ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2015年03月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

ちょっとしたもの(私の場合はバンドエイド)も入れられるティッシュポーチを作ろうと、裁断をしました。



リバティのグレーのジェニーズリボンズ♪
グレーと薄ピンク、薄グリーンの組み合わせがとてもおしゃれです^^







今度はとてもおいしそうな生地を披露♪









ええ、「パンの生地」って布です。
試しに50cmだけ買ったのですが、もう本当においしそう~!!
何を作ろうかなあ。


そして先日ご紹介した花のボタンとイニシャルレースのたくさん入ったものを追加購入しました。





がんばっていろいろ作らないといけませんね。
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

ロックミシンを買ったらやってみようと思っていた“巻きロック”にはじめて挑戦しました。
ダブルガーゼを2枚合わせて、縁取りを巻きロックに♪



巻きロックをするには、今まで、というより購入したときからそのままになっていた、2本針4本糸を1本針3本糸にし、上ルーパー糸を今かかっている糸から、ウーリー糸に変える必要があり、ちょっと面倒に思っていたんですね。
それでようやく夕べ、重い腰を上げたというわけです。

ロックミシンの左針を、付属のマイナスドライバーでねじをゆるめて抜き取ります。
針が落ちないよう、片方はお手入れ用のブラシになっていて、もう片方に穴があいていて、そこに針をはめこめるアイテムを活用します。

…と、針は抜けましたが、つかえて外に出せない!と思ったら、ブラシの上下の向きを逆にしていました。

やれやれ、と思いながら、今度は糸替え。
これは、これまで入っていた糸と、新しく使う糸とを結んでから、引っ張れば、そのまま新しい糸が出てくるというしくみを利用します。

が、どれが元の上ルーパー糸なのかわからない!
針の下で、糸が編み込まれた状態なので、よくわからないのです。
それでもどうにか該当する糸を見つけ、そろそろと引き始めたら、ぷつん、と糸が切れてしまいました。

それで、もう一度それまでつけていた糸を通すことに。
はじめてのエアスルー糸通しを体験します。
これは、穴に2~3cm糸を上から入れて、レバーを下げると、糸がひゅう~っと針の近くまで飛んでいくというもの。

ところが、この「2~3cm糸を入れる」というのに時間がかかり…。
糸がちょっとふにゃふにゃするんですね~。
何度かやったら糸が通り、めでたくはじめての巻きロック♪







ロックミシンの縫いの美しさに感動していた私は、別に巻きロックじゃなくても縁取り、きれいだよね、と思っていたのですが、巻きロックは全然違いました。
慣れた方からしたら「なんだこれは」と思われるようなものかもしれませんが、私にとっては感動的な仕上がりのハンカチです^^

手元のダブルガーゼを全部使う勢いで練習します。






スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

最近見つけたかわいいレースのお店から、かわいい品々が届きました。

「わっ、かわいい〜!おいしそう〜!」と一目惚れした、“フルーツゼリー”という名の花の形のプラスチックボタン↓




小さなクッキーのような、花の形のウッドボタン↓




美しいレース↓



上の二つは、リボン通しのできるトーションレースです。
一番下は、“プチダイヤ”という名前の7cm幅のトーションレース。
どれもとてもきれい^^


トーションレースに通したいと思ってベルベットリボンのテープも↓



これは、片面だけがベルベットなのですが、裏面もきれいです。
ちょっと優雅な雰囲気があって、私に使いこなせるかなあという不安もありますが…。


それから、スエード調革ひものセットと、細いワックスコードのセット↓



革ひもは、ポーチなどを閉じるのに使うつもりで、ワックスコードは巾着に使うつもり。


最後にリネンのバイアステープと、一番ほしかったイニシャルレースのワッペン↓



イニシャルレースは、指の腹に乗るくらいのとても小さなものなのですが、グリーンのリネンを敷いたこの写真からもおわかりいただけるように、リネンにとても合いますね。
しかも、最近手に入れた素敵なハンドメイドの品についていたものと同じタイプのものであることもわかって、ますますうれしくなりました。

今回はお試しで一枚しか買わなかったので、もっと買い足したいな♪








近くの大きな公園で、たくさんのビオラがみごとに咲いていて、目にも鮮やかです。












Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。

以前作ったマーガレットのサニタリーポーチがとても使い勝手がよく、重宝しているので、久しぶりに作ってみました。



表側は大好きなアンティークキー柄のハーフリネン、中は、これどうしたんだろう、ハンカチだったかもしれないネイビー×白のドット柄のコットンを使って、留め具などはつけずにシンプルに仕上げました(って留め具が面倒だったのでは?の声が聞こえましたよ)。





閉じるとハンカチみたいなので、気兼ねなく持ち運びができそうですよね^^
スリムタイプが4枚入ります。



Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

作りかけのキルティングバッグ、ファスナー待ちで作るのをストップしていましたが、完成しました。








型紙:キルティングバッグ
生地:RickRack フラワーキルト・マラカイト



途中、ちょっと作り方がわからないところがあったり、ファスナーを生地に縫いつけるときの縫い始めが縫いにくかったり、裏地なしで作るやり方だったこともあったりで(もっとも裏地があったらもっと縫いにくかったと思いますが)、あまり、というより全く満足のいく仕上がりにはなりませんでした。



ただ、バッグの中にファスナーを入れ込む作り方は勉強になりました。
なにより、届いたばかりの布切はさみが、とても軽くて切りやすいことがわかったのがよかったです。





真っ黒なので、重そうに見えるのですが、持ってみると軽くて、手を入れるところもゆとりがあり持ちやすく、バッグのマチを作った後に三角形の部分を切り取るときに使ってみたら、すいっと切れてびっくりしました。


バッグはちょっと私には華やかかなあという気もしますし、家の中で何かの小物入れにするか、ガーデニンググッズなどを入れてもいいかなあと思っています。












小さかったベビ太を抱っこひもで抱っこして帰宅し、玄関に入ったところで、それまでに感じたことのないほどの、とてつもなく大きな揺れを感じました。

とっさに外に出て、ベビ太を抱きしめて、長い長い揺れに耐えたことをはっきりと覚えています。
余震も繰り返しありましたし、今も続いています。

あのとき感じた恐怖、心の痛み、消えることはありません。

そこにあるもの、繰り返されるものは永遠ではない、だからこそいつくしむ、尊ぶ、庄野潤三のほっとするけれど、それだけではない作品を思います。
Clip to Evernote

スポンサーリンク

 

↑このページのトップヘ