ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2017年07月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。
毎日ベビ太の勉強チェックに追われています…。
宿題は少ししかないので、別に夏休み用のまとめのような問題集も1冊用意してやらせているのですが、思いもかけないところで引っかかっていたりして、苦戦する毎日です。


裁断まで済ませていた巾着がようやく完成しました。
私にしてはラブリーな、フリルつきのミニ巾着です。

フリルがあまり、というより全くきれいではないのですが…もう少し薄手の生地がよかったですね(生地のせいにしてますね…)。
リネンの細いひもを通しました。

内布は反対側が透けて見えるくらい薄い白地に同じく白い花の描かれたコットン。
表の黄色が透けて見えて明るいです。

口をきゅっと絞るとこんな感じ↓


今回は口布をつけず、そのまま本体にひも通し口を作る方法を取ってみました。
なんとなくひも通し部分のステッチが気になる…。
もう少し研究します^^






Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

てのひらにのるくらいの小さなファスナーポーチを作りました。



やさしいグリーンのマルチボーダーのコットンを表に、中は同じ生地の無地部分を使いました。
表地に初めて使う接着芯を貼っています。ちょっとお試し。貼りつけやすいような気がしました。


今回は長めの20cmのフラットニットファスナーを使って作りました。
作りたいものより長めのフラットニットファスナーをあえて使うと、ファスナーを閉めたまま縫いつけができて、ファスナー押さえを持っていない方でも楽につけられますね。
その場合は脇を縫う前にファスナーを真ん中くらいまで開けてスライダーが取り残されないよう注意しなければなりませんが…。
フラットニットファスナーは、はみ出た部分をカットできるのが便利です。

ラミネートポーチもこのやり方でやってみようかな。









Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。
小学校が夏休みに入り、思っていたとおり、自分時間の確保に四苦八苦しています。
ブログ更新の間が空いても元気でいますので心配しないでくださいね(そんな人いないかな…)。

楽天マラソンでデコレクションズ♪ でご紹介した生地を組み合わせて、ましかくの巾着を作りました。


ましかくというよりまるいっぱいの巾着かな。
スモーキーピンクのまるの中でシロクマくんがいろんなポーズをしていてほわんとしているのと、水色の「Polar Bear」と書いてあるまるの組み合わせがとてもかわいいです。
Nowegian flowerという生地のうち、ピンクの紫陽花柄のような生地と組み合わせてみました。


  


そういえばお店のマークもシロクマくん?!


口布もドットで、まるがいっぱいな巾着です。

内布はやさしいベージュのストライプ。シワになりにくい綿ポリです。









今回は初めて使うリネンひもと、最近届いたオリジナルタグのお試しのための巾着です。


少し前におしゃべリボン 、Wunderlabel のふたつのお店でオリジナルタグを作ってもらいました。
おしゃべリボンは注文から1週間で到着、ワンダーレーベルは注文から2週間弱で到着しました。
おしゃべリボンはリーズナブルな価格展開と好きな感じの字体があるのがよかったです。
ワンダーレーベルの方はサイトでシミュレーションができるのがイメージがわいてよかったですね。


「おしゃべリボン」のタグはリバティのハンカチに縫いつけて試し中。


どちらもいいのですが、タグを切ったり折ったりしなくていいという意味ではワンダーレーベルのタグが楽ですね。
もっとフランス語で(フランス好きなので)ペラペラペラ〜とたくさん書かれたタグにしたかったのですが、なにぶんフランス語自体は全くできないので、とてもシンプルなものになりました;








Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでいただき、ありがとうございます。

またまたラミネートポーチ。
あまつぶ柄のラミネートでファスナーポーチを作りました。
14cmのネイビーのファスナーを使用しています。
このサイズ、ポケットティッシュも入るし手も入れやすく、ほどよい感じ♪


タグなども色を合わせて涼やかに♪


この生地、ずいぶん前にデコレクションズで購入したものなのですが、今探したら見当たりませんでした。もうないのかな?




あいかわらずファスナー端の処理で試行錯誤しています。
大好きなハンドメイド作家さんにもアドバイスをいただいて、さっそくやってみました。

それにプラスして、今日は最後の最後に、縫い代を割って、押さえのミシンをしてみました。
表に響かないよう、ファスナーきわを縫ったときの縫い目に合わせて縫いました。


う〜ん、私がやるときれいにできてない…。


もうちょっと研究してみます。









Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


先日 ファスナーの端布を両面につけてみる、と書いていましたが、両面につけたら分厚くなって、余計に口のところがもたついてしまいました(考えてみたら、いえ、考えてみなくてもあたりまえですね)。
それで、そういえば使っていたのが金属ファスナーだったので、フラットニットファスナーのようなやわらかなファスナーを使ったらどうかな、と思いつきました。

ちょうど使わないでいたやわらかなファスナーで引き手だけが金属、というファスナーがありましたのでそれを使ってみました。

パターン:RickRack「マスクポーチ」

外側にポケットが一つついた、マスクポーチとして使えるポーチです。
レシピもですが、生地もRickRackのもので、リネンにラミネート加工を施したもの。


最初は両端とも折らずにそのまま縫いつけました。
すると、ファスナーの下止め側はそれで問題なかったのですが、






上止め側は折り返してきたファスナー端が邪魔をしてきて、閉めにくかったので、もう一度裏返して端を折り込み、どうにか使えるようになりました。




もうちょっとフラットニットファスナーでやってみようと思います。

でもこのリネンのシンプルなラミネートクロス、シンプルで好きです。
いただきもののチェック&ストライプのタグが映えます。
Clip to Evernote

↑このページのトップヘ