夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2015年01月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

明るいグレーに白い大きな花柄が北欧っぽい生地に、真っ赤なファスナーなどをあわせてポーチを作ろうと思っています。



内布はニュースペーパー柄がレトロでモダンなハーフリネンです。



どちらの生地も、先日デコレクションズで購入したもの。
クールなポーチができるといいな♪


デコレクションズでは他にも一緒に購入したものがあるので、また改めてご紹介しますね。






Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。

先日「元気になりました」と書いたのですが、すぐに治ると思っていた風邪が、思いの外重い症状でなかなか治らず、今もまだ咳がひどいのですが、頭痛は改善してきたので、今日は久しぶりに更新。

更新をしていない間も、たくさんの方にお越しいただきました。
ありがとうございました。
そして、せっかくお越しくださったのに更新できておらず、申し訳ありませんでした。

久しぶりのハンドメイドは、“ハンドメイド”というほどのものでもない簡単なものですが、どうぞお読みくださいね。

我が家の娘たち2人は今、「アナと雪の女王」に夢中。
これまでにも“アナ雪”柄の小物などを作りましたが、いよいよドレスがほしいとのことで、いろいろ考えた末、マントと、ドレスを作ってみることにしました。

そうはいっても、難しいことはできませんし、ドレスは着心地重視で水色のニット生地でワンピースの丈を長くして作るつもりで、まだ生地は買っていません。
というのも、もしかしたらマントだけで満足してくれるかもしれませんからね。


夕べはまずはマント。



マントの生地は、いろいろとさがしていたら、とてもいいものを見つけました!
インターネットで「エルサ マント」と検索すると、いや~出ること出ること!!
「エルサ」と入れなくても、「マント」といえばほとんどエルサのマントのことのようですよ。

DVDをじっくりと見た結果、どうもエルサのマントはキラキラとしていて、雪柄の模様も透けてみえるような生地であることをつかんでいましたが(んな大げさな…)まさにそれにぴったり、うってつけの生地なんです!

私の写真ではよく見えませんが、キラキラと小さな丸いラメが輝いていて、さまざま形の雪柄が散らばっていて、けばけばしくない、上品でやわらかい生地です。


生地幅は135cmでしたので、ベビ太とベビ次郎の2人分として、1m購入しました。
実際は1mよりもかなり長い状態でカットしてありましたので、生地にゆとりがありました。


で、マントってどうやって作ったの?と言いますと…。

ただ2人の体にちょっと合わせてから、ざっとカットし、首元の両端に60cmほどのサテンリボンをN字に縫いつけただけです^^

ミシンで縫うときに、チュールが針穴に沈むかな、と思って、リボンの方を下にして縫いました。
ずれないように、「布用ペンタイプのり」で軽く固定して、糸は水色が60番しかなかったので60番で、針は11号を使いました。

ホックやボタンでとめるようにしてもよかったし、その方が映画には忠実なのかもしれませんが、マントをさっと外して飛ばすシーンがありますよね。

まあ、あのときのシーンのマントとはこの水色のマントは違うのですが、あれもやりたいだろうと思い、子供たちでもさっと外せるよう、サテンリボンで結ぶ仕様にしてみました。
うまくエルサになりきってくれるでしょうか。


作り方というよりは、生地を参考にしていただけたらと思います^^


2人が着たところ。

ベビ太↓





ベビ次郎↓



まるでアンパンマンのマントのようですが…。


なお、ご参考までに、マントの裁断サイズは身長113cmのベビ太がおおよそ幅80cm×丈1m、身長86cmのベビ次郎がおおよそ幅70cm×丈66cm、リボンは60cmを4本準備して、それぞれの両端に縫いつけました。

ゴミというゴミ、ホコリというホコリを巻き込みそうなので、裾はひきずらない長さにしましたが、家がきれいな方は、もっと長くした方がエルサらしいと思います。


また、とても器用で節約もしたい!という方は、水色の大きめのナイロンタオル(お風呂で身体を洗うのに使う)にキラキララメや雪をつけるといいかもしれませんね。









☆ソフトチュール生地(サックスを購入)☆


☆サテンリボン(アイスブルーを購入)☆


☆布用ペンタイプのり☆
<仮止め用>布用ペン...

