ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2016年09月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


昨日作ったサニタリーポーチ、どうしてもループのところやボタンと全体との見た目のバランスが気になり、作り直してみました。
どうでしょうか?



まず、エッフェル塔の木のボタンは、共布でくるみボタンを作ってそちらに取り替えました。
また、バイアステープで作ったループは、一部分を解いて外し、ワックスコードに変えました。

ボタンを取り替えたことで、全体がまとまったような気がします。
色合いはもちろんぴったりですし、ボタンがドットの一つのように見えませんか(^_−)
そしてやはりワックスコードはボタンにかけやすくていいです。





反対側はこんな感じ。


開いたときも、すっきりしたように思います。



超スリムタイプのナプキンを2つのポケットに2個ずつ、計4個入れるとこれくらいふっくらします。
正方形なので、ハンカチを持っているようで、トイレへ行くときも、気兼ねなくバッグから取り出せるような気がします。


まだ気になる点がいくつかあるので、もう少し試作を重ねるつもりです。

 








Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


今日はサニタリーポーチ。
ハンドメイドしてよかったと思うアイテムの一つです^^ 
以前にも
アンティークキー柄のサニタリーポーチ
マーガレットのサニタリーポーチ
を作りましたので、その反省もいかしつつ、表地に接着芯を貼って作りました。


パターン参照:RickRack サニタリーポーチ


今回はRickRackのミニレシピを参考にしながら作りました。
天気が悪いのもあって、なんだか暗い写真になってしまいましたが、表側はモカブラウンに白の大きなドット。
ポイントに大きめのタグ。
この生地、パリっぽいぞと思って、パリのエッフェル塔の描かれた、木のボタンを使いました。



あっ、写真を見て気がついたのですが、縫いとめる糸も、エッフェル塔の一部になるよう計算されているボタンですね!!

ボタンにかけるひもは、レシピにしたがって、バイアステープを使いましたが、ちょっと留めるのがめんどくさいような…作るときは縫いつけやすいのですが、細いコードなどの方が留めやすいかもしれませんね。

中のポケットはキャンディドット♪
内側の土台(?)部分はココアブラウンのコットンです。 
以前作ったサニタリーポーチより、ポケット部分が大きくて入れやすいです。 


表側は広げるとこんなふうになっています。


ハンカチのように見える、このタイプのサニタリーポーチはとても気に入っているので、もっともっと研究したいと思っています^^






Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださり、ありがとうございます。
 

先日作ったブラックウォッチのデジカメポーチのふたなしバージョンを作ってみました。




ふたのかわりにコードをボタンにかけて口を閉めます。
かわいい花のボタンは、小さくなって処分する予定の、ベビ次郎がはいていたモンキーパンツ(私が作ったもの)につけてあったもの。
それを取って、こちらにつけました。
脇に細いブラウンチェックのリボンを挟んでいます。 


内布はココアブラウンのキルティング。
ボタンにかけるコードは、こんなふうにカシメでとめた革テープに通してあります。 



ハンドルは、これまたカシメ留めした革テープに挟んだDカンにつけています。


3ヶ所にカシメはくどい感じでしたね…。


実はボタンにかけるコードは、仮止めしてあったのですが、表布と内布を縫い合わせて返したら、どこかへ行ってしまっていたんですね(どこか、じゃないですよね〜(^_−))。
それで苦肉の策で、こんな形になったのですが、う〜ん、しつこい感じになってしまいました。

でもパンケーキ柄がかわいいから、ベビ太かベビ次郎がもらってくれるかな?







生地はこちら♪

 
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。


久しぶりにがま口にチャレンジしました。
手のひらに乗るくらいのちっちゃなちっちゃなペンダントがま口。
初めての手作り屋・万莉さんレシピ。 
大好きな作家さんのブログでもよく見かける名前のお店です。



カンつきの口金で、チェーンを通せばペンダントのようにして使えます。


表側はピンクのしましま、内側は大好きなデコレクションズの線で描いた花柄のコットンです。




ミシンを使わず、工作のような感じで作るので、工作が苦手な私はどうかなあ〜と思っていたのですが、ギャザーなどがなく、ピンとした状態で口金に入れるので、入れやすかったです。



乾かしているときも、なんだか愛らしい、ペンダントがま口でした♪

わ、浮いてる!
それにもっと布をしっかりさせたほうがよかったな…。
繰り返し練習が必要です。




 

久々に出した道具たち…。

Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


ブラックウォッチのキャンバス地でスマホポーチの他にも何か作りたいなあと思い、デジカメポーチを作ってみました。



パターン:RickRackミニレシピ・デジカメポーチをアレンジ

 

内布は生成り色の綿麻生地です。
開閉はマグネットボタン。



ポイントにまたまたMのイニシャルテープを縫いつけました。


ところが、私のコンパクトデジタルカメラを入れたところ、こんなふうにかなり大きいポーチでした(先に確認しておけばよかったんですがね…)。 



それで、急遽細い革にDカンを挟んで、カシメでとめることにしました。
カシメは後からでもつけられるのがいいですね(^_−)
これはこれで、いいアクセントになりました。



もちろん、こんなふうに持ち手をつけると便利♪


デジカメポーチがミニバッグになりました。



Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