ハンドメイドダイアリー 夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2014年09月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

またまた「22種類のステッチをしっかりマスター 刺しゅう『はじめてさんのきほんのき』レッスンの会」初回の続き。

ステップアップ作品の途中でした。
今回は、茶色い枝にからまる緑の茎や葉、そして鳥の近くの花を少しだけステッチしました。



可憐な図案です。
完成させるのが楽しみです♪

Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
お越しいただき、ありがとうございます。

ご存じの方はご存じかと思いますが、私はフィギュアスケートが大好き。
先日、浅田舞・真央姉妹がアイスショーで「アナと雪の女王」を滑ったと聞きました。
舞さんが、水色のきれいなドレスを着ていて、とてもきれいだったんですね。
私としては、「アナと雪の女王」についての情報はそれ以上でもそれ以下でもありませんでした。

ところが…!

上の娘・ベビ太が、「ありの~ままの~♪」というフレーズを、何度も何度も、しかも大音量で歌うので、「それ何の歌?」と聞くと、「アナと雪の女王!」と言うではありませんか。

時を同じくして、職場でも“アナ雪”を見たとか見ないとかの話題。

どうやら今大人気のディズニー映画らしい、そしてアナと雪の女王であるエルサとは姉妹で、エルサがシルバーの髪の方で、エルサが理由はわかりませんが、みんなに迷惑をかけないよう引きこもっているところを妹のアナが温かく包み込む、というような話らしい(合ってますか?)、ということまで判明しました。

とにかくベビ太は毎日毎日「ありの~」とやっているので、きっと保育園で覚えてきたに違いないと思い、「保育園でみんな歌ってるの?」と聞くと、「そうじゃない。もともと知ってた」とおかしな返事。

さらにエルサのようにしたいらしく、髪を伸ばし始め、毎日のように「エルサみたいにして」と三つ編み要求。

そんなに好きならと、“アナ雪”の生地を見つけ出し、保育園で使うコップ袋を作ってプレゼントすることにしました。



パターン:RickRack リバーシブル巾着

広げて両側をお見せしますね。





内布は、大人っぽいエルサに合わせて(?)ソレイアードにしてみました。



コップを入れるにはちょっと大きくて厚みが出てしまったのですが、ベビ太は大喜びして、持って行ってくれています。

「エルサって薄いドレス着てるみたいだけど、寒くないのかな?」と言いながら…。







☆生地☆

Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

今日は「22種類のステッチをしっかりマスター 刺しゅう『はじめてさんのきほんのき』レッスンの会」初回の続き。

レッスンクロスの中の応用編で、サテンステッチで花を刺しゅうしました。



これまでは、途中で「どうやるんだったっけ~?」と何度も本を見ていましたが、このレッスンクロスでは繰り返し練習するようになっているので、そんなことがなくなりました。

続けてステップアップ作品を少し。
小鳥と、リースのようになっている枝をステッチしました。



この作品、仕上がったら入れて飾っておけるよう、フレームも一緒に入っていました。
サテンステッチを多用している作品なので、しっかり(?)練習できそうです。




Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

先日やりかけていたクチュリエの「今から始める乙女の手習い お裁縫おさらい帖の会」の初回応用編、ピンクッション。

丸抜き部分の縫いつけが終わり、もう1枚の白いフェルトと外表に半返し縫いで縫い合わせて綿を入れ、完成しました~。





7cm四方の小さなピンクッションです。
セットに入っていた綿は、ポリエステルだったので、手元にあるシリコンをしみこませた綿を入れました。

フェルトって扱いが簡単なものの代表のように言われている気がしますが、私はちょっと苦手でした。
厚みがありますし、印がつきにくいので…。

でもそれは無意識にそう思っていたんですね。
ところが、この会でフェルトを縫うときの説明なども読んで、ああ、苦手にしていたんだな、と気がついたら、そして、縫うのにちょっと注意が必要なんだな、ということが理解できたら、少し苦手意識が消えたような気がします。

これにてお裁縫おさらい帖の会、初回は完了です^^






夕べのお月様、とても明るくてまんまるでしたね。
早い時間に見ただけなのですが、ベビ太と外へ出たときには、一面の鰯雲に隠れていて、それなのに明るいのでどこに隠れているかわかるほどでした。

すぐに顔を現して、見ている私たちを楽しませてくれました。

いつものお月様が黄色だとしたら、夕べのお月様は太陽に近いオレンジ色の輝きでした。

スマートフォンのカメラで、私の腕なので、きれいな状態ではご覧いただけないのですが…。










こんにちは、megosuriです。
お越しくださいまして、ありがとうございます。

今日は先日届いたクチュリエの会の中から、「ゼロからレッスン ミシン『きほんのき』の会」2回目。

筒縫いとジグザグ縫いを、きんちゃくとぺたんこバッグを作りながら学びます。

まずは直線縫いとジグザグ縫いの練習のため、何本か飾りステッチ。
やり方の解説が詳しく書いてあります。



正直に言いますと、ジグザグ縫いはこれまでとても適当にやっていたのですが、どのようにしてねらったところをジグザグするのかがよくわかりました!

他に押さえ金の替え方なども載っています。

きんちゃくやぺたんこバッグは、これまでにも何度も作ってきたので、あまり“感動”はないかも…と思っておりましたが、全く違いました。

きんちゃくは、ひも通し口付近を「コ」の字に縫うのが苦手だったり、袋口付近の処理が面倒だったりしたのですが、この会では、もっと簡単にできて、しかもきれいな仕上がりの方法を採用していました。



それだけでもやった会、いえ甲斐がありました^^

縫い代の割り方やアイロンのかけ方なども勉強になりましたよ。

そしてぺたんこバッグ。
こちらも特に持ち手のつけ方が勉強になりました。



きんちゃくもぺたんこバッグも、しつけをきちんとすることで、縫いやすくてきれいな仕上がりになることもよくわかり、楽しいレッスンでした♪



これらのポイントをまとめた「基本の説明書」も載っていたので、またよく復習しておきたいと思います。







昨夜は中秋の名月、夕焼けがきれいでしたので、夜空を見上げたら、きれいなお月様が見られました。



スマートフォンのカメラからで私の腕ですので、美しさが伝わりませんね…。

昼間職場で月見だんごをいただいたのですが、お正月のお雑煮などと同様、月見だんごにも地方によっていろいろな形態(というのでしょうか)があるようですね。

私のイメージでは、月見だんごは白くてまんまる、だったのですが、いただいたものは、白いところが俵形で、あんこがのりのように巻いてある形でした。

まんまるのものもありましたが…。

こういう、地方によって異なる食べ物をいろいろと調べるのもおもしろそうですね^^

↑このページのトップヘ