ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2015年10月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

昨日書いた、トイレットペーパーホルダーを作ってほどいた生地で、ミニポケットティッシュポーチバッグを作りました(長いので削りました(^_-))。
不思議なことに、同じくらいの幅で作れるんですよ(あ、トイレつながり?)。



ちょうど同じa+で、「ムーブポケット」のキットを購入していたので、そのレシピを参照して作ったものです。

本来はクリップをつけるところに、スマホポーチにつけてあった持ち手をつけて、ミニバッグ風にしてみました。
タグはW-note*さんのもので、かわいいリス柄のもの。

下の娘・ベビ次郎にどうかなあと思って作りました。
バッグに荷物をつめて家中のし歩くのが大好きな娘なので^^

ふたをあけるとポケットティッシュを入れるところと、その奥にポケットがひとつあります。
開閉はレシピどおり、キットに入っていた面テープを使っています。



背面のクリップをつけるところは、共布でひもを作って縫いつけました。



このビッグマカロン、本当にすごくかわいいです^^
この生地がもっとほしいのですが、いつも買い物をする楽天市場では見つけられなかった〜。
割高になるのですが、また買おうかな〜。





説明されるまで気がつかないような、高級な(ダ)洒落を連発する楽しい人でした。

お盆とお正月には必ず会っていましたが、遠方に転居してきて、こどもたちもいるので、ずっと会えていませんでした。
姉である義母(夫の母ですね)から悲しい知らせを聞き、母も夫もどんなに辛かろうと思うと何も言えず、お風呂に入った途端、涙があふれてきました。

私がお酒が好きなのを喜んでくれて、会うときにはいつもめずらしいお酒を用意してくれて、楽しい話をたくさんしてくれました。
ベビ太が生まれたときは、義父母を車に乗せて、我が家まで連れてきてくれました。
そのとき初孫を見つめる義父母に放った名(迷?)言、「まごまごしちゃってるんじゃないの?」は今でも鮮明に覚えています^^
私の両親が来たときも歓待してくれ、その後も両親を気にかけてくれるような優しい人でした。

新作のダジャレ、聞きたかったのにな。
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


ものすごく大きなマカロンが、ピンク地に淡い色合いで描かれた生地で、トイレットペーパーホルダーを作りました。



とても縫いやすい生地で、アイロンも決まるので、きれいに仕上がりました。
かなり厚みの出るところもあるのですが、新しい相棒、ジャノ(メ)がいれば問題なし!でした。



実はトイレットペーパーホルダーを作ったのは初めて。そもそも使ったことがありません。
よく見るa+でキットを販売していて、どうやって作るんだろう?という興味もあって、買ってみました。

a+では、水通しした生地でキットを作って販売していてすぐに作れるし、使われている生地がいつもとてもセンスがよくてかわいいんですよ。
そんなこともあって、大好きなお店のひとつなんです^^


さて、きれいにできたし、つけてみよう、と思ってトイレへ行くと…。



この、ふたの奥の部分の厚みが、紙巻器のふたと壁につけられた部分のすきまを通りきれず、取り付けできませんでした…。きれいにできたのに…。

我が家の紙巻器が特殊な形なのか、私のつけ方がおかしいのかわからないのですが、これでは使うことができないので、ほどいて全く別のものに作り直しました。

作ったものについては、また改めて書きますね。





Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。


10月になりました。
新居はまだ細部が決まっていないのですが、まもなく着工(この状態で着工できるものなのね〜とびっくり)。
毎日慌ただしいような気持ちでいます。
家についてはまた改めて書きますね。


さて、楽天市場の「まんま母さんのりぼん」というお店で、『初めてさん用*リボン&ヘアアクセサリー入門資材キット』を購入しました。



このお店を利用するのは初めてなのですが、お店のサイトで、いろいろなアクセサリーの作り方の動画が見られるんですよ。
すごい!と思いました。

二人の娘、ベビ太とベビ次郎は、いつからか家にたった1本あるカチューシャが大好きなのですが、そのカチューシャ、細くてキラキラが貼ってあるだけなので、むきだしの端っこが目に入るのではないかといつもハラハラしていたんですね。
カチューシャもハンドメイドできるらしい(といっても“デコ”ということなのですが)、ということを知り、いろいろ調べてこのお店のこの商品に出会いました。

いろんな幅のリボン、カチューシャ、やっとこピン、パッチンピン、デコパーツ、半カップゴム、カチューシャ用の仕上げテープに両面テープまで、いろんな種類のヘアアクセサリーの土台や資材が入っているのはもちろんのこと、「作り方」が入っているのが決め手になりました。

あ、ちょっと見にくいですが、右上の3本リボンが入っているのは無料サンプルです。
カートに入れると一緒に送付してくれますので、もしお買い物をされる場合はお忘れなく。



入っていた1cm幅のカチューシャに合う1cm幅のリボンはこんなにたくさん入っていましたよ↓



カチューシャは白黒2本ずつ、計4本ありますので、こどもたちが好きそうなリボンを4本選びました。

作り方は見つつも自己流(=適当)で。
内側まで少し折り返してぐるっと両面テープを貼ります。



テープをはがしつつ、リボンを貼りつけていきます。
少し引っ張り気味にすると、きれいに仕上がるように思います。



端は内側に折りこみました。



仕上げテープをカットして、





端に巻きます。
ここがあまりきれいにできなかった〜。



4本、完成♪



ベビ太が一番上のラベンダー色、ベビ次郎がその下のアイスクリーム柄のものを一番に選ぶだろう、と予想していましたがはずれ。

ベビ太がアイスクリーム柄、ベビ次郎は一番下のハート柄のものが一番好きだと言っていました。
でもどれも気に入ってくれたようで、“2本づけ”していました^^






やっとこピンも作ってみました。
ベビ次郎が自分でもつけやすいのは、このクリップタイプのピンなんですね。
私もつけてあげるときにこわくないので、このタイプが好きなんです^^

これも、ぐるっと両面テープを貼って、



選んだリボンを貼る。



4本入っていたので、2本ずつお揃いにしました。



小さいピンなので、ビビッドな色のリボンがかわいいかなあと思います^^


これだけでもかわいいのですが、上にボタンをつけたり、リボンをつけたりしたらもっとかわいいですよね。

実は…ずっと悩んでいることがありまして、それはグルーガンを買うかどうか、ということなんです。
買うとしたらこれ、と決めてあるグルーガンはあって、高温タイプ、コードやスティック長め、スイッチあり、シンプルデザイン、というものなのですが、悩んでいるのは、こわいからなんです…。

グルーガンを使っている動画などを見ると、グルーをつけた直後にモチーフを貼って、指でぐっと押さえているように見えるのですが、あのとき熱くはないのだろうか、と思うんです。

というのも、先日、プロ仕様の強力な接着剤で、指にクレーターができたかのようなやけどをしてしまい、こわくなってしまったんです(即座にキズパワーパッドを貼って2日ほどでほぼ治りました)。

また、私はリボンをきれいに作りたい、という希望があって、リボンの真ん中にぐるっと巻く、ベルト布の巻き終わりを、グルーガンできれいにきゅっととめられたら便利だろうな、と思っているのですが、それがグルーガンでできるのかがまだよくわからないので、二の足を踏んでいるわけです。

やっとこピンのグログランリボンの上に、リボンモチーフやプラスチックや金属のパーツなどが貼れたらいいな、というのもあります。

グルーガン用のスタンドなんかも別にあった方がいいのかな。


グルーガンを使っている方、いかがですか?
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