<仮止め用>布用ペン...
価格:390円(税込、送料別)





チュール生地とあわせて、スパンコール生地も50cmだけ購入しました。
こちらはニット地に一部縫いつければそれらしいかなあと思いまして…。
うまくいくかどうかはわかりませんが…。


☆スパンコール生地(ターコイズを購入)☆




チュール生地もスパンコール生地も、レビューを見ると、たくさんの方がエルサの衣装を作られているんだなあと思いました。
Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。

しばらく更新が滞っておりましたが、その間もお越しくださり、ありがとうございました。

実は下の娘・ベビ次郎がインフルエンザにかかり(上の娘は週末で熱が下がったので病院で診察してもらえなかったのですが、おそらく熱はインフルエンザの熱だったのでしょう)、熱が下がってきて少しほっとしていたときにひどいけいれんを起こして救急車を呼んで病院へ行き、その診察中にもけいれんを起こしたため、そのまま入院しておりました。

幸い処置が適切で、点滴もよく効いたためかすぐに容態が安定して退院できたのですが、私も体調をくずしてしまい、しばらく更新もコメントへのお返事もできませんでした。

ようやく体調も落ち着いてきましたので、ひとまずほっとしています。
ご心配くださったみなさまには、お礼申し上げます。

ただ、もう、花粉症が強く現れてきた模様で、まぶたが赤いです。
みなさまはいかがでしょうか?





少し前に購入し(てしまっ)た生地やレース、ファスナーたち。









ちょっと使うのが楽しみな、初めての接着芯も。



そして、大切な友人にオーダーももらったので、手紙を書いて希望を確認したら、まずは試作をしてから本番にのぞみたいと思っています。

こどもたちには「アナと雪の女王」のエルサをイメージしたドレスをオーダーされていますので、そちらも、それにがま口ポーチの続きや、やりかけの刺しゅうの続きなど、やりたいことがたくさんです。

また、大好きな方に作っていただいた品物も到着したので、そちらもいずれご紹介、というより自慢できたらなと思っています。

少しずつがんばっていきますので、またこれからも遊びにいらしてくださいね。

こんにちは、megosuriです。
お越しいただき、ありがとうございます。

まだミシンを買って2ヶ月ほどの頃作って、苦手意識が芽生えてしまったがま口。

ずっと作っていなかったのですが、やはりがま口が好きだと思い、作らないままではいつまでたってもうまくならないとも思い、久しぶりにチャレンジすることにしました。

夕べは縫うところまで終わりました。



裏返すと…



パターン:RickRack がま口ポーチ



これ、どちらを表にしてもいいんですよ。
当初は花柄を表にしようと思っていたのですが、大胆なストライプを表にしてもいいかも…。

この花柄の生地の方、カルトナージュの通信講座のペン立ての材料の生地と偶然にも同じだったんですよ。
確かカントリーキルトマーケットで一目惚れして買ったものです。

どちらを表にしようかな…。
いずれにしても、次は布とがま口を合体させる、私には難しい課題に取り組みます。





土日祝日がお休みの方は、3連休でしたよね。
いかがお過ごしでしたか?

我が家は…なんと土曜日の午後に上の娘・ベビ太が急に発熱。
もう病院は診療が終わっていますし、でも、ああ、インフルエンザにかかってしまった…という暗い確信を持ちました。

一緒に寝ている夫もなんだか悪寒がすると言い出し、祝日の月曜日、ベビ太は解熱したのですが、夫と下の娘・ベビ次郎が発熱。

今現在、私だけが健康体(?)でふんばっている状態です。

こどもたちはインフルエンザにかかるのは初めて。
夫はかかったことがあるのかどうかという感じですし、私はずっと昔若かった頃に一度かかったくらい。
こどもたちが生まれてからは、毎年予防接種もかかさずしていたので、それでかからなかったのかなあと思っていましたが、今回かかってしまいました。

しかも、予防接種を受けていれば軽く済むと聞いていたのですが、こどもたち、かなりの高熱です。

今年のインフルエンザ、強力なのかしら…。
みなさんもご注意くださいね。
私もできるかぎりがんばります。
Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

カルトナージュの通信講座の最初の課題、「リボントレー」ができあがりました。



前回の続きで、リボンを貼って、その上に内側側面を貼り、底面を貼って、全体にアイロンをかけたらもうできあがり♪



四隅のリボンを結ぶと側面が立ち上がって、平面だったものがトレーの形になるのがなんだか不思議で楽しいですね^^

リボンをきれいに結ぶのが難しかったのですが、あるコツでうまく結べました。
といってもあまり説得力のないリボン結びになっていますが、私にしてはきれいにできたんですよ。

私の場合、リボンの輪が向こう側、垂れている方が手前(自分)側で結ぶのが普通なので、ついトレーの手前にあるリボンを結ぼうとしてしまったのですが、それを、トレーの手前側のリボンを結ぶのではなく、向こう側のリボンを結ぶ方が、うまくいきました。

リボン結びがうまくいかない、という方のご参考になれば幸いです(というほどきれいに結べてはいないのですがね…)。




思ったより簡単にできて、かわいいので、また生地や大きさを変えて作ってみたいです。
リボンもぱっと目に入るかわいいポイントなので、いろんな組み合わせが楽しめそうですね。



Clip to Evernote

↑このページのトップヘ