夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2016年02月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


ご存じの方も多いかもしれませんが、キットと手作り誌が届く「はんど&はあと」は4月号をもって休刊になりましたよね。
私も以前購読していたので、そのことを知ったときは驚きました。

ところが、komihinataさんのブログの記事で、「はんど&はあと」ははんどカフェマルシェで手作りキットを販売していくことがわかりました。
見てみたら、とてもおしゃれなキットが掲載されていて、やさしくてかわいらしい「はんど&はあと」の世界がそのまま受け継がれているなあと思いました^^





   
 

さて、しばらく新居の中をご紹介してきましたが、引っ越しが近づいてきました。

そんな中、こどもの大きな保育園行事があり、その後に尋常ではない疲れを感じ、念のため熱を計ったら発熱していました。

熱が出たのは久しぶりで、なぜこの引っ越し間際に…という思いですが、インフルエンザではないことを願っています。

引っ越しがもうすぐということもあり、しばらくブログの更新を休ませていただきますね。

いつもいらしてくださって、楽しみにしてくださっている方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。

しばらくの間、過去の日記もお読みいただけたらうれしいです。


引っ越して落ち着いたら、まずは上の娘・ベビ太の入学グッズを作りたいと思っています。

それではまた。
みなさまも風邪などひかれませんように、お元気でお過ごしくださいね。




こんにちは、megosuriです。
お越しいただき、ありがとうございます。


今日の新居のご紹介は必ず毎日行く場所、トイレ。
トイレもLIXIL。
とてもシンプルです。



手を洗うところがついているタイプで、LIXILの『ベーシア』。
カラーはピュアホワイトを選びました。

勢いのよい水流でぐるっと洗い流すのできれいな状態を保ちやすいという"まる洗い洗浄"のトイレです。
座面がスライドできる、継ぎ目がない、ノズルも含め、掃除がしやすいさまざまな工夫がされていること、また自社で焼いて(というのかな)いるのでトイレには特に自信がある、というようなことをショールームの方が熱心に説明されていました。

そうそう、トイレの話のときにLIXILはINAXだったということを聞いたんですね。
INAXはおしゃれなイメージがあったので、LIXILの製品がきれいなことがそのとき腑に落ちました^^

狭いスペースになりましたので、シンプルにトイレだけ。
それでも標準で暖房・洗浄のトイレなので満足です。 

トイレの横には棚をつけてもらいました。
ペーパーホルダーとタオルハンガーは工務店オリジナルのもので標準仕様。 



「あれっ、さっきのトイレと棚の位置が違う」とお気づきになったでしょうか。
先ほどの写真は1階の親世帯のトイレ、こちらの写真は2階の私たち世帯のトイレです。 

棚をどちらにつけるのか打ち合わせをした記憶がないのですが、1階と2階で棚の位置が反転していました。
1階は引き戸、2階はドアなのが関係しているのでしょうか(とのんき)。



棚があると便利かと思い、つけてもらったのですが、特に幅が狭く感じた1階はその後少し削ってもらいました。

よくあるように、入って奥の上部に棚をつけてもらえばよかったのかな…でも背伸びをしてものを出し入れするのが苦手なんですよね…。
それで横に棚をつけてもらったのですが、ここはもう少しじっくり検討すればよかったかなあというところです。


壁紙やクッションフロアは洗面室や脱衣室と同じもので、壁は塗り跡が感じられるような雰囲気のクロス、床はテラコッタ調のクッションフロアにしました。

最初はトイレを私のアトリエと同じ壁紙にしようと考えていたんですね。
ところが工務店の方に「トイレと同じ壁紙はイヤじゃないですか?」と言われ、そうイヤでもなかったのですが(だってトイレって好きですし、というより大切な場所ですよね(^_-))、アトリエとは変えてみました。

 





  

Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


先日、階段のキューブ型の照明をご紹介しましたが、今日もキューブ型。
階段の方はシェードの上下がオープンになっていましたが、こちらは本当のキューブ型です^^ 




インターネットで見て、「こんな感じの照明で」と工務店を通じて電気屋さんにお願いしたので、実物を見たときは、「わっ、ちっちゃい!コロンとしていてかわいい!!」と思いました。
立方体ってかわいいですね^^
玄関ポーチもこの照明にしてもよかったな〜。

同じ照明がうまく見つけられなかったので、おそらく同じタイプかな、と思われる商品をご参考までに貼っておきます↓
 
ポーチライト 外玄関 シンプル OG0416...

