ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2015年11月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


娘たちの保育園で見かけたこちら↓
















つなげて遊べば誤飲の心配も少なく、また色別につなげると、白いものはご飯、グリーンはレタス、ピンクはでんぶ(ベビ太はでんぶが好きです。渋い…)などに見立ててままごとキッチンで遊ぶこともできますよね。
小さい子供から大きい子供まで人気のおもちゃです。



このチェーンリングをずっと購入したいと思いつつも、名前がわからず、購入できずにいました。
子供の頃に遊んだ記憶もあったのですが…。
最近になって、「チェーンリング」という名前であることがわかり、いつもお世話になっている楽天市場で検索し、購入。













なぜ購入したかったかというと、こんなふうに、小さなバッグの持ち手にできないかなあと思っていたからなんです↓




ビッグマカロンのミニバッグは先日作ったもの。
背面にテープをわたしてありますので、いろんな持ち手をつけたり、クリップをつけたりすることができます。
チェーンリングはもちろん専用のものではありませんので、強度はそれほどないと思いますが、こんなミニバッグで、おままごとバッグであれば、問題ないですよね。 





















ビビッドでとってもかわいい持ち手になりました♪

 

Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


ループだけつけてあったポットマットが返し口を閉じるところまで来ました。
倍のサイズのおやつマットはドミット芯を一枚だけ使っていましたが、こちらは二枚重ねですので、ふんわりしています。

スエード調合皮の革ひもをループとしてつけています。 




反対側はモカブラウンのドットと、イエローのピンドット。



返し口を閉じて写真を撮ったら、minneに出品予定です。

おやつマットは完成したのですが、天気が悪く、まだ撮影ができていません。
もしお待ちくださっている方がいらっしゃったら申し訳ありません。
もう少しお日にちをいただきますね。







Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


スイーツ柄って好きです。
食いしん坊だからだと思いますが…。

最近入手したばかりのパンケーキ柄↓ 



そしてハンドメイドを始めた頃に買ったプチマカロン柄↓



ループだけつけたところです。
このスイーツにモカ色のドットを合わせて、ふんわりポットマットを作る予定です。
かわいらしい柄にもドットがぴったりですね。



プチマカロンは、まだ自分でハンドメイドをしていなかった頃一目惚れしたデザインで、この生地で作ったものを見かけると、それが必要ではないアイテムであっても買ってしまっていました。
それであるとき、「自分で作れば、自分の好きな布で、好きなアイテムを持てるのでは?」と気がつき、ハンドメイドに気持ちが傾いていったという経緯があります。

ハンドメイドのきっかけを作ってくれたプチマカロン。
本当にかわいらしいデザインです^^




フィギュアスケート・グランプリシリーズ・スケートカナダが終わりました。

やはりパトちゃん(カナダのパトリック・チャン選手)はすばらしかった!
ショートプログラムのときには、ブランクを感じさせましたが、それで試合勘を取り戻したのか、フリーはよかったです。
ただ滑っているだけで美しいのが“パトちゃん”ですね。

ショパンの調べに動きがぴったりと合って、特に最後のスピンのところは完全に曲と動きが合っていて、おお〜っと思いました。

衣装がちょっと…といつも思うのですがね(^_-)


そして、応援していたダイスこと村上大介選手が、ショート首位から最終3位になりましたが、すばらしい演技でした。

地元カナダのパトちゃんのショパンの調べにのった美しい演技の後に、同じピアノの曲(X−JAPANのYOSHIKIさんの曲とのこと。実は全然知らないのですが、ショパンの後に聞いても盛り上がる、荘厳な曲でした)での演技でしたが、堂々としてすばらしかったです。
現役時代応援していた織田元選手が解説しながら泣いていましたね。

インタビューの際、悔しそうにしていたのが印象的でした。
3位で満足してはいない、もっと上をという意識が出ていて、今季の活躍に期待したいと思いました。
ソチ五輪の金銀メダリストと、堂々と渡り合った勝負でしたね。
今大会最も心を動かされた演技でした。

羽生選手がショートで大きく出遅れながらも最終2位でした。
パトちゃんが自分を上回ったと知ったときは、悔しさもあったかもしれませんが、ちょっとうれしそうにも見えました。
やはり成長していく上ではライバルって大切な存在なのでしょうね。


それから女子は24歳のアシュリー・ワグナー選手が優勝。
24歳ってフィギュアスケートではベテランの域に入っているのでしょうが、あいかわらずトップにいる、どれだけの努力をしているのだろうと感動します。
今回、ショートもフリーも彼女に合った、迫力ある、メリハリのあるプログラムだったように思います。
素敵でした。
衣装も凝っていて、似合っていました。

ショートで出遅れたロシアのトュクタミシェワ選手はすばらしいフリーで2位に。
グランプリシリーズ・デビューの永井優香選手が3位と大健闘しました。

そして今回はなんといっても村上佳菜子選手!
キレのある、スピードにのったスケートが戻ってきた!と感じてうれしかったです。
 4位でしたね。


シーズンが始まったんだな、とわくわく、ゾクゾクしています(^_-) 


 
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。


フィギュアスケート・グランプリシリーズがいよいよ始まりましたね!
羽生選手とトゥクタミシェワ選手には驚きました。
トップになるのも大変だけれど、トップでい続けるというのもとても大変なことなのでしょう。
応援しているダブル村上(村上佳菜子、村上大介)選手が好発進なので、ワクワクします^^
明日のフリーも楽しみ♪

さて、「ふんわりポットマット」の2倍の大きさの、「おやつマット」を作りました。
一応「新作」かな?
まだ、返し口は閉じていない状態なのですが、パチリ。 




貴重なカフカリボンを使っています。
好きなドットやストライプのコットンを組み合わせて、私としてはmegosuriらしさ全開です^^
今回は、ループを広げ気味につけてみました。
フックなどにかけるときにかけやすいかなと思います。








「ふんわりポットマット」はドミット芯を2枚はさんでふんわりとさせていましたが、この「おやつマット」は1枚だけ。
お皿やコップを乗せても安定するようにしてみました。

後日返し口を閉じて、写真を撮ったらminneにアップしたいと思います。




 
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