ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2014年11月

こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

先日みすやの針と待針を買ったことを書きましたが、その後、刺繍の針も評判がいいことを聞きつけ、みすやさんのサイトで、クロスステッチ針とフランス刺繍針、それに桐小箱も購入しました。





桐の箱に入れておくと、針がさびにくいそうなので一緒に。
クロスステッチ針は「寸二」を、フランス刺繍針は「No.6」を購入しました。



写真左がクロスステッチ針、右がフランス刺繍針です。



一緒に入っていたリーフレットには、みすや針400年の歴史や、「針は小さな刃物です」に始まる針のお話、みすやさんのこだわっているポイント、原寸大の針のリスト、そして、お店の写真やアクセスが掲載されていて、とても興味深いです。


夕べはさっそく、このクロスステッチ針を使って、リネンのキッチンクロスに刺繍を始めました。

なんだか刺しやすいような気がしました。まだ少ししかステッチしていないので、なんともいえませんが…。
またもう少し進んだら、こちらでご紹介しますね。




Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

EarlGrayさんのワークショップへ行った帰りに、Seriaへ寄り道をしました。

目的は、マグネット、だったのですが、適当なマグネットがなく、かわりにピンクッションの器によさそう~と思ったものをこんなに!!



全然木製のボウルとは違うんですがね…。
手前のココットは2個セットでした。
ミニチュアのフライパンもかわいいし、白にブルーの文字のミルクピッチャーは大きいのも小さいのもかわいいでしょ?
赤いドットのふたの瓶も、ピンクッションにできそう♪と思って…。

ついでに、優しい色合いのフェルトの数字と、ピンク色の花のリボンも。




楽しかったワークショップの帰り道、楽しい買い物ができました。

Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

昨日、大好きな、EarlGrayさんの「ステッチイデー×ヴォーグ学園10周年記念ワークショップ」に行ってきました。

このワークショップのテーマは『ウッドボウル入りピンクッション』。

ワークショップというものに参加するのは初めてな上に、もちろんEarlGrayさんにお会いするのも初めて。
うれしくてドキドキしすぎて、会場へ向かう途中、帰ろうかと思ったほどでした。

少し早めに着くと、もういらしていて、テーブルには本の中でしか見たことのなかったウッドボウル入りのピンクッションや、刺繍のカルトナージュボックス、国内外の掲載誌や、オリジナルの作品紹介のリーフレットなどが置かれていて、手に取って見せていただくことができ、また、ご自分用に使われている刺繍のバッグも拝見し始まる前から興奮状態。

カルトナージュボックスについて、どんなふうに作られたのかをお聞きしたところ、「こんなふうにしただけなんですよ」なんておっしゃっていましたが、その「だけ」というのが難しいんですよ~、と思いつつ改めて感動。


用意してあった材料も素敵なラッピングで、開封したくないほどでしたが、開封し開始。
糸の用意のしかたや針への通し方からレッスン。

糸の用意のしかたは、刺繍を始めた頃、本で見てやってみたときには全然できなかったのに、今回おしえていただいたらできたのがうれしかったです。

糸の通し方は、1つ私にはマジックにしか見えない通し方をおしえていただいたのですが、なかなかできずにそのうち緊張で手が汗ばみすぎて、結局できませんでした。

私の前にすわっていた方は、こどもの頃から刺繍をなさっていたそうで、一度でマスターされていて驚きました。

この方は、お持ちの裁縫箱や、その中に入っているひとつひとつのものまで素敵でした(裁縫箱が素敵だったので、厚かましくも、中も見せてくださいとお願いしてしまったんです…)。


そしてステッチ開始。
ここでもふっくらと刺す方法をおしえていただきました。

緊張しながらもステッチ終了。
ステッチ自体は早めに終わったのですが…。

「ピンクッションに仕立てるのは30分くらいあればできますよ」とのことだったのですが、予想どおりここで苦戦。長い時間がかかりました。

ぐし縫いをしてぎゅっと糸を引っ張ったり、形をととのえたり、という要所要所で先生がたくさん手助けをしてくださったのに、その後続けて私がやると、中心がずれてきてしまい…。

