが本当に気持ちがいい!!
夜中に“冷え”が足りなくなったと感じたら取り替えられるよう、寝る前に取り出したらまた取り出しただけの個数を冷凍庫に補充しておきます。
食べ物のにおいがつくと、安眠できないため、しっかりしたポリ袋に入れて冷凍しています。
夫は「禿げそう」と言って使わないため、我が家で使うのは私と二人の娘たち。
それで6個をローテーションで使っています。

困るのは、冷凍庫が狭くなってしまうことくらいかな。


↑このページのトップヘ