ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2015年06月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

ふと思い出して、ずっと以前にa+さんで購入してあったストラップキットを出してきて作ってみました。
リバティの生地もセットになっていて、3つストラップが作れるキットです。

細くした生地を縫わなければならないので敬遠していましたが、職業用ミシンを購入したのでやっと。



そして一番の収穫で、初めて知った“フューズラインテープ”。



最近私は、バッグの持ち手に貼る接着芯がまっすぐに切れないことに悩んでいたので、持ち手用の接着芯などを楽天市場などで見ていたのですが、結構高価なんですよね。
歯をくいしばってまっすぐに切るしかないな、とあきらめていたところ、目の前にこのテープが!
調べてみると、安いし大巻きのものを販売しているので、さっそく3cm幅のものを購入しました。

あ、話が逸れ始めましたので、この話はまたいずれ。

さて“初カシメ”。



使った道具は右から木槌、目打ち、ゴム板、オールマイティプレート、手前はキットに入っていた打ち具とカシメです。
穴を開けた革や、打ち具、カシメはキットに入っていました。



ゴム板にオールマイティプレートを乗せて…



ちょうどよい大きさのくぼみに、まずカシメの足を置き、Dカンを挟んだ革、二つに折った生地、革、カシメの頭、の順に重ねます。
頭をぐっと手で押し込んだ後に、木槌で7回ほどたたくと、きっちりカシメることができました。
ゴム板を敷いてはいますが、夜間の作業は避けたほうがよさそうですね。



そして一緒に写っている英字柄のコットンテープの方は、こんな金具で挟んでいます。



これも偶然見つけたもの。
締め方をちょっと失敗して、金具が曲がっていますが、作ってみたら楽しくなってきました。
3つあったので、ベビ太とベビ次郎に見せたところ、それぞれが違うものを選んだので喧嘩もなくほっとしました。
さらに運よく私の一番気に入った柄のものが残ったので、さっそくキーホルダーにつけて使っています。



ストラップ作り、楽しくなってきたので、また作ろうと思います。
たくさんできたらプレゼントにしようかな♪







先日初めて家の打ち合わせに行ってきました。
と言ってもまだ全く具体化しているわけではなく、でも、以前からお願いするならここ、と決めていたところです。
私たち夫婦は非常にのんきなので、ベビ太が小学校に入学する前までに、とお話ししたところ、ちょっと驚かれたようでした。
急ピッチでいろんなことを決断していかなければいけないんでしょうね。
大丈夫かな…。

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

ジャーマンファブリックを使って、シンプルなダブルコンパクトミラーをおめかししてみました。



開けたところは等倍のミラー、反対側は少し拡大されて見えるミラーになっています。




優しい白に淡いピンクの薔薇がとても素敵で、お気に入りです^^






密かに目標にしていた10点以上が用意できましたので、おそるおそるですが販売の準備をしています。
販売を予定しているのは、ハンドメイドマーケットのminne(ミンネ)

お支払い方法がいろいろ選べて便利かなと思い、こちらを選びました。
おしゃれな雰囲気もとても好きなマーケットで、大好きな作家さんも何人もこちらで活躍されています。

こちらのマーケットでは、お買い物をしていただくのに会員登録が必要です。
もしよろしければ、下記をご覧くださいね♪

新規会員登録(無料)をするには


商品の登録はほぼ終了しましたが、写真や商品説明文の再確認をしていますので、もうしばらくお日にちをいただきますね(えっ、特に待ってない??)。

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

あまりラミネートのものを作らない私ですが、先日RickRackで素敵な生地とパターンを見つけ、たくさん作ってみました。

ベージュファミリー。



ブルーファミリー。



ラミネートファミリー♪



ラミネートは熱に弱いので、アイロンは使えないと言われていますが、完成したバッグを見たら、特に返し口から返したときにできたしわがあったので、低温で当て布をしてさっとアイロンをかけてみました。
それでもしわしわ。でもなんだかいい感じ♪

RickRackのラミネートはつや消しなのでピカピカという印象はないのですが、それでもラミネートはつるっとしていて人工的な感じもしてあまり好まなかったのですが、こんなふうにしわしわしているのが、元は布なんだな、と感じられて自然な雰囲気で、こういうのもいいですよね。


写真がたくさんになってしまうので、厳選した写真で一つ一つご紹介しますね。

まずはバッグから。

ベージュとブルー、ホワイトのランダムなボーダーにひとめぼれ。
持ち手はネイビーのPPテープ、タグは先日ご紹介したASHIATOYAのもの。



内布は大きなドット。どちらも大好きなデザインです。




次にブルーのバッグ。
RickRackのサイトで見て、作ってみたくなり、今回ラミネート生地を購入するに至ったバッグです♪
柄の出方は異なりますが、気に入っています。
持ち手を白にしていますので、とてもさわやかです。



