夏の夕べのガタガタ日記

〜ハンドメイドと暮らしを愉しむ〜

2014年08月

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

私はコーヒーが好きで、ドリップパックのコーヒーをデスクの引き出しに常備しています。
それで、夕べはコーヒーを入れておける、小さなバッグを作りました。

まずはふつうの形のバッグを作ります。



このままででも十分かわいいバッグなのですが(と自画自賛^^)…。

コーヒーを入れてもよれよれしないよう、「komihinataさんの小さなハンドメイド カラフル可愛いコレクション」の『紙袋風バッグコレクション』の作り方を参考に、ぴたっと立つ、紙袋風のバッグにしました。





ドリップパックの高さが12cmほどですので、幅やマチも12cmにして、キューブ形にこだわってみました。

持ち手には、Seriaで購入したギンガムチェックのリボンを使っています。

また、タグは、W-Note*のものです。

紙袋風にするだけで、出し入れがしやすいバッグになりました。



接着芯は貼っていませんので、使わないときや、持って行くときなどはコンパクトにたためるんですよ。



お昼のコーヒーが、ますます楽しみになりそうです♪

あなたにも平和なコーヒータイムが訪れますように^^





☆本☆


Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

今日は、先日書店へ行ったときに購入した本、雑誌をご紹介♪

Seria本2冊です。



「Seriaでつくるスッキリかわいいインテリア」。

ナチュラル感たっぷりの、きれいにかたづいた(!)いろんな方々のインテリアを拝見することができます。
Seriaの商品を使ったDIYも。
DIYは私には難しそうで、できそうにもありませんが、「へえ、こんなふうにやるんだ~」と思いながら見るのが楽しいんですね。

そのうち、そのうち…できたらいいですね。

そして「Seriaで作るプチリメイク雑貨&インテリア」。



著者の峰川あゆみさんのセンスあふれるリメイクがとても素敵です。
“プチリメイク”だから私にもできるかも?!と夢を抱かせてくれる本です^^

それからこちら。



フィギュアスケートの安藤美姫さんが表紙の「bizmom」。

働くお母さん用の雑誌で、これを読むと、自信を失うので(もともとたいして自信はありません…)、あまり読まない雑誌なのですが、好きな安藤美姫さんが表紙で、巻頭にインタビューもあるので購入。

出版されていることは知っていましたが、買うのを忘れていて、たまたま書店に1冊だけ残っていたのを発見。
そうだそうだ〜これこれ〜と思い、購入しました。

同じ(?)子を持つ母親とは思えぬ美しさです。
これからの活躍がますます楽しみです。


bizmomには、OURHOMEのEmiさんも登場されていました。

この方は、確かベビ太と同い年の、ふたごの男女のお子さんがおられるのですが、我が家と違って家はきれいだしご本人もとてもおきれいで、ああ、ため息…。

bizmom、久しぶりに見ましたが、おもしろそうな記事が多そうです。
ゆっくり見て、少し家の中を片づけるといたしましょう。





☆本☆






Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださいまして、ありがとうございます。

「ポーチのファスナー付け『きほんのき』レッスンの会」の、“端を外に出してファスナーをつける方法”で、ファスナーポーチを作りました。



はっきりとは書いていないのですが、作り方説明書を見ると、手縫いで作るようになっています。
ただ、できるだけきれいにと思ったため、ミシンでできそうなところは自分で工夫(?)してミシンを使って縫いました。



マニュアル人間の私が、考え考えミシンを使うのは、なかなか大変でしたが…。

標準の作り方では、一枚仕立てでしたので、中を見ると…↓



縫い代の始末をする必要がありましたので、その点が時間がかかりました。
また接着芯が丸見え…。

ファスナーの端を外に出してポーチを作るというのが目的の回で、ファスナーの端の始末をどうするのかがポイントでしたね。

次は、ミシンを使って、内布もつけて作れるよう、自分で効率的な作り方を考えよう、と思いました。
ええ、そのうちに…。



Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

先日、クチュリエのミシンの「きほんのき」の初回レッスンが終了しましたので、今度は別の会。

「ポーチのファスナー付け『きほんのき』レッスンの会」です。

この会も6回で終了する会で、初回は何が来るかなあと思っていたら、“端を外に出してファスナーをつける方法”を学ぶ回でした。



基本的には手縫いで作るようになっているのですが、きれいに仕上げたいので、できそうなところはミシンを使うことにしました。

裁断やアイロン、手縫いをしたりしつけをしたりして、ミシンで縫えるところは縫って、夕べはやっとここまで↓





小花柄のファスナーポーチを作ります。
続きもお楽しみに!




Clip to Evernote

こんにちは、megosuriです。
おいでくださって、ありがとうございます。

今日は、クチュリエ「ゼロからレッスン ミシン『きほんのき』の会」初回の『直線と直角』の最終回、ランチョンマットです。



『きほんのき』なのですが、切り替えが多い作品なので、たくさん縫っている気がします。
あ、練習になるようにそうなっているのですよね。



コースターと同様、アイロンをこまめに使いながら、切り替え部分をきれいに仕上げて、全体もきれいに縫い合わせていきます。

作り方のポイントは、コースターと同じなのですが、一面に4枚の布がありますので、その点が少しステップアップといったところでしょうか。



布は付属のものを使いましたが、それだけではちょっとさびしいので、小さなスタンプを“黄枯茶(きがらちゃ)”と“朱色”の2色のそらまめを使って押してみました。
少し私らしくなったでしょうか。








さてブログの更新は朝になってしまいましたが、夕べは8月1日。
1日は、ガタガタ村恒例のミシンのお手入れデーですよ^^

先日お手入れしたばかりですが、またしました。



少しホコリが出てきました。
まだの方はぜひ、お手入れ、なさってくださいね。
Clip to Evernote

↑このページのトップヘ