ポーチライト 外玄関 シンプル OG0416...
価格:9,602円(税込、送料別)



バルコニーには照明が必要なのか、というのはあまり深く考えておらず、コンセントやスイッチプレートをどこにつけるかの打ち合わせのときになんとなくバルコニーの照明のスイッチプレートの位置も決めた(はず)なのですが、すっかりその存在を忘れていました…。

建物がほぼ完成して、バルコニーを見たときに初めて、「なんだろう、このコードが壁から出ているのは」と思って確認したところ、それが照明器具をつける場所でした。
施主支給しなければいけなかったらしいんですね。
それで慌てて好みの照明器具を伝えてつけてもらったというわけです。
電気工事が必要でしたので、引き渡し前に気がついてよかったです。

打ち合わせ段階ではイメージがぼんやりしていたりで詳細が決められないこともありますので、建てている間は、できるかぎり見に行った方がいいなと思いました。

そして、バルコニーには雨の日でも洗濯物が干せるよう、大きな屋根をつけてほしいと思っていたのですが、これは家の外側の工事、“外構工事”に当たるということなんです。

外構工事はまだ最終の打ち合わせ段階で、まだ家の外は石がゴロゴロしています。





        
 
Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
お越しいただき、ありがとうございます。


間取りの打ち合わせをしているときに、「階段の下に収納がつくれますがどうしますか」と聞かれました。
玄関には靴の収納しかないので、ちょっとしたものをしまえるかもと思い、つくってもらうことにしました。

階段は上っていくと右に折れています。
その下部分に収納をつくってもらいました。



この収納部分について詳しくは打ち合わせていなかったのですが、ちょうど見に行ったときに収納スペースができあがっていたので、大工さんにお願いして、奥行の浅い可動棚を2段つけてもらいました。 


棚をつけてもらったのには理由があります。

昔住んでいた家にも、これよりもっと小さいスペースでしたが階段下収納がありました。
ところが、その中がカオスになってしまったのです。
棚や仕切りなどがなく、放り込むだけになったからなんですね。

その反省から、棚をつけてもらったというわけです。
今回は中に入れるくらい大きなスペースなので、カオスになったらそれこそ大変ですからね…。

下(床)にスーツケースや予備の傘を入れ、上の棚には荷物の受け渡しに必要なものや靴の手入れグッズ、乾電池のストックなどを置いたらどうかな、と考えています。


あっ、でも書いていて思ったのですが、パイプハンガーをつけておいて、コートをかけられるようなクローゼットにしてもよかったかも〜。

 


    

  
Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

先日のお年玉切手シートをなくしてしまった、という落ち込み気味のガタガタ日記に、温かいコメントをくださった方がいらっしゃいました。
とてもうれしくて、それに、同じ手順でお年玉切手シートなどの交換をしたので吹き出しそうになりました、というお言葉を読み、私もなんだかおかしくなってきて、楽しくなってきて、とても元気が出ました。
本当にありがとうございました!

私の日記は長いことが多く、その日も長かったのですが、最後まで丁寧に読んでくださっていることもわかって、そのこともうれしかったです。


さて、元気を出して、今日は新居の1階と2階をつなぐ階段をご紹介したいと思います。

新居は玄関のみ共有の二世帯住宅。
1階は夫の両親世帯、2階が私たち家族世帯のフロアになります。
したがって、この階段は私たち家族にとっての玄関のような場所になりますね。 

これは2階から階段を見たところです。
階段途中に踊り場(というほどスペースはなく、曲がり道、というだけですが)があって曲がったところに窓があり、明るくなっています。 






階段の照明は、電気工事を担当してくださる業者さんに好みを伝えていくつか提案してもらい、その中からごくシンプルなキューブ型の照明を選びました。
たぶんこちらかなと思います↓

AB38334L コイズミ 入隅コーナー用ブラ...

AB38334L コイズミ 入隅コーナー用ブラ...
価格:4,424円(税込、送料別)


これは電気工事が必要なタイプの照明で、2ヶ所に取り付けてもらいました。
点灯するとこんな感じです↓




今度は反対に1階から見た階段。



蹴込みは壁と同じ白いクロス、踏み面は木にしてもらっています。
あまりよく考えていなかった段階の打ち合わせでは、蹴込みは木になっていたのですが、その後インテリア雑誌などを見て、蹴込みは白い方がいいなあと思い、大工さんに相談したところ、メンテナンスのしやすさを考えると木の方がおすすめです、と言われてそれもそうかもしれないと思い、そのままでお願いしていたのですが、できあがってみたらクロスになっていました。

見たときは「あれ?」と思ったのですが、それでもやはりその方が見た目が好みでしたので、結果的にはよかったかも♪
私の中では蹴込みまで木だと和風、白だと洋風、なイメージなんです。


手すりは木で、アイアンの支えがついています。

高さは、こどもたちの保育園の階段の手すりの高さを測って、下の娘・ベビ次郎の身長の伸びも勘案して、当初は75cmでお願いしていたのですが、思いの外ベビ次郎が大きくなってきたので、78cm(だったかな)に変更してもらいました。

今はまだ少し高めで特に降りるときは危ないので、階段の上り下りには付き添いが必要です。



階段を上がると、左手に伸びる廊下を挟んでオープンなウォークインクローゼット(というほど広くない)があり、その奥が窓の見えている寝室です。










先日上の娘・ベビ太の小学校説明会がありました。
教材などを購入した後、説明会。
ここで私がしっかり聞いておかないと、ベビ太が最初からつまずいてしまう!という変な緊張をしていて、ここのところ不調だったのですが(→気が小さい…)終わって少しほっとしました。

始まったら保育園と違い、朝は早いし帰りも早いので、生活のリズムもそれに向けて整えていかなければいけませんね。
宿題、見てあげられるかな?
いろいろ忘れていそうです。




 
Clip to Evernote

↑このページのトップヘ