内布はブルー、ホワイト、イエローのランダムなボーダー。
イエローが効いていて、とても素敵ですよね。




続いてぺたんこポーチ。
こちらはRickRackで「マスクポーチ」として販売されているパターンを参照したもので、使用前後のマスクが分けて入れられるよう、外側に大きなポケットがひとつついています。
大きめマスクのみならず、通帳ケースやペンケースとしても使えるぺたんこゆったりポーチです。


ポーチはベージュ、ブルー、2つずつ作りました。
使った生地は同じなのですが、使う向きやファスナーを変えているので、違った印象になり、楽しいです。

まずはベージュのポーチひとつめ。
これはポケットがついていない側。
ストライプ方向になっても好きです^^



ポケットはボーダー方向に使っています。
ポーチは一枚仕立て。シルバーのボールのついた、ベージュのファスナーを使っています。




そしてもうひとつのベージュのポーチ。
こちらはボーダー方向に生地を使っています。



ポケットはストライプの向き。
真っ白なファスナーが、シルバーのボールと相まってとてもさわやかです^^




それからブルーのポーチ。
こちらはどちらもあまり変わらないのですが、柄の出方やファスナーが違います。

ひとつめ。



ファスナーは生地のブルーにぴったりな色。



もうひとつブルー。



これには白のフラットニットファスナーを合わせました。
ポケットの口にもちょうど白が来ているので、ちょっとマリンな感じがするかもしれませんね。




すべて販売用にと思っています。
気に入ってくださる方がいらっしゃるとうれしいです。

明日はジャーマンファブリックを使った小さいものをご紹介したいと思います。
またいらしてくださいね。




Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

シュシュを3つ作りました。



先日のシュシュと同じ?と思われたでしょうか。
ちょっと違うんです。

こちらが今回の↓



これが先日の↓



先日のシュシュは、真ん中にゴムが通るよう、ゴムの両側にステッチを入れてあるのですが、今回はステッチをなしにし、幅広いシュシュの間をゴムが自由に動けるようにして、変幻自在なほわほわしたシュシュにしてみました。

この水色のシュシュの布合わせは先日のものと全く一緒。
ちょっと気に入らない箇所があったので、作り直すのに、作り方も変えてみました。


こちらは少しわかりにくいですが、グレーに白い大きな花の描かれた生地と英字柄、それにグレーストライプを組み合わせたもの。



反対側はホワイトリネンで、英字柄のコットンテープをタグのように縫いつけました。




最後はラメ入り傘の踊る楽しいシュシュ。

ピンクドットのすみっこに、赤い花の形の小さなボタンを縫いつけています。
反対側は鮮やかな濃いピンクのリネンです。



ゴムは、腕にはめても痛く感じにくい5mm幅くらいのコールゴムにしています。

ゴムの長さが合わなかったり、丸ゴムがいい、という場合や、ゴムがのびてきた、という場合にゴムの取り替えができるよう、ゴム通し穴は開けたままにしてあります。

タグやリボン、ボタンの近くのリネン側を見ていただくと、穴がありますよ^^










Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お立ち寄りくださって、ありがとうございます。

先日ご紹介した生地の中から、フランス・STOF社のリネン、POEMEを使って、ワンショルダーバッグを作りました。



パターンはRickRack。
このリネン、とてもいいものなので、リネンの雰囲気を思いっきり感じながら作りました。
ざっくりとしていてネップなどもまた味わいがあります。



外側と内側の両方にポケットがあります。



持ち手は7cmほどの太さ。



このとおりとても素敵なリネンなのですが、できあがってみると、使った糸の色やもちろん出来栄え、など諸々気になり…。
上等なバッグですが、自分用、かな。










リネンつながりで(?)届いたばかりのリネンのタグの話。
大好きなo2さんのブログでときどき目にする、ASHIATOYA
タグやスタンプやレースなどの副資材、と言っても主役級の副資材を扱っていらっしゃるショップです。

先日何気なくo2さんのことを考えながら(←えっ…)お気に入りに入れているこのショップに行ったら、驚くことがありました。
これまでワタクシ、「ASHITOYA」という名前だと思い込んでいて、「明日や」をもじったのかな、なんて考えていたのですが、よくよく見たら「ASHIATOYA=あしあとや」でした。

なぜ気がついたかと申しますと、ちょうど“プチ卸祭”を開催されていて、私の好きな感じの英字タグがとてもお得に販売されていたので、使い切るあてもないのに買おうと思ってじっくりショップを拝見していたからです。

私が購入したのは、人気の4柄がセットになったリネンタグと、同柄のレザー調タグ、それに1柄好きな(これも英字ですが)柄で先ほどの4柄に入っていなかったリネンタグ。
それに、リネンのスタンプテープ。
届いたものを見たら、このテープは、印字されているテープと同じもののようです。
なんともいえない味わいのあるリネンで、これをつけたら素敵だろうなあと妄想中♪



下はなんとプレゼント!
とっても豪華です。




素敵なタグ、上手に使いたいものです^^
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