ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2015年01月

こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

アンティークキー柄のハーフリネンを使ったポーチが完成しました。



ドミット芯をはさんでいるので、ふんわり自立します。

底部分にはブラウンドットのコットンを合わせ、真ん中に、ネイビーのクールなタグを縫いつけてみました。





脇にはあまり見えませんが、英字柄のコットンテープをはさみこんでいます。



ファスナーは真っ白、内布には淡い色の花柄のコットンを使いました。




できあがってみると、外側と内側、それぞれ好きな感じなのですが、組み合わせがちょっとヘン??

底部分で幅13cm、高さ13cm、マチ6cmほど。
コンパクトなふんわりポーチになりました。


Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
お越しくださって、ありがとうございます。

7回目のクチュリエが、ハート柄の初めて見る箱で届きました。



中身は…継続の「クラシカルな魅力がお部屋を彩る アンティークカードのモチーフを描くクロスステッチの会」の4回目。



“Bonne Journee!~素敵な一日を!~”というタイトルのクロスステッチで、花がきれいな図案です。

そしてもう一つ。「摘みたてを集めた花と木の実のサンプラー刺しゅうフレームの会」。



青木和子さんのメッセージの入ったサンプラーカードと、完成した刺しゅうを入れるフレーム、図案がプリント済みの布と必要な糸や針が入っている会で、今回は“Blue beard~段菊~”。

この花の名前は初めて聞いたのですが、図案を見ると、ラベンダーとアザミが混ざったような花ですね。
いろんな花を知ることができるのも、この会のおもしろいところだなあと思います。


次は“作らない”もの。

「古い刺しゅう図案コレクションからよりすぐったイニシャルスタンプの会」。



今回は「M」「I」「Z」で、やっと我が「M」が届きました~。
花や実のからまった他のアルファベットと違い、なぜかMはものすごくシンプルです…。


それからブラックウォッチ・コレクションは、がま口のペンケース。







大きく開いて中が見やすいです^^

最後にこれは掃除用品。



洗面台の鏡をピカピカにしておくために、使わないときは鏡にぴたっとくっついて、鏡を磨きたいときには水で濡らしただけで手軽に使えるスポンジ。

4cm四方ほどの小さなものです。
形は何か来るかなあと思っていたら、黄色いアヒルが届きました。


届いたものを見て、さっそく次回のコレクションの注文をしました。

締め切りはまだですが、期限までは何度でも訂正できるので、早めにしておくことにしています。

忘れてしまうと、変更やストップをしないままになってしまいますので…。

カルトナージュの通信講座もあるので、バランスを取りながらクチュリエもやっていきたいと思っています。


Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

夕べはドミット芯をはさんだポーチを作る準備。




アンティークキー柄のハーフリネンに、ブラウンドットの生地を合わせ、少し前に手に入れたネイビーのクールなタグを縫いつけました。

そしてドミット芯は、ロックミシンを使って縫いつけ。

内布には淡い色の花柄の生地を合わせるつもりです。

こちらも完成をお楽しみに♪




Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

リバティの11号帆布に、濃いピンク色の無地の11号帆布、それにKOKKA・Iromeのグラデーション生地を裁断しました。



これでポーチを作る予定。
このポーチに合う12cmファスナーの準備ができたら作ります。









ポーチを続けて作っているのは、先日友人にポーチのオーダーをもらったため。
詳しい希望を聞く前に“練習”を始めていました。
昨日希望を確認したので、練習と試作を兼ねていくつか作ったら、“本番”のポーチを作るつもり。

色合いについて素敵なオーダーをもらっているので、どんな形にして、どんな生地を使って作ろうかなあと思案中。

楽しみに作りたいと思います。
Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

グレーに白の花柄の生地のポーチが完成しました!





パターン:patternshop snowing Pen case・四角・20cmファスナーver.



白い花のひとつの真ん中に、赤いドットのくるみボタンを縫いつけました。



ファスナーも真っ赤、ファスナーを開けるときのサポート用に、くるみボタンと同じ赤いドットの布を挟みました。
これ、布を四つ折りにしたのですが、縫い合わせるときにきれいに二つ折りにできていなかったのが失敗点…。
それに、このサポート布、ファスナーの両側につけたらよかったかな。




ファスナーをあけるとレトロモダンなニュースペーパー柄が見えて、またちょっと違った世界です^^

うっかり表布に接着芯を貼るのを忘れていたのですが、内布がハーフリネンなので、思いの外しっかりめにできあがりました。



このレシピ、ファスナーに表布と内布をつけるやり方がとても簡単でよかったです。
また、そういえば、底にマチをつくるというのはよくやっていましたが、ファスナー側にもマチをつくったのは初めてでした。
ここがぴ~ったりと合えば、とても素敵なポーチができそうです。

このファスナー側のマチのおかげで、「ペンケース」とは言ってもたっぷりサイズで、もちろん文具もいろいろ入りそうですが、化粧ポーチとしても使いやすそうですよね。

この作り方で、サイズをいろいろアレンジすると、もっともっと楽しめそうです。







Clip to Evernote

↑このページのトップヘ