コツもおしえていただいたんですがね…。

先生がやっているのを見ると、とても簡単そうなのに、自分では全然できないんですよね…。

同時に作ったマグネットも中心がずれてできあがりました…。




他の参加者の方々のピンクッションは、ふっくらきれいに仕上がっていて、はぁ~、とため息…。

私の作り方はともかく、このピンクッション、明るい茶色のウッドボウルと赤い刺繍糸、白いリネンの組み合わせがとても素敵です。

図案もとてもかわいいですよね。

こぎん刺しのような雰囲気もあって、使う糸の色で洋風にも和風にもなりそう。
マカロンケースにもいいかもしれませんね、とおっしゃっていました。
ぜひやってみたいな。

上の娘・ベビ太も、この図案をステッチしてみたいというので、楽しみです。


綿を入れる量は好みで調整してくださいとのことだったのですが、私は仕立てるのに必死で、よく確認していませんでした。

帰宅して落ち着いてからそのことを思い出し、触ってみたら、ちょうどよいかたさでした。

先生が、綿を入れているところをご覧になっていて、「そのくらいでいいかな」とおっしゃっていたのが、本当にぴったりだったんだなあとうれしくなりました。

マグネットは表の中心もずれていますが、裏側はもっとものすごいことになっています。

ピンクッションの形を丸くととのえるのは、私にはできない、と思っていたのですが、今回やり方をおしえていただいたので、これから練習してみようと思いました。

糸の選び方や工夫をするという考え方、掲載誌についてのお話などもとても興味深かったです。

おしえていただいたすべてのことがとても勉強になり、また、他の方との会話も(作るのに必死でそれほどお話しすることはできませんでしたが)楽しくて、とても充実した一日でした。


そして、強く思ったこと。

これまでは、好きでも一度作ってうまくいかなかったものは、その後あまり作る気がしない、という消極的な気持ちがあったのですが、やっぱり何度も作って練習することが大切なんだな、ということ。


次回のワークショップも楽しみにしつつ、そんなことを感じた一日でした。
EarlGrayさんさん、参加されていたみなさん、ありがとうございました。








EarlGrayさんのブログを拝見していると、ワークショップの際には、自作のお菓子を持参してくださるのが恒例のよう。

今回はどうだろう?と思っていたら、お菓子、いただきました!
お菓子に詳しくないので名前がわからないのですが、見た目は小さなお団子のように白い粉(砂糖?)がまぶしてあって、実はチョコレート菓子、口に入れるとほどける、すばらしくおいしいものでした。

EarlGrayさんはなんとおっしゃる方だったか、ドラマ「大岡越前」の歴代の妻役の中で、私が一番好きな、お顔も声もきれいで上品な女優さんと似ている方だったんですね。

おきれいで刺繍やソーイング、カルトナージュをなさり、その上お菓子づくりも…。

ますますファンになった一日でした^^
Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

夏の間、水やりが不足していたこともあり、大失敗したガーデニング(というほど立派ではないですが)。
気を取り直して、春に向け、twitterなどで他の方が育てていらっしゃるのを見て素敵だな、と思っていた、フリルパンジーの植え付けをしました。



これは、小さなビニールポットに入って届いたのですが、土がないことに気がつき、改めて土を買って届いたときには、3株のうち2株が開花していました。

窮屈な思いをさせて、ごめんね、と謝りながら植え付けました。
本当はテラコッタの鉢に植えたいのですが、重くて大変そうなので、焦げ茶の軽い鉢に…。

フリルパンジーは、3色あって、それぞれに札がついていました。


イエローブルースワール↓



ブルー↓



イエロー↓




これからもっとふりふりしてくるのでしょうか。
楽しみです^^




Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
お越しいただき、ありがとうございます。

夕べは、またまたPatternshop snowwingFree Patternから、小さなきんちゃくを2つ、作りました。



パターン:Patternshop snowwing Free Pattern



“お薬きんちゃく”というかわいらしい名前の無料パターン。

小さい方が、サンプル通りのサイズで、大きい方は、自分でサイズを決めてみました。



作り方に裁断サイズの計算方法、と言ったら大げさですが、私のような数字音痴でもわかりやすいよう、数式(これも大げさ…)も書いてあって親切です。

そして作り方がsnowwingらしく、シンプルで洗練されています。
こんなに簡単にできるの~?!という感じでした。

作り方通りだと、外側と内側は同じ生地になるのですが、それもアレンジ次第。
タグを挟んだり、縫いつけたりと、楽しめそうです。

ひとつは、お気に入りのティーバッグ柄の生地を使ってシンプルに。



モカ茶のストライプには、アクセントに“唐紅”という名前のそらまめスタンプで、英字のスタンプを押してみました。



うんうん、ちょっとフランスっぽいわい、と、フランスかぶれの私は満足です^^





Clip to Evernote

↑このページのトップヘ